“thank you”&“from now”KOTOKO LIVE IN BUDOKAN 2010   『Pleasure×Pleasure=Pleasure!!!』


KOTOKOのライブ行って来ました。いやぁ本当に最高のライブだった。歌手で誰が一番好きかと問われれば間違いなくKOTOKOって答えます。みのりん超えたわ。比較することすら出来ないレベル。やっぱ種類が違うから比べられないんですよね。




※とても長い記事です。ご注意下さい。



後にも書きますが、今、期間限定で今回レポするKOTOKOのライブがネットで有料(クレジットカードが必要)で配信されています。ハイビジョン画質でライブ全部見れて980円なので格安ですよ。ライブBlu-rayとか買うよりも安上がりだし、ライブの熱が冷めないうちに見れるのは素晴らしい。もちろん長期保存は出来ず、期間内でしか見れませんが、期間内であれば何度でも見れるし、まぁ良いかなと。


参考画像

これはノートPCでオフィシャルに見てるのをテレビ画面に映した映像を眼レフで撮ったものです。なかなか高画質なKOTOKOを楽しめます。


このライブに行った人も、行かなかったけどKOTOKOに興味がある人も、俺がこれから書くレポでKOTOKOに興味を持った人も、どんな人でもいいので見れくれるとKOTOKOヲタとしては非常に嬉しいです。


『緊急告知!!! 』
期間限定! KOTOKO LIVE IN BUDOKAN 2010 -once more again- (1/24〜1/31)
2010年1月23日にリアルタイム配信されたライブ映像を期間限定で再配信! あの武道館の感動をもう一度お届します。
※この映像コンテンツを視聴する為には、「SkeedReceiver」が必要です

■再生時間:約224分
■販売期間:2010年01年24日〜2010年1月31日
※ご購入いただきましたコンテンツは2月8日の午前0時を持ちまして、配信を終了させていただきます。
 ご購入後は、お早めにご視聴い下さいますよう、お願い致します。
スペシャルプライス
High Quality(1WEEK/DOWNLOAD)980円(税込)


URL⇒http://www.ive-tv.net/


結構見る方法がめんどくさいので、簡単に紹介します。


1.上のリンク(http://www.ive-tv.net/)の先にある「視聴申し込みはこちら」ってワインレッドっぽいとこをクリックして次の画面に飛びます。
2.飛んだ先に「High Quality」って言うリンクがあるので、そこをクリック
3.そうすると「SkeedReceiver」と言うソフトのインストールになる。問題ないのでインストールする。
4.インストール終わって、もう一回そこのリンクを押すと、SkeedReceiverによる動画のダウンロードが始まる。
5.ファイルサイズが約9GBなので、結構時間が掛かるけれど右下にSkeedReceiverの画面が出てバーが進んでいればおk
6.ダウンロードが終わったらデスクトップにショートカットが出来るので、それをダブルクリック!(この時そのアイコンがGOM PLAYERになってるとダメ。この映像はfuck'n WMP(ウィンドウズメディアプレイヤー)じゃないと再生出来ないらしいので、WMPを持ってない人は最新版をインストールして下さい。)
7.クレカ情報などを入力して支払いが終了した後に、デスクトップのショートカットをダブルクリックすれば再生されます。
8.KOTOKOタソ(*´Д`)ハァハァ


※この映像はストリーミングではなくてダウンロードしているのでCドライブに空き容量が9GBくらい必要です。Cには入れたくなかったんだけど、どうにもCにしか保存出来ないらしい。保存先指定が出来ないとかマジ糞過ぎる。

もしやってみてくれて何か疑問とかあればコメントに残してくれればお応えします。



さて、では当日のレポへ。



サイリウムを調達するためにアキバへ。たまたま親父が事務所で使うPCを買いに行くとかでヨドバシに行くって言ってたので車で着いてった。結局PCは買わなかったんだけど、プリンタのインクなどを買って解散。俺はドンキへ。


なのは

今日はなのはの公開日だった。昨晩新宿に謎の行列が出来たって話題になってたなw


ドンキで青9本、赤4本購入。


中央通り

今日もアキバは平和でした。


武道館のある九段下へは、総武線飯田橋東西線で九段下って行く。駅に向かった。


駅に向かう途中に面白い雲がありました。


羽みたいな

なんか、薄く平たく伸びていて、それでいてデコボコな感じがないから不思議な感じだった。


アップ

エルフェンリートに出てくるディクロニウスの手みたいな感じ。なんか膜っぽい。


気になったからUDX秋葉原の駅を結ぶ陸橋みたいな所に登って見てみることにした。




なんか鳥みたいに見えませんか?茶色いビルの上が頭で、右に伸びてる部分が左翼で。写真じゃ伝わりにくいけど、実際に生で見ると迫力ありました。少しでも伝えたいので元サイズの写真を置いておきますね。


雲の写真撮ってたらUDXのスクリーンにスフィアが出て来た。


とまっちゃん

作監仕事しろよ…


あいなまさん

誰でもこうなる瞬間あるし、それがたまたま写真に撮られてしまったりするから、こういうのを笑っちゃいけないと思うんだけど笑ってしまう。流石池沼さんだわ。


あやひ

キャバ嬢(笑)


美菜子

天使すなぁ…


スフィア

キャバ嬢<<<<<<<<<<とまっちゃん<<あいなまさん<<<<<<<<<<<<<寿さん

1月31日のライブが楽しみですわー。


駅へ。


JR秋葉原駅

アキハバラデパートの改築が大分進んで来た。


昔の写真

工事中によくある、工事の防音壁とかに貼ってある写真。秋葉原の今と昔の比較写真があって凄く面白い。俺が足しげくアキバに通う様になったのは大学に入ってからだけど、竹ノ塚から日比谷線秋葉原まで直通だから何かと昔から見ていたので凄く懐かしいです。例えば東京ドームに野球を観に行く時なんて秋葉原総武線に乗り換えるから、野球をやっててよく野球を観に行ってた小学校5〜6年の頃はよく秋葉原を見てました。

上の写真は昔あったバスケとかローラースケートがある広場が特徴的。

これ

この広場は今はケバブ屋とかAOKIとかBOSEがある辺りです。即ち正面のビルは今はソフマップアミューズメント館ですね。変わったなぁ。


皆さんもアキバに行く機会があったら是非見てみて下さい。いい写真ですよホントに。



いざ九段下へ。


セブン

セブンイレブンで水分補給。2Lの水を買いました。


友達が九段下のスタバでバイトしてるんですが、その日に何のイベントが武道館であるかをスタバでは把握してるらしいです。そいつもちろんヲタなんだけど、リア充のスタババイトさんが「今日は『らき☆すた in武道館 〜あなたのためだから〜』だってよ、なんだろなコレ」って聞いて来たらしい。やっぱリア充は知らないんですね。そんでやっぱりそういう日にはヲタが沢山押し寄せるとの事です。物販から開場までの間に宿営する訳ですね。


物販

かなり遅め、15時30分に到着したからもう列はそれほど並んでなかった。物販開始は13時くらいからだったかな。あんま欲しいものがなかったので。


ダンボー

適当に捨て過ぎワロタwwwww だいぶ売れてしまっているらしい。



売り切れ情報

売切れ過ぎwwwwwwwwwwTシャツ全滅とかwwwwwwww今までこんなことなかったのにwwwwwwwww


Tシャツは欲しかったorz まぁでも仕方ないからパンフレットとタオルだけ買いました。後で聞いたら16時30分くらいにはパンフレットも売り切れてしまったらしい。パンフを売り切れさせるとはいよいよ運営の糞さ加減を疑うべきだと思った。人数分くらい用意しておけよと。


パンフ

かなりしっかりした作りだった。去年やったツアーのDVDも付いてるからお得です。


タオル

KOTOKOのタオルにしては珍しくモノクロ。いつもカラフルなのに。


物販終了後、ご一緒のまくまくさんが来るまで待機。武道館って正面入り口の前に駐車場があるんだけど、ヲタ系ライブイベだと必ず痛車が止まってるから、それを見に行った。特にKOTOKOの時は痛車が多いんですよ。KOTOKOヲタは平均年齢が非常に高くて30代〜40代位なのです。だからお金を沢山持ってる独身ヲタが多いし、車が好きなヲタも多いんです。もちろん若い人もいますけど、少ない。50代や60代のファンもいますよ。


武道館正面

KOTOKOの武道館ソロは初めて。I'veでは2回やってる。


引いて

壮観ですなぁ。明らかに観光で来た老夫婦が武道館前で記念撮影してて可哀想だなぁって思った。


そんでもってKOTOKOヲタの痛車はレベルが高いんですわ。アニメ画とかをどーんと貼るってのじゃなくて、デザインが凝っててかっこいいのです。


WISH

うちの車と同じ車種wwwwwこれは参考にせざるを得ないwwwww黒かっこよすなぁ…


横から

コレは凄い。何が凄いって今回のライブのロゴを貼ってるってのが凄い。


後ろから


この後ろの画は去年の冬コミで発売された限定CDのジャケ画。仕事早い。そんで注目がこのナンバー。椎名へきる痛車でナンバーが「417(しいな)」になってるみたいな感じ。421、4月21日はKOTOKOがメジャーデビューを果たした日なのです。421-a will-と言う曲もあるくらいです。しかも香川から参戦とは、凄いですホント。


エスティマ

これはKOTOKOのファンクラブ仕様の痛車。実にかっこいい。この車はKOTOKO SOUND WAVEっていうKOTOKOヲタであり車ヲタであり音響ヲタである方々のコミュニティに属してる車です。そのため、中のシートまでKOTOKO仕様だし、車内にモニターが10台くらいあってKOTOKOのPVとかライブDVDとか流してるし、スピーカーもウーファーも凄いの積んでるし、もう何から何までKOTOKO仕様です。凄い。尊敬しますマジで。




俺もいつかこんな車に…


後ろ

多分後ろにでっかいウーファーが設置されてるはず。このチラっと見える床に埋め込まれたやつ。



左側面

何でか知らないけど車のステッカー貼りの人って、反対側の側面に鏡映し状態の貼り方をする人が多いんだけど、俺はそれが凄く嫌いです。この車はそうではなかったからちょっと好印象。なんで反対に貼るのかよう分からん。ちょっと分かりにくいだろうけれども、例えば右側面に普通にステッカーを貼ったら、左側面にはその右側面のステッカーを左側面から透かして見ているようなステッカーを貼ってる人が多いのです。



16時40分くらいにまくまくさん到着。入場。


チケ

アリーナのB6だから、花道のすぐ横くらい。超神席。贅沢を言えば一桁のが跳ねたい放題で良かったけど仕方ない。


入場してサイリウムの準備や荷物の整理をしてたらあっという間に開演ktkr!17時10分くらいに開演したかな。


以下、2chで拾って来たセトリと共に神ライブを振り返ってみます。曲名の後の西暦はその曲が発表された年です。今回のライブはKOTOKOの歌姫になってから10周年、メジャーデビューしてから5周年の記念のライブだから、2000年からの各年度の有名曲を披露してくれています。



最初はI'veであるあるwwwwwwな映像からのスタート。相変わらずI'veはクレイジーな映像が好きだなぁと思う。その映像が終わった後、スクリーンに出て来た文字が何と「OUTER」。いきなりOUTERさんからのスタートwwwゲストと言う位置付けだったし、横アリの時も途中で出て来たから今回もしばらくしてから出て来ると思ったのにいきなりかよwww
OUTERと言うのはKOTOKOのようでKOTOKOではない怖いお姉さんがボーカルの非常に恐ろしい音楽を演奏するバンドの事です。

  • OUTER-


1.Synthetic Organism(2000)
2.Ha!!!ppiness(2008)

この2曲はどちらもコミケ限定販売(期間限定、数量限定で通販あり)のI've MANIA Tracks Vol.1とVol.2に収録されてるもの。1の方は一昨年のコミケで3時間くらい並んで買ったんだけど、2は去年のコミケ時に諦めて買えてなかったorzヤフオクか通販で買います。Synthetic Organismは何度か聞いた事あって、OUTERだなぁ…って感じの曲。会場全体が明らかに意外…!って感じで始まったんだけど、あっと言う間にみんなOUTER仕様になっててワロタwボーカルのお姉さんもヘッドバンキングしまくりでヤバかったです。



3.Close to me…(2000)

イントロのシンセが流れて来て体中がゾクゾクっとしてしまった。俺はKOTOKOの曲の中でもゆっくりした優しい感じの曲が好きなんだけれども、その代表格がこのClose to me…です。KOTOKOはやっぱりこういう曲を作るのが向いてるんだと思う。もちろん歌詞にも深い意味がある曲です。発狂するヲタ多数。イントロ流れた時の「ゥォオオオオオオ!!!」って声は本当に凄かったw



4.明日の向こう(2000)

この曲は知らなかった。収録されてるCDがDear Feelingってやつらしいんだけど、C59で販売したらしいw何年前だよと。ヤフオクで落とそうと思ってます。



5.I can't get over your best smile(2001)

おねがい☆シリーズでこの世界に入った俺にとっては感涙ものの一曲。おねてぃのイメージソング集に入ってる曲です。おねがい☆シリーズでこっちの世界のアニメを初めて見て、それがI've Soundの音楽制作だったのも運命だったかも知れないっすね。ただひたすらに聴き入ってしまった。KOTOKO神過ぎる。



6.茜空 〜それが僕らの世界だった〜(2009)

これは知っていたけど入手が困難で聞けてなかった曲。スレでの事前評価も抜群だったし、ライブでもかなりいいと思った曲なのでヤフオクにて落とす。真剣で私に恋しなさいっていうエロゲのエンディング。みなとそふとは好きだからエロゲ自体も買ってもいいかなって思ったけど、やっぱりつよきすが一番で、それ以降の2学期やら執事やらはどうにもこうにも合わなかったのでやめた。



7.硝子の靡風(2005)

2ndアルバムのテーマ曲。サビの「いつか君が好きだと話した街で〜」って所が大好きです。これもゆったりした感じの曲。KOTOKOにはホントに名曲が多い。それでいて似た様な曲が非常に少ない。歌唱力もかなりのものがあります。伊達に鼻の(ry



8.雨とギター(2009)

最新のアルバム「イプシロンの方舟」から。そのアルバムの中で俺が一番好きな曲です。3rdアルバムの「楓の道、ギターの奏でる丘で」とギター繋がりでちょっと被る。雨とギターはダークな感じなのにサビは少し明るい感じがして不思議な曲。メロディラインが綺麗で好きです。



9.限界打破(2009)

これもイプシロンの方舟から。ちょっとメンヘラーっぽい歌詞だけど、まぁそれはKOTOKOがそうだからでしょう。落ち込んだ時に聞くと元気が出そうな曲。曲調は暗いけど歌詞が心に沁み入ります。



ここでMC。最初のOUTERさんが暴れ過ぎたせいでマイクスタンドがガタガタになってしまって安定せずスタッフが修正。



10.羽-hane-(2004)

1stアルバムのテーマ曲。これは完全にファンになる前のアルバム。なのでテーマのこの曲くらいしか聴いてなかったんだけど、それをやってくれたから俺大歓喜。やっぱしメジャーな曲を多くやるセトリにしてるんだろうなぁって思った。これも暗くてゆっくりした短調な曲だけど、バスドラムに合わせて体を強く踏み込ませるといい感じがします。



11.UZU-MAKI(2006)

3rdアルバムのテーマ曲。ここまでメジャーデビューしてから出したアルバムのテーマ曲をかなり歌ってくれてる。その中でもUZU-MAKIは完全にファンになった後の作品だから一番聞き込んでるから嬉しかった。HMVでのイベントとか横アリのライブで何度も聴いてるけど、やっぱこれ歌ってる時のKOTOKOの声はいいです。あの何とも言えない絶望したような声、それでいて伸びがあってすっと耳から体の中心まで届くような歌声です。
今までずっと青リウムをバルログしてたけど、これは赤なので赤を1本だけ折って振りました。



12.BUCCANEER(2009)

火曜日にこのライブのリハをFC限定で公開してたんだけど、その時にはこの曲のダンスが出来てなかったwwwきちんと本番では出来ていました。この曲は最新シングルのカップリング。特徴的なリズムなので、これもバスドラに合わせて体を動かすと実に効果的に楽しめます。それにしてもダンサーさんのふとましさは異常。



13.Collective(2005)

I'veのコンピレーションアルバムでも比較的新しい部類に入ってます。以前I'veに興味を持ち始めた時にSuiginから勧められてI'veのコンピアルバムを絶版とかになってなくて買える物だけ全部買ったんですけど、それが今では良かったと思ってますわ。I've Sound素晴らし過ぎる。



ここで早替えが入ったんだけど、スクリーンの映像にくまのぬいぐるみが出てきて、それがテレビを見てるんだけど、そのテレビにはさくらんぼキッスのPVが流れてた。それが分かった時点で地鳴りみたいな歓声が起こったwwwきゅんきゅんタイムへ突入です。OUTERを最初に持って来たり、いつもアンコールの電波を途中に持って来たりと新しい感じですわ。



14.さくらんぼキッス 〜爆発だも〜ん〜(2003)

ファンの訓練度の高さがすさまじかった。キッス!!の掛け声とハイハイ!!の掛け声、きゅんきゅん!!の掛け声を男どもが完璧に合わせて叫ぶ姿は壮観だし、その音のパワーと言ったらない。会場が一体となってKOTOKOときゅんきゅんしてました。



15.きゅるるんKissでジャンボ♪♪(2004)

さくらんぼキッスが来たらこれは来るだろうと思ってたら案の定来たwwwもちろんこれも掛け声完璧。こっちの方が「う〜きゅんきゅん!」とかジャンボ!とか「あうあ!」とかより気持ち悪い合いの手があるから、より良い感じです。やっぱし電波曲はKOTOKOですなぁ。KOTOKO可愛いよKOTOKO



16.I need magic 〜解けないマジ☆キュン♪〜(2007)

これは何度か聞いた事あったけど、CDとして持ってないから日常的には聞き込めなかった曲。早速Amazonで買いましたわ。これはKOTOKOの早口台詞が印象的だった。あれは是非覚えたいw



ここでMC。ドリームランドのお友達紹介(クマ、ウサギ、ネズミ、カンガルー)。ダンサーが着ぐるみを着て来たので、その紹介。何か気持ち悪い熊がいたw他は概ね可愛かった。



17.常識!バトラー行進曲(2008)

きみあるのPS2移植版の曲なのでこれも入手困難曲。リハでやってたから少し予習できたけど、どうにもイマイチ乗り切れなかった。これはどうやって入手しようかなぁ…。



18.めいぷるシロップ

最近の電波ソングで最強の曲ktkr!!これは本当に凄い曲です。ごっくんごっくん!とか非常に怪しい台詞をKOTOKOがどんどん歌ってくれます。最初18禁には抵抗あったけど、途中から慣れました(笑)と応えてるKOTOKOなんだけど、慣れすぎもいいところ。こんなぶっ飛んだ歌詞を書ける三十路がどこに居ようか。この曲でヲタは一番盛り上がったなぁ。いやぁ楽しかった。



ゲスト:NS⇒GIFT
 1.Suppuration -core- [G・M・S Re-mix]
 2.BLAZE [G・M・S remix]
 3.Re-sublimity [Shiva Jorg & HARD STUFF remix]
 4.Lament [NS⇒GIFT remix]

I'veのmaster groove circleっていうリミックスをしているNS⇒GIFTさんによるリミックスメドレー。どれも名曲だったし、それらの繋げ方がとんでもなくカッコ良かった。2枚目のCD買ってなかったけど買いますわコレはw



19.SCREW(2009)

最新シングルの曲。何となくあまり好きではない。



20.Sensitive -Remix- (2001)

これもI'veのコンピアルバム「OUT FLOW」から。イントロのシンセが凄く特徴的で、これも例によってイントロ流れた瞬間ヲタから歓声が上がる。I'veっぽい感じの電子的な感じで、どことなくおねてぃとかと同じ匂いを感じるので好きです。



21.resolution of soul(2001)

これもI'veのコンピアルバム「DisiNtegratioN」から。あんま聞いた事なかったから特に感慨なかったけど「南十字星」っていう歌詞がカッコいいなって思った。サザンクロス!



22.Oblivion(2003)

これは全く知らなかったです。後ろに居た古参ヲタが発狂してたから相当古参には嬉しかった曲みたいだ。「私立レイプ女学院」ってエロゲの主題歌らしいんだけど、とんでもないタイトルですね。



23.ε〜Epsilon〜(2009)

イプシロンの方舟のテーマ曲。毎回のアルバムは何かがっちりテーマと雰囲気が決まってるんだけど、εはUZU-MAKIの次にその世界観が大好きなアルバムです。トランシーって感じ。



24.421 -a will- (2005)

これが噂のメジャーデビューの日がタイトルになってる曲です。なんか色んな人にありがとう!とか感謝の気持ちを表現したい曲らしく、メジャーデビューの日をタイトルに付けたとか。歌詞の最初がいきなりthak youだし、今回のライブには欠かせない1曲だったんだろうな。今回は今までにないくらいセトリ決めに苦労したらしい。この曲も大好きです。



25.Feel In Tears(2001)

よく雑誌のインタビューやらファンからの質問で「自分の曲で一番好きな曲はどれですか?」って聞かれて、いっつもどれも大好きで迷います!って答えてるんだけど、今日、どれが一番好きかと言われたらこの曲です!って言った。これもI'veのコンピアルバムで「LAMENT」に入ってる。あんまし聞いた事なかった;;



26.being(2006)

シャナヲタの俺大歓喜!!はにゅうと知り合ったばかりの頃にはにゅうに推してたアニメがシャナでしたね。アニメが面白くて原作を買ってしまったり釘宮病になったり、声優について色々調べるようになったりとか、ヤバい世界に入ってしまう入り口だったのがシャナですな。メロンパンとか食ったなぁ。その主題歌のbeingは、もちろんシャナの世界観を非常に良く表してくれています。歌詞・メロディ共に「これぞシャナ!」って感じ。KOTOKOさん凄いです。



27.prime -"thank you" and "from now"-(2009)

昨年のコミケの限定販売に入ってる曲だから聴けてない><通販までお預けですわ。primeって曲はかなり昔の曲で、古参は失禁モノらしい。それのリメイク?みたいな感じ。それにしてもKOTOKOヲタは古参多いですよね。俺なんか超新参も良い所だわ。



28.覚えてていいよ(2004)

いつもアンコールで来る覚えてていいよがここで来た!!!これの歌詞が物凄く大好きなんですわ俺。「なぜかなかなか進まない 予定表だけは完璧だった なのに今日も何してたんだろう」とか、それなんて俺もいいところ。毎日毎日「あれやろ、これやろ」って思ってワクワクしてるに結局ネットとかで一日が終わる虚しさったらないですよね。そんな歌詞なのに曲調が凄いハイで、PPPHなんかもじゃんじゃん入ってしまいます。元気になる曲ですわ。KOTOKOの定番曲ですね。KOTOKOもそれが分かってるからファンに歌わせる部分を作ったり、ファンを煽ったりしてくれます。もちろんUO曲。



アンコール(short版 ※1番だけ歌うとか、そんな感じでメドレーっぽく。)


29.Shooting Star(2002)

泣きました。こういうブログで泣くとか書くと、全然盛り上がってない普通の人が読む場合、っていうか読んでる人のほとんどがKOTOKOに興味がない人だと思うから「え、何こいつマジで泣いてんのかよきめぇ」って思うでしょう。特にリア友なんかにしてみれば「うわあ…」となること請け合いですわ。だけれども本当に泣いてしまったんだから仕方ありません。音楽で感動して泣けるなんて素晴らしいことだと思いませんか。


この曲は「おねがい☆ティーチャー」のOP曲で、俺がこの世界に入るキッカケになった曲です。正確には「おねがい☆ツインズ」の方が先だったので「Second Flight」の方なんですが、あれは佐藤裕美さんとの曲なので、もう演奏されることはないでしょう。そんでもってこの「Shooting Star」はKOTOKOの初めてのシングルであり、初めてのアニメタイアップ曲なのです。それだからこの曲が好きなファンも多いし、FCの会報ではおねてぃの舞台である木崎湖でShooting Starを聞きたい!ライブをやって欲しい!って言う意見が多くあるくらいです。もし木崎湖でライブやったら死んでも行きますわ。

イントロが流れた瞬間、もう感極まってしまい目から汗が出てました。そんでShooting Starが来た事を理解し、イントロの旋律をしっかりと聴いて、しっかりとUOを4本折って、サビの振り付けの準備をしました。もうあの時のKOTOKOは天使でしかなかったと思う。いや神か。ライブで聴くのは2回目だけれども、今日武道館で、10周年記念の場で聴けたのは物凄く嬉しかった。感動しました。



30.涙の誓い(2002)

Shooting Starの余韻に浸ってたし、あんま知らない曲だったから全く記憶にありません。これもI'veのコンピアルバム「DisiNtegratioN」に入ってるらしい。DisiNtegratioNから結構曲やったみたいだ。



31.Wing my Way(2002)

これまた神曲ktkr!!就活の時によく聴いてましたわ。何か凄いゆったりした優しい曲なんだけど、歌詞が凄い力強くて大好きなのです。サビの「間違いなど恐れることはない ここから始まる無限の物語は 放物線を描き 地平線の向こう側まで 続いて行く どんなに悲しいことがあっても 涙の痕はきっと 誰かが旅をする希望の道になるよ」ってのが実に良いです。泣けます。これはライブで聴くのは初めてだったので、これも感慨深かった。何度もI've TVで見直してます。



32.Face of Fact(2002)

これも大好きな曲だからイントロで震え上がりました。このイントロの何とも言えない「これからどんどん盛り上がっていく」感じが大好き。この曲はPPPHとか普通のヲタ芸ではないようなリズムでヲタが跳ねるポイントがあるから面白い。みんな完璧だった。



33.Re-sublimity(2004)

リサブキタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!!これも定番曲です。イントロめっちゃ長いんだけど、短くなってた気がする。もうライブで聴き慣れすぎてて冷静な対処しか出来ないw



34.七転八起☆至上主義!(2007)

ここでハヤテっすか。Special Lifeの方が盛り上がって良かったと思うんだが、やはり知名度を優先したか。



バンドメンバー紹介

今回はギター3人、ベース2人、ドラム2人とメンバーが多かった。最近KOTOKOバンドのメンバーが安定しないから少し心配だなぁ。固定になれるように頑張って欲しい。みのりんもずっと固定だったのに、最近ギターが変わったりとかあってちょっと悲しい;;奈々さんのチェリーボーイズみたいに固定にならないかなぁ。



35.Symphony 〜星たちの詩〜(2006)

ラストの曲。2006年12月1日にやった横アリのライブで配布された曲。これは3回しか聴いてなかったから分からなかった!残念><今回のライブでも配布CDがあるから、それは次に向けて聞き込むことにしないと。最後の曲でいっつも泣いてしまうKOTOKOですが、今日は泣かなかった。



終わった後、プロデューサーでありOUTERのギタリストの高瀬さんが軽くMCしてた。KOTOKOもこれから10年も20年も歌って行きたいって言ってた。活動する限り応援しますわ。いやしかしKOTOKOいいな。I'veいいな。こんな世界に出逢えて良かったわ。





流石に2L全部は飲まなかったけど、これだけしか残らなかった。汗かきすぎワロタw



終了後

帰ってから2chのスレみたら「つぼみ」ってAV女優がこのライブに来てて、この俺の写真と同じようなアングルで撮っててワロタwその人「けいおん!」のパロAVで澪やってた人みたいで、俺見たことあったっていう。



この前のほっちゃんのライブの後、武道家で締めて満足した経験から今日も武道家に行こうかと思ったけど、一緒に来てくれたまくまくさんがいるから断念。2人にとって帰り道的に都合のいい駅、秋葉原に行くことに。東西線飯田橋へ。飯田橋から総武線でアキバへ。



!?

アキバのJRの階段に美琴が…!!このオレンジの感じいいですね。いかにもレールガンって感じで。



ジャッジメントですの!

クリスマスイブに吉祥寺で行われた早稲田のサークルのライブでベース弾いてた男とか、コミケのスタッフで流行した「ジャッジメントですの!」の台詞。いやぁ黒子はいいね。その変態性はもちろんだけども、とある同人誌で使われてたその能力とか、あとやっぱり声ね。新井さんはいい。ギアスの咲世子さん以来だけど、あの声はいい。あと新井さんは胸も大きいです。



あいなまさん

この人なんで頭に花あるんだろ。声優が池沼だからかな。いや、むしろ頭に花があるキャラだから池沼が受かったのかな。小さい頃は花の数も少なかったのに今じゃこんなだぜ。レベル上がってったらもっと増えるのかなw



佐天さん

各方面で大人気の佐天さん。誰か彼女に能力をあげてください。



んで、どこも良いアイディアがなかったので、ゲマズの前の康竜に行った。


自分仕立てラーメン

久し振りに食べた。まぁまぁ美味いよね。


ご飯食べたら解散!まくまくさんお付き合い頂いてありがとうございました。



以下、I've TVで見れる今回のライブの映像を家のビエラで見た時の眼レフで撮った写真です。参考までに。



木崎湖

D-sub15ピン接続なのに超くっきりしてて綺麗。ノートを大画面テレビに繋ぐの楽しいです。



開演前

開演前からの映像があります。KOTOKOとバンドメンバーがステージ裏で円陣組んでる映像とかもありますよ。



最初の衣装

これでClose to me…歌ってくれた。



きゅんきゅんタイム!

ドリームランドのコーナー。きゅんきゅんしました。



衣装アップ

いつまでたってもKOTOKOはこうであって欲しいです。



レーザー

I'veらしくレーザーを多用してた。いい演出でした。



最後の方




この辺はもう感無量って感じでしたね。



観客席

もちろんヲタもハイビジョンで晒されてます。南からの固定カメラでステージが映される時、俺も余裕で映ってます。




終演後


終演直後のハイテンションなKOTOKOまで見れてしまいます。



こんな長いレポにお付き合い頂きありがとうございました。


日常の出来事は写真と共に簡潔に、イベントは詳細にやって行きたいと思います。