劇場版 涼宮ハルヒの消失 5回目

消失5回目です。リピーターキャンペーンのためってのもあるけど、やっぱ名作ですから、何度も見たくなるのです。


朝、家のお仕事の手伝いを2時間くらいやってから出発。新宿バルト9でソロ鑑賞でした。いっつもバルト9に行く時は友達と新宿集合とかにしてたから、新宿から歩くのが当たり前になってたけど、竹ノ塚から行くにはアキバまで行って、そこから岩本町まで歩いて行って都営新宿線新宿三丁目で降りるのがベストなんですよね。今日は初めてそのルートで。


昨日の夜に席を取った割には真ん中のいい席取れました。相変わらず平日の真昼間だってのにかなり人が入ってた。もう5回目だけど、やっぱしそこここに注目して色々感慨深く見てしまいますね。今回は消失の感想を少し詳しく書きましょうか。感想だけじゃなく、多大にネタバレしていますので、要注意。




まず、最初のキョンの目線からのスタート。これは12月16日の朝なんだけれども、17日も18日も同じようなキョンの目が開くところからスタートします。本人目線で対象物が横になって見える描写ってのが新鮮だった。朝のシーンはその後起こしに来るキョンの妹が何と言っても良いです。良いです。あの声はもうたまらんです。コジコジ大好き。キョンキョンの妹の引っぺがした掛け布団と一緒に転がってって、また包まるのも面白いw


学校に登校するとクリスマスパーティーのお知らせ。ハルヒがこの手のイベントを見過ごす訳はなく、SOS団でクリスマス会をするために準備するシーン。いつものようにキョンが部室に入るんだけど、その入る時のドアのノブを回す描写が凄く丁寧に描かれてました。これは多分意図的なものだと思う。これから先、毎回毎回キョンSOS団部室のドアを開ける時は手がアップになって、しっかりと手の動きを描いています。「キョンがドアを開ける」っていうのは消失映画のメインテーマに繋がることだから、そこは力を入れて描いたんだと思う。

んで入ってみると長門だけ。ストーブを点けて暖まってるとハルヒが登場。「待たせたわねっ!」と入って来てオープニングになります。オープニングは冒険でしょでしょ?でした。ここも面白かった。SOS団の部室からカメラがどんどん引いていって、北高の全景を映す感じで空に上がってく演出でした。なかなかありがちだけれども、アニメ映画でこれをやるのは珍しいんじゃないかなぁ。んでオープニングの映像だけれども、ちっちゃいハルヒシルエットがラジオ体操をしているではありませんか!あれは反則的なまでに可愛かったw

オープニングが終わるといつものSOS団の面々が集まって会議。ハルヒがホワイトボードに「SOS団クリスマスパーティ」って描くんだけど、その時の描き方も凄いリアルだった。伝わりにくいかも知れないけど、細かいところまでよくやってるなぁって感嘆するシーンです。最後の「ティ」だけが収まり切れずに下の段になってしまってたのは何か意味があるんだろうか?w

団員に一応予定を確認するハルヒキョンには頭ごなしに「アンタは予定ないわよね!」と。無いことは分かっているけれども、一応聞いておかないと可哀想だから!みたいなツンデレっぽい台詞を吐いてました。古泉には「彼女とデートとかするの?」って聞いてて、古泉は「そうだったら良いんですが、生憎ぽっかりと空いてしまっています。」と。ハルヒはそれに対して「それはとても幸運なことだから!」と言ってました。みくるには「誰かに夜更け過ぎに雨が雪に変わるところを見ないか?って誘われてない?」って聞いてて、キョンが「お前は昭和生まれか!」と突っ込み。ここでハルヒたちは平成生まれ設定だったのか!と思った。実際どうなんだろ。めんどくさいから調べてないw最後に長門に「有希は?」「ない。」「そうよね!」とかそんな会話で終了。

パーティーをやる気満々のハルヒ。超嬉しそう。楽しそう。見てるこっちまで楽しくなってくる。大きなカバンからクリスマスグッズを出して、やっぱり形から入らないとね!と装飾をし始めるハルヒキョンは今でもサンタさんを信仰している妹の部屋を毎年クリスマス仕様にしてやってるらしい。ホワイトスプレーとか言うのかな。白い文字を窓とかに書ける奴でハルヒが Merry X'mas!!と書いてた。これもさっきのホワイトボード同様に細かく描かれてたな。ハルヒがそのスプレー缶を降るシーンもそうだし、書いてる間の一挙手一投足がリアルだった。それ書いてる間のキョンの「誰がそれを片付けるんだ。俺かな。ですよねー。」みたいな台詞は実にアドリブっぽかったw

最後まで書けた後にハルヒが言った「よしッ!」って台詞は本当に嬉しそうな声で、あの一言だけで声優って凄いな!って思えた。


まぁそんなこんなで計画を決めて少し形から入った所で初日終了。他にも何かあったかも知れないけど全部は覚えてないwああそうだ、サンタコスをしたみくるのパンツを覗けそうになってしまったキョンに対してハルヒが激昂したのは良いツンデレでした。けどちょっとやり過ぎ感があったなぁ。



12月17日。体育の時間にクリスマスにデートの予定があると自慢してくる谷口。その時の「わっるいなぁぁぁキョォォン」って時のあの何とも言えない顔はこの先50年は忘れられそうにないぜ。


谷口

よくこのフィルム当たった人いたよなぁ。大当たりだぜコレ。


放課後はSOS団部室でクリスマスの飾り付け。その時凄い印象的だったのが、キョンがホワイトボードの枠にモールを貼るところなんだけど、両面テープを枠に貼った後、両面テープの、何て言うんだろ、1枚目と言うか、接着面に付けられているあの剥がし難い奴を剥がそうとする時に、2〜3回失敗してカリカリやってる描写を描いていたことでした。あんな細かいところまで!って思ったけど、あれを描くことって言うのは、人間っぽさと言うか、やっぱりそこを一発で出来てしまったら現実っぽくなくなってしまうんじゃないかなって言う感じがしました。素晴らしい!



12月18日。改変の日。この日の朝は妹に起こされる時に布団を引っぺがされてもベッドの上で留まっていたキョン。やっぱし改変された世界と今までの世界を分ける為にこうしたのかな。16日に布団の方に転がってたのは確かなんだけど、17日もそうしてたかどうかがあやふやだから自信ないw


通学途中で谷口に遭遇。すっげー具合悪そう。ここでは谷口が風邪を引いている事にびっくりして立ち止まったキョンと、それに合わせて立ち止まった谷口が歩道を塞いでしまったので、それを後ろから来た他の生徒が迂回して通るってところがポイントです。

なぜか風邪が蔓延してる1年5組。風邪を引いている生徒ってのは確かだけど、とある条件があったはず。ここで谷口の話題で国木田との見解の相違に気付く。キョン。そこに朝倉登場。この時の5.1chサラウンドのドキドキ具合は凄かったな!右後ろの方で桑谷夏っちゃんが話し出すのだもの。朝倉涼子が教室の入り口から“自分の席”にまで行く時のスローモーションは神がかってたなぁ。きょどるキョン。「なんでお前がここにいる!」明らかに混乱してて、それを見てる周りの生徒達の目線とか、不安そうな表情が何とも言えなかった。何言ってんだろアイツ…みたいな感じなんだけど、触らぬ神に何とやらのような日本人的な変な奴には関わらない方が吉みたいな感じが伝わってくる画だった。本来はハルヒの席であるキョンの後ろの朝倉の席の中にあるクラス名簿でハルヒの名前がないことを確認して絶望するキョン。現実を受け入れられなくてクラスメイト達にハルヒを知ってるだろ!?とか朝倉は転校したはずだよな!?とか言いまくる。

「お前ら…あの涼宮ハルヒを忘れたって言うのか…?どうやったら忘れられるんだあんな奴…」


教室飛び出て長門に助けを求めるキョン。そこで古泉のいるはずの9組がないことに気付いてさらに絶望。今回の映画はキョンだけが世界から取り残されて絶望する。誰も助けを求められないっていう閉塞感・絶望感が最初のメインだから、ここの描写を非常に長く取ったのは実に良い事だと思う。キョンに観客が感情移入することによってより元の世界に帰った時、あるいは帰るキッカケを掴めた時の感動が大きくなる。

午後の授業は何も頭に入らなかった。掃除が始まる時間まで呆けて教室に残っていたキョン。ここのポイントは掃除をしてる女子生徒がスカートの下にジャージを履いていた事。あれは萌える。

そこからSOS団部室へ。絶望から長門への助けを求めていたのに放課後すぐに部室に行かないあたり、「あまりの絶望感」が出ていると思う。


途中でみくると鶴屋さんに会うも、完全に変質者扱い。あのシーンは特筆すべきことはないな。みくるが人を殴る決意をする時の表情の変化とか、鶴屋さんがみくるの落とした2つの持ち物を持つ時、絵には描かれていないけれどもちゃんと2つ分の持ち上げる音がしていたことくらいか。



「いてくれたか、長門。」


部室には長門がいました。ただし、普通の女の子の長門が。メガネを掛けていて、いつもの無表情ではなく表情豊かにキョンに接する長門。こっからがスーパー長門タイム。正直ラストシーンの長門をフィルムで当てた!とか喜んでいる奴は甘い。ここの長門こそ神。長門は5月に図書館でキョンに会っていると説明。キョンはお前は対有機生命体コンタクト用ヒューマノイドインターフェースだと説明。ドン引き。ここでキョンが「長門しか頼れる奴がいない」と言う過去から今に至るまでの経験から、この長門がいつもの長門ではないと大変なことになると焦り、長門に迫ってしまう。他には誰もいない文芸部室、男のキョン長門に迫って紅潮する長門。首筋に汗を流して頬を染めて「やめて…」と。あれはもうOKのサインなんじゃないかって言うくらいのやめてだったけど、そこはキョン紳士。長門から離れてパイプイスに着く。

ここのポイントはもちろん長門の表情なんだけど、戻ったキョンが床に落ちた長門のひざ掛けを拾わなかったことが大きい。普段のキョンなら当たり前の様に拾ってイスに掛けるだろうけれども、それすら出来ない、そんな余裕すらない状況だった。あまつさえひざ掛けを踏んでいたかもしれない。


長門も変わってしまった世界でもうどうすることも出来ずに呆然としてるキョン。唯一、最初の部室になかったPCに気付いて長門に許可を貰い中を見てみるが、手がかりなし。この時長門が整理してたファイルが気になる。長門が小説を書いていた?


帰り際、長門から入部届けを渡される。その時の長門の表情も良かったなぁ。


帰宅してシャミセンに「前にもう喋るなと言ったが今はいい、喋れ。喋ってくれたら安心する。」と話し掛けるもダメ。キョンの妹がお母さんに「キョンくん頭おかしくなっちゃったー」と。
ここのポイントは全てキョンの妹。妹にシャミセンと2人きりにしろってキョンが言った時、キョンが手かなんかで妹の頭をはたくんだけど、その時にあおきさやかが「ニャアァ」とか言うんですよね。もうあれにはやられた。



12月19日。改変2日目。

目ェ覚めてる?と朝倉。目が開いていることと覚醒していることは違うらしい。


こんな細かく書いてたら終わらないなぁ。ちょっと簡単に書きます。



その日も部室へ。長門は相変わらず。キョンは何とか手がかりを探そうとして、以前長門が連絡に使ったハイペリオンと言う書籍があることに気付き、その中から「栞」を見つける。それを見つけた時のキョンの嬉しそうな表情ったら無かったな。キョンの絶望に感情移入してしまっていると、その希望の淵の出現に涙すら流れてくる。やっぱし長門は手がかりを残してくれた。けど意味が分からん。2日以内に鍵を揃えよと。

その後もキョンは色々探すが何もなし。諦めて帰ろうとすると、長門が一緒に帰るタイミングを伺ってやがった。憎らしい!可愛い!

一緒に帰宅→長門「私の部屋に来ない?」→フラグ


部屋のレイアウトも多少変わってた。スリッパでフローリングを歩く時の音が凄いリアルだったな。ここで印象的だったのが、今回の映画全体に言えることなんだけど、反射でした。長門の部屋のフローリングは凄く綺麗でツヤツヤテカテカしてて、天井が写ってるんです。キョンの教室の窓も教室内が反射して映っていたし、この劇場版では至る所でこの窓ガラスとかの光沢?を利用した反射描写があります。パンフのジャケすらそれだしね。何かのテーマになってるに違いないと思う。最後のキョンの自問自答シーンもそれだったしな。

このあたりの長門がやったらめったら積極的で素晴らしかった。よしおさんから質問ありましたが、消失状態の長門の演技は完璧でした。本当に完璧。同じ長門でありながらここまで違う長門を表現出来るのか!って感じ。みのりん凄いよみのりん。無表情・無感動の長門から、表情豊かな感情のある普通の女の子の長門を演じているんだから。それだけでも慣れだったり先入観だったりで大変なはずなのに、それを「これしかないな!」って演技をしてくれているのですから。それはもう何度もリテイクしただろうし、凄い準備をしたんだろうけど、劇場版として世に出ている映画の完成品では、本当に完璧な演技に仕上がっていました。さすがプロの声優さんです。


邪魔者朝倉おでん登場。おでんがこれまたすげえ美味そうだったな。京アニ色んな所に力入れ過ぎwwwまだ朝倉に不信感を抱いているキョンは帰ろうとするも、消失長門に引き止められておでんを食う。

帰りに朝倉と話しながらエレベーターで降りるんだけど、あまりにも話の長さとエレベーターの稼動時間が合ってない気がした。長門の部屋が7階で、朝倉の部屋がそこから割りと近くなはずなのに、だいぶ長い間キョンと話してた気がする。あれは1階に軽く着いてるレベル。



12月20日長門の出した鍵を集める期限の日。

18日は登校後すぐに保健室に行ってしまって、19日は休んでしまった谷口が登校。教室に来る。化学の問題をキョンと国木田に聞きながら、一昨日キョンが半狂乱だった事について国木田が「ハルヒ…さんだっけ?」って話してて、谷口がハルヒってあの涼宮ハルヒかーって言ってキョンまた発狂。多分、1年5組に風邪が蔓延したのは東中出身でハルヒを知っている奴らを休ませるためだったのではないだろうか。どこにもそんな描写は確かなかったけど、多分そうだと思う。この世界にもハルヒは存在していて、今は光陽園に通っているので、東中出身の奴がいたら分かるのだ。この世界を作った者が、キョンがなかなか気付かない様に東中出身の奴らに風邪を引かせて学校に来ないようにしたんだと思う。まぁ長門なんだけど。

そんで赤痢と腸チフスと何とかを併発して早退するキョン。光陽園へ。こん時の背景描写も素晴らしかった。何回もロケハンに行ったってパンフに書いてあったけど、リアルもリアル。今年の夏に行った西宮そのまんまだった!素晴らしい。巡礼のし甲斐があるってもんだ。


まだ授業中の光陽園。ハルヒと違って自重する時は自重するキョンは花屋の前で待機。そこに元の世界の9組に居た映画の最初の方にチラっと出て来た女子生徒が出て来る。こういう伏線も憎い。そんでハルヒと古泉が登場。なかなか踏み出せないキョン。おい!と声を掛けて行く。


ここらへんは細かい描写とか、目を引くシーンはなかったかな。ハルヒの表情がジョン・スミスと言う名前を聞いてからどんどん変化して行くのが凄かったくらいか。ファミレスに行って話し合い。ここからキョンハルヒを見て安心し出す。

このシーンの素晴らしかったところは窓の外にある踏み切りを渡る車が、キチンと一時停止していることでした。あれはすげえ。

キョンの話を信じたハルヒが「だんっぜんっ面白いじゃない!」って言うシーンは作画に相当気合入ってたなぁ。


北高へ。ああ、もうなんかめんどくさくなって来てしまいました\(^o^)/


これ以降はあらすじ抜きにして俺が気になった点だけ書いていきます。



・なぜキョンからのポニテの申し出をハルヒは素直に受け入れたのか

普段のハルヒならそんなことはしないはず。ツンの部分が出るから。頼まれなかったとしてキョンが好みだと知ってたら、憂鬱の最後みたいに自分からポニテにしてデレるかも知れないけど、この世界ではまだ知り合ったばかりだし、ハルヒの性格が全く同じならいきなり受け入れはしなさそう。いくらランニング帰りっぽく見えそうってだけではやらないはず。これはやっぱりジョン・スミスであるからっていうのが解答なんだと思う。ハルヒにとってジョンは絶対とは言わないまでも、かなりの存在になっているのだ。似合うぞって言われた後に照れるのはやめて欲しかった。


・なぜ長門の前にみくるを連行しようと思ったのか

鍵の解答が部室に5人を揃えることだと分かっていたとしたら、効率を考えれば先にみくるを連行した方が早いに決まってるけど、ハルヒはそれを知らない。けれど部室にメンバーで早く集まりたい!って思ってたからそうしたのかな。なんかご都合主義っぽいけど、それが正解か。


・PC起動後のキョン

このキョンの嬉しそうな表情とかが堪らん。こっちも嬉しくなってしまう。


・何が起こっているのか分からないハルヒ

何が起こっているのか分からないで騒いでるハルヒに少しはキョンも説明してやったら良いと思う。自分から協力仰いでおいて、手掛かりつかめたらハルヒはポイですか。


・入部届けを返された長門

幾らなんでもいきなり涙目になりすぎ。物には段階ってものがあるのだから、それは無視しないで頂きたい。


・ファミマ入店音

ファミマの協力を得てロゴまで実際のを使わせてもらってるのに入店の音が微妙に違うのはなんでwwwカスラックのせいかなあ。


・みくるの指

公園の土に改変の図を描いたのに汚れてなくて違和感。


・いつもの長門

これまたみのりんの演技素晴らしい。いつもの長門を演じてくれてた。


長門の世界改変

あの手をくいくいやる感じがじわじわ来るwwwww


キョンの自問自答

なんか非常にエヴァっぽかった。最後のキョンキョンを踏みつけるシーンは普通にかっこいい。腐ではなくかっこいい。あそこは泣ける。今回のメインテーマだった、キョンがドアを開けるっていうのはここのこと。


・朝倉さん

これ知らない人はびっくりしただろうね。まさかそこで朝倉が刺してくるとは。完全に長門大好きな朝倉だから、朝倉×長門の百合が流行るんだ。


・病室

キョンハルヒの顔をいじくるのが実にいやらしい。ああやってみたい。


・屋上

背景実写だったのかなアレ。もしそうじゃなかったから凄過ぎる。キョンが「ユキ…」って発音したのは凄かったな。「有希」でもなく「雪」でもない、本当に中間の発音だった。そのせいで、非常に聞きなれない違和感を感じたけどw


・テロップ

純国産でなくて少し残念。この時代には無理かなあ。あとSANKYOがスポンサーに入っててゾクっとした。まさかパチ化するんですか><やめて><


・最後の図書館

長門のニヤニヤが見れなくて残念。だけどあそこまで長門を人間っぽくする必要はなかったんじゃないかと。



後半めんどくさくてだれましたサーセンwwwww



総括すると、この消失ってのはハルヒシリーズにとって非常に重要なお話だったから、ここまで完璧に京アニを始めとするスタッフ・キャスト・その他諸々の関係者の方々が世に送り出してくれたことに感謝の意を表したいってことです。消失は短絡的に言えば長門萌えの一番メインの話です。長門と言うアンドロイドが人間と生活するうちに感情を持ち始めて望みを持ち、そうなりたいと願って世界を変えてしまうこと。口には出さないけれどもそういう願望を持っていることを示してしまったことなどから、長門への愛おしさってのが沸き立ってきます。それだけではなく、今回はやっぱキョンが今までの「知らず知らずのうちに厄介ごとに巻き込まれる」側の人間から、「自ら積極的に厄介ごとを起こす」側の人間になったことが大きいです。自分が今までのハルヒの行いってもんを再認識して、それが面白かったと判断、認め、それを受け入れるに至る自己認識の過程はこの物語で凄い重要な部分です。だからこそ多分、キョンSOS団の部室のドアを開けるシーンが非常に丁寧に描かれているんだと思います。多分そうだと思います。多分…。

長門がメインのお話だから、みのりんに主題歌を歌わせるとか、何ていうかな、そういう時代の流行りもちょうど良かったと思う。


まだまだ語りたいことは沢山あるんだけど、疲れたからやめますw


兎にも角にも小説の消失をこれ以上ない形でアニメーション化してくれた最高の映画です。谷川さんも相当驚いているんじゃないかなwこれであとは新刊が出れば言うことありませんね。スニーカーに期待age!!



んで、ハルヒを見終わったあと、急いで馬場に向かいました。ODENとバルログ様とカラオケするために。


未来堂

普通の本屋さんのはず


!?

初めて気付いた。ずっと貼ってあったのかな…。


カラ館

新しく出来た方は実に綺麗だ。


以下俺が参戦した後のセトリメモ


裏切りの夕焼け
シルキーハート
JET!
さよならメモリーズ
ファンシー
ヒナギク
ギー太
ひたぎさん
太陽拳
光の旋律
GA
ドタバタ
ゆかりんスーパー
エデン
シューティングすたあ
スノーエンジェル
友情物語
レールガン
レベル5
?でわっしょい
乃木坂
ホッチキス
スーパーノイジーノバ
ウィニングラン
ファンファーレ
ビーイング
ゴールデンタイムラバー
レッドフラクション
パラロス
明日へのbrilliantロード
続く世界
アクエリオン


バルログ様と初めてカラオケに行けたよー。ゆかりんすごいよー。世界一可愛いよ!!


カラオケ後、解散。俺はもうあんまし早稲田に来る機会が無い=武道家食う機会が無いので、武道家にソロで。


道家



いやぁ、相変わらず美味しかった!!


道家の入り口に気になるホワイトボードがありました。


六厘舎とコラボ!

これは凄いことになりそうだわ。wktk!


早稲田から飯田橋に行って、そこから有楽町線に乗り換えて豊洲へ。


ハルヒ リピーターキャンペーン

豊洲の分が残ってたので、海老名のと2枚セットで交換!


どんなフィルムが当たったかは、このブログの最後にまとめてうpしますねー


時かけ

サマーウォーズBlu-ray発売記念なのか、時かけが上映されるらしい。これはちょっとした自慢話なんですが、時かけって最初はテアトル新宿他21映画館でしかやってなくて、お客さんもそんなに入ってなかったのですよ。そこから口コミで人気が出て来て、最終的には上映館は延べ100館以上で、2007年4月20日のDVD発売日まで9か月にわたり公開が続くという、ロングラン興行となったのです。日本アカデミー賞も獲ったしね。それを俺は最初のテアトル新宿で見てるんですよね。まぁ別に大したことは無いですけど、人気が出る前にこういう作品を見てたってのは何か優越感があっていいですわ。フヒヒwww自己満乙wwwww



エデン

もう続編来るのか。やばい復習しないとwww



ユナイテッドシネマ豊洲

暗いからよく分からないけど、結構でっかい。


豊洲の夜景(東京湾方面)



たまーに犬の散歩かジョギングの人が通るくらいで、人気なさ過ぎた。海も近いし何か怖い感じ。殺人とか起きそう。死体遺棄とか。でも俺がそんなこと言ってもどうせ足立の方が怖いだろ!ってツッコまれて終わりなんでしょうね。

学院の先輩とクラスメイトで豊洲に住んでる人がいるけど、凄いよな。なんでこんなとこに住んでんだよ。金持ちかよ。そうかよ。


豊洲から有楽町線で有楽町に行って、そっから日比谷まで歩いて日比谷線で帰宅。運良く座れた!


Amazon

帰ったらAmazonが。


つぼみとサマーウォーズ

百合漫画のつぼみのバックナンバーとサマーウォーズBlu-rayが届いた。SWは見るのが凄い楽しみ!なぜなら夏に見た時は花札を知らなかったけれども、今は少し分かるから。最後の決戦で知らないゲームとか萎えるわ。

つぼみ VOL.2 (まんがタイムKRコミックス GLシリーズ)

つぼみ VOL.2 (まんがタイムKRコミックス GLシリーズ)

つぼみ VOL.3 (まんがタイムKRコミックス GLシリーズ)

つぼみ VOL.3 (まんがタイムKRコミックス GLシリーズ)

サマーウォーズ [Blu-ray]

サマーウォーズ [Blu-ray]



さてここからフィルムを紹介します。


入れ物

映画の半券2枚(少なくとも1枚はその劇場の半券であり、かつ2月27日以降のじゃないとダメ)を持っていくとフィルム1枚と交換出来るっていう仕組みです。分かりにくいけど、2月6日〜27日の間に何回見に行っても、その半券だけじゃ交換はしてくれないってこと。2月6日に見た半券と2月27日に見た半券の1セットで1枚貰える感じ。27日以降なら27日以降の半券2枚でもおkです。


フィルム

こんなの。実際に上映で使われた零号フィルムとやら。


2chのスレでは凄い綺麗にフィルムスキャンしてプリントアウトして飾ってる神とかいるんですけど、俺もそのフィルムスキャンに挑戦しましてね。スキャナにフィルムスキャン専用の台みたいなのがあるんですけど、何に使うのか分からなくてどっかにやっちゃって見つからず、何とかそれ無しで頑張りましたw


2chの神の人のやつ

これは本当に綺麗。シーンも最高だわ。ホントすげぇ。


俺の

これがスキャン段階。これをフォトショで切って、印刷すれば上のようになるはず。でもまだここまでしかやってないw



改変前SOS団部室

SOS団の5人が全員いるから当たり!
高画質版はこちら


ハルヒとみくるサンタコス1

これは間違いなく当たり。どっちも可愛い!
高画質版はこちら


ハルヒとみくるサンタコス2

アニメのフィルムって細かいし、特に今回の京アニはホントに細かく描いてるから、4コマとかだったら普通に見た目の変化があまりなかったりするんだけど、ここはみくるの表情が変わってて非常に美味しいところ。
高画質版はこちら


改変後のキョン長門

このシーンなんか5コマ全部変わってなかったwww
高画質版はこちら


おでんを食わないで帰ろうとしたキョンを引き止める消失長門

これはもう最高ですね。消失状態で照れている長門が当たったんだから、言い残すことは無い。
高画質版はこちら


俺はこの5枚で終わりにする予定です。まだまだ結構劇場には余ってるみたいだけど、もうコレ以上は見るの疲れるwwwBlu-rayになってから沢山見ます。



とりあえず、まだ涼宮ハルヒの消失を見てない人がいらっしゃいましたら、今すぐハルヒの公式サイトで上映している最寄の劇場を探して、その劇場のHPに行って自分の都合の合う時間の上映を予約して下さいませ。絶対後悔はしない内容ですよ。信者の妄言ですが、嘘ではないです。


あー、満足!