いろいろ不調

何か色々とミスが多いです。まずい。


KOTOKOの夏ツアーのチケットのファンクラブ先行予約があったんだけど、てっきり抽選だと思って余裕こいてたら先着順だった。先週の日曜の10時にネットで申し込んでおけば夢の1桁台を確保出来てたのに、昨日やったせいで700番台。まぁKOTOKOのライブはいつも1000番台だったから、それに比べれば良い方だけど、知ってさえいれば1桁取れたのに!って思うと悔しい。ちゃんとスレチェックしておくんだった。日曜の10時とか暇してたし。


さらにチケット関連でまたミス。この前見てきた「こがれ」に出てた名塚さんの次回公演のチケットが今日発売だったんだけど、まぁこれは先着だってのは知ってた。それまでは良かった。名塚さんがブログで「今回はテニプリの俳優さんやガオレンジャーの俳優さんも居るから、早めになくなるかも知れないのでお早めに!」って言ってたから、まぁ発売日の夜にでも申し込めばいっか、と思ってた。そんでさっき申し込もうとしたら、千秋楽もトークショー付きも完売ですよコレが。どうでもいい木曜日の夜の公演が辛うじて残ってたくらいで、初日も土日のも全部完売。どうなってんのコレ。しかもスレ見てみたら、10時に販売開始で10時01分には完売したらしい。腐女子舐めてました。すみません。謝ります。


まぁこれはもう過ぎた事なんだけど、名塚さんのCDを発売してすぐに買えばイベント参加券が付いて来てたってのを知りました。どうせ同じ物を買うならば、参加券付きでサイン会に参加した方が良かったなぁ、と。
これはまくまくさんも平野綾の写真集を福家書店で買えばイベント抽選出来たのに><って言ってましたが、それと同じ。同じ物を買うならばイベントに行ける可能性のある方がいいもんね。情報収集ちゃんとしないとorz


後はまぁ、Suiginのブログで紹介されてる和敬クライシスに行けなかった事が悔しいです。普通に部屋で酒飲む程度だろうと思ってたのに。ここまで酷くなるなら、金沢の件も考えて俺も参加するべきだった。常識的に考えて。次回の開催時には是非ご一緒したいです。木崎湖の日本酒持っていくわ。


そんな感じでいろいろ不調です。みのりんの河口湖ライブは2日間2枚で申し込んだし、後は写真集の振込みを忘れないようにしないと。


以下、いつもの日常ブログです。



羽田空港行き

今日は羽田空港で面接。もうそろそろ就活めんどくなってきた。


8時くらいに家出て、8時17分の電車に乗った。稀に見る早起き。日比谷線人形町まで行って、そこから都営浅草線でけいきゅう!で羽田空港


モノレール

帰りは行きと違うルートで帰りたかったのと、この前と逆の景色を見たかったのでモノレールに。


国際線ターミナルの建設現場が、すごく…熱いです…



線路

田町〜浜松町間の線路。京浜東北とか山手線とか東海道線とか新幹線とかの線路だけど、どこにも電車が走ってなかったので撮った。美しい。



物凄く、本当に物凄く驚いた事に、次の面接に向かうために田町で降りて田町のエスカレーター上ったら、上った所に友達がいました。学院時代からの友人で、雛見沢にある診療所の先生と同姓のIくんです。お互い「おおおおお!?」とか言ってあまりの偶然に驚きました。Iくんはゴミ箱でゴミを捨ててて、俺はエスカレーターでそのゴミ箱の横に上がってきた感じ。凄い偶然。

Iくんは改札出て右に面接へ。俺は左に面接へ。


俺が行った面接先で、これまた面白い出会いがありました。待合室で俺より先に来てたAくんが僕にいろいろ話し掛けて来たのです。

「どこの駅から歩いて来ましたか?」

と聞かれました。俺は田町からです。って答えて、貴方は?って聞いたら「都営線の三田から来ました。」と。そんでゆりかもめが高いとか、都営線なら僕の家から一本で来れるし安いとか、何て言うか、俺がこう普段(*´Д`)ハァハァしてるようなネタを、さも得意気に語るんですよAくんは。そんで俺もそれに乗って、「三田線ってことは板橋ですか?」って聞いたら「!?」って驚いて、「よく分かりましたね!」と。三田線で住宅が多い所って板橋しかないから、まぁ分かるのは当然。俺の中学の塾の友達で志村に住んでる子がいるとか、そういうローカルネタで盛り上がりました。あと、名塚さんが「こがれ」の稽古をした練習場が東上線の大山にあるってのを最近知ったので、その話題とかも話してみました。そこで「声優さん」って言う言葉を俺が出したら相手がピクッって反応した。

そこで深く突き詰めはせずに、大学の話とかをしました。向こうから俺の専攻聞いてきて、まぁ経済です、と。彼は法律らしい。そんで聞いてくうちに彼は筑波大学付属高校出身で、今は一橋に通ってるとか。ここでまた色々ネタが絡んできて、筑付には俺の塾の友達が行ってたし、あそこは護国寺だから講談社が近いですよね、とか、一橋は並木道のあるほうですよね、とかそういう話題で盛り上がった。ローカルなネタが通じるのって面白い。


ここで勝負に出ました。そうなんです、筑付はCLANNADの聖地なのです。CLANNADのあの校舎は完全に筑付なのですよ。そんで彼に「アニメって見ますか?」って聞いてみたら「ん、そうですね、あまり見ないかな。」って言う返答が。そんで「CLANNADって知ってますか?あれって筑付が舞台なんですよ。」って聞いてみた。そしたら「ああ、それは知ってます。」とクールに答えてくれた。
それ以降アニメの話ばかりしてたな。何か昔は見てたみたいなこと言ったから、「おねがい☆ティーチャー」って見てました?って聞いたら「おねてぃは地上波でやってなかったから見なかったなぁ。」とか答えてクソワロタwww見てなかったのに「おねてぃ」なんて略すか普通。そんで舞-HiMEとか舞-乙HiMEを見てたって話に。それだけ見てればあんま見ないとは言えない気がする。声優はどの辺が?って聞いてみたら、丹下桜よりは後で、今よりは前、って事で千葉紗子あたりがお好きだった様です。

今期はどうですか?って聞いてみたら「ハガレンけいおん!ハルヒはチェックしてます。」とか。もう完全にアニヲタ乙。


とまぁ、待合室でこれだけ盛り上がれたのですよ。途中にもう1人男が待合室に来たけれど、当然話には付いて来れる訳がありません。リア充っぽい人だったし。

これは相当特定されるかも知れない話ですが、まぁ面白かったのでいいでしょう。アニヲタはそこら中にいるんです。


面接後、さっき会ったIくんとお昼ご飯に。


麻布ラーメン

学院3年の時はよく一緒にいたけど、大学入ってからは全然会わなくなったから久し振りに沢山話した。


Iくんともなかなか面白い繋がりがあって、まぁ学院の時から知り合いなんだけど、彼が大学から入った音楽系のサークルに、俺が中学から知ってる塾の友達、さっきの筑付に行った奴も中学の塾の友達だけど、それとは別の友人が俺と一緒に学院に来て、俺と一緒の部活に入って、大学ではIくんと同じサークルに入ってたのです。そのFくんはIくんとは大学で知り合った訳で、Iくんと俺が繋がってる事は知らないのです。さらに言えばそのFくんの家とSuiginの彼女のCさんの家がめっちゃ近いのです。徒歩1分くらい。世間は狭いですなぁ。


学院ネタで盛り上がってるので一つ付け加えますと、この前俺の親父が一緒にお仕事をした相手先の会社の社長さんが学院生だったみたいです。その社長さんがフランス語をよく知ってて、うちの親父がフランス語出来るんですね、って聞いたら「私は高校時代にフランス語を学校で習ってましてね。」って返されたらしい。その人が早稲田だって言うのは前から知ってたみたいなので、まぁ、早稲田で高校でフランス語やってたって言ったらほぼ間違いなく学院生ですよね。早稲田を受験するのに第二外国語なんてやらないだろうし。その時親父は社長さんに「学院ですか?」とは聞かなかったみたいだけど、家に帰って俺がその話を聞いて名簿調べてみたら名前がありました。世間は狭い。と言うか学院生が多いのかw



お昼食べたら帰路に。2人で山手線に乗って俺はアキバ、Iくんは上野まで。



住友不動産ビル

アキバの交差点に出来たビルの窓なんだけど、かなり面白い開けられ方してました。雨入るぞ。



大正野球娘。

夏の期待アニメである大正野球娘。のコーナーがとらに出来てた。wktk



海外メディア?

メイトの前で海外のメディアっぽい人たちが居て、何やら収録してた。



こえでおしごと!

人気出てるみたい。初版で買っておいてよかった。



今日のメイトでの買い物は、ほぼ衝動買いでした。



ゲッサン

高画質版はこちら


月刊少年サンデーが新創刊したらしい。全然知らなかったけど、1階に平積みで推されてたし、あだち充が過去に好きだったのでついつい買ってしまった。



付録1

高画質版はこちら

あだち充エッセイコミック全集。まだ見てないけど面白そう。



付録2

高画質版はこちら

色んな人がマンガ描いてた。島本和彦くらいしか知らなかった。



で、今回のゲッサンの何が凄いって、さっきの表紙画で気付いた人もいるだろうけど、あずまんがが復活しているのですよ!


あずまんが大王

懐かし過ぎる。


あずまんがアスキーメディアワークスだったから、なんで小学館から!?って思うし、なんで今更またあずまんが何だ?と思いました。どうやら10周年記念で新装版コミックスも出すみたいです。しかもそれは以前の大判ではなく、よつばと!と同じサイズらしくて収納が便利だとか。あずまきよひこファンとしては買わざるを得ないです。あずまんがブックオフでしか買ってないから、新刊集めるいい機会になりそう。



付録3

高画質版はこちら



あずま先生はもちろん今回描き下ろしであずまんが大王を描いているのですが、まぁその勢いと言うか雰囲気は以前のそれと変わりませんでした。しかし画力はよつばと!も描いてるし、この10年でかなり変わってます。その辺についてあずまきよひこ先生が自身のブログで語ってたので引用させて頂きます。



あずまきよひこ先生のブログから引用

あずまんが大王 補習編



ただいま発売中の新創刊の月刊誌「ゲッサン」に「あずまんが大王 補習編」が載っています。
これは、もうしばらくしたら発売される「あずまんが大王 新装版」に収録されます。

そんなわけで久しぶりにあずまんが描きました。
違和感がある人もいると思いますが、あれが今のあずまんがです。
昔の絵にどこまで戻すのか、で悩みましたが、基本ラインは今の絵でいきました。
自分から見ると、昔の絵にするってのは、わざと下手に描くようなもんですから、それはちょっとやりたくない。

4コマの使い方も、今見ると昔のは甘いなと思えます。
なんで4コマとしても、今だから描ける要素を入れました。
いきなり応用問題を出しても大丈夫なんかな?って不安はありましたが。
描いている方としては、表面的な部分は変わってますが、あずまんがのコアになる考え方は
そのまま使って描いています。

なんとゆーか、描いている方としては、昔を懐かしんで描いているというより、もうちょっと積極的な気分です。
あずまんが大王も連載の最初と最後では全然違います。
10年たった今、同じの描いてちゃいかんだろう、と。
とはいえ、ちょっとアクセル踏みすぎた?とも感じているので、2年生は
ちょっと抑えようかとも思案中。

今自分に出せる一番いい形、があれです。
それが変わっていくのは、自分ではいいことだと思っています。
それをどう読むかは、読者の皆さんにおまかせします。


いろいろ考えて描いているようですね。あずまきよひこ先生のブログは更新頻度こそ少ないですけれど、月の写真とか飛行機の写真とか、なかなか読んでて面白いので、是非皆さんも読んでみて下さい。



ゲッサン広告

高画質版はこちら


ゲッサン 2009年 06月号 [雑誌]

ゲッサン 2009年 06月号 [雑誌]




ももんち

高画質版はこちら


これは学院の後輩のsas_t4くんのブログで紹介されてて気になって買ってしまったもの。元々冬目景さんの作品はハツカネズミの時間で気に入ってて、イエスタディをうたってとか羊のうたも読んでみようと思ってたところだったので、sas_t4が面白いと言うのなら、と思って最近出たばかりの本だし、1巻で完結してるしと思って買ってみた。

そしたら面白いのなんの。ももんちは最高ですよ。美術予備校に通う「桃寧(ももね)」と言う女の子の日常を描いたマンガなんですけど、冬目景さんもあとがきで言ってるように少女マンガチックな感じで描かれてて、何とも心に響く話です。ちょうどゆかりんの授業で「乙女ちっく」と言う少女マンガのジャンルの話を聞いた後で、同じ事を冬目景さんがあとがきで書いてて驚きました。これも偶然。

まずももちゃんが凄く可愛いし、ももちゃんの友達も可愛いし、話も面白いし、ももちゃんの兄弟が凄く良い感じです。ももちゃんの心境も凄い理解出来るし、うーん、何と言うか読んでて微笑ましくなるマンガです。鶏の小ネタも面白いし。帯に「この愛しさはじんわり届くよ、深いところに。」って書いてありますが、まさにそれ。これ考えた人マジグッジョブですわ。


だいぶももんちに惚れてしまい、改めて冬目景の事を調べてみたら、女性で驚きました。俺には悪い癖があって、漫画家とかの性別を勝手に思い込む節があるのです。そのいい例に、にょろーん☆ちゅるやさんの「えれっと」さんをずっと女性だと、しかも女子大生だと思ってたのです。あの人は同人からのスタートです。同人時代から有名だったので、別ににょろーん☆ちゅるやさんの漫画化・アニメ化で知った人ってのはあんま居ないと思いますが、一応念のため。そのえれっとさんの同人誌でARIAを扱った作品「ARIAわはー」(非エロ)があって、それが凄く大好きだったんですが、その後書きにヴェネッツィアを巡礼してきました!ってマンガがあって、そこに描かれてたえれっとのキャラが女の子で、さらに卒業旅行で行ったって書いてあったから、勝手に女子大生だと思い込んでしまったのです。あんな可愛い画を男が描くはずない!と言う思いもあったかも知れませんが。

しかしおねがい☆ヤマニ師のメンバーのショウジがコミケスタッフでえれっとさんの担当になったって話を聞いてみたら、見事に男性ですっごくショックを受けました。実際にサイン貰いに行ったんですが、普通のお兄さんでした。自分の勝手な想像だっただけにショックでしたよ。


それと同じように冬目景さんにも、あんな画を描くのはきっと男性だろう、とか、あんな話を思いつくのは男に決まってるさ、みたいな先入観があって、確実に男だと思ってました。それが今日ウィキ調べてみて女性って分かってもうショックです。まぁだからと言ってどうこうなるもんでもないのですが。



とりあえず凄く面白いので、ももんちを皆さん読んでみて下さい。1巻で完結してるので読み易いですよ!


ももんち (ビッグコミックススペシャル)

ももんち (ビッグコミックススペシャル)



きみといると

高画質版はこちら


これも衝動買い。なんか表紙の柔らかさに惹かれました。

読んでみて、買って良かったなと思いました。これも面白い!男子高校生と女子高校生の恋物語なんですが、一切リア充とかじゃなくて、2人とも何ていうか、中学生の様な心境でドキドキしながら毎日過ごしてるんですよ。俺らがもうとうの昔に忘れてしまった異性を意識する感覚とか、メールを異性に送るドキドキした感じとか、そういうのを鮮明に描いてて実にニヤニヤしてしまう漫画です。コミックハイだって言うからちょっと不安はあったけど、予想以上に面白い作品でした。これは続きますが、つい最近1巻出たばかりなので、興味ある人は是非。


きみといると 1 (アクションコミックス)

きみといると 1 (アクションコミックス)


なかなかいい買い物をしました。これだけ買って帰宅。



けいきゅう!

竹ノ塚で降りた後に見つけたラッピング広告。他社路線にまで武力介入するとか、けいきゅう!強気過ぎだろ常識的に考えて…。



YJ

高画質版はこちら


毎週のお楽しみのYJです。こういうグラビアを切ってくれて一向に構わないから値段を下げて欲しい。昔は280円がデフォで、ピンナップとかが付くと300円だったのに、今は320円がデフォになってる。相変わらずノノノノが面白いです。


帰宅したらgdgdしてハルヒけいおん!を鑑賞。ハルヒは憂鬱が終わって退屈になりましたね。今後の展開に期待。けいおん!はもうクリスマスで、お正月で、来週はもうあずにゃんの出番か。早いものだ。


けいおん!の実況スレで見つけた画像を貼ってお別れです。


わっしょい!

これは不覚にもワロタwwwwww



唯かわいいよ唯

高画質版はこちら