神イベント告知!!


敬愛するゆかりんが司会をする神イベントについての告知です。


※当日が来るまでこの記事が常にトップになるので、それ以前の更新はこの記事の 下をご覧下さいませ。



僕ももちろん参戦しますし、友人らも多数参加します。
今の所、C毛、ODEN、Suigin、marty、まくまくさんなどが参戦する予定です。防人3号とかも来ると思う。米澤も来ればいいと思う。みんな来れば良いと思う。リア友でこのイベントに参加意思のある方は是非僕までご一報下さい。




以下、明治大学HPより引用。




明治大学国際日本学部では2009年5月9日(土)に、フランスのみならず世界を代表するマンガ家であるメビウス(本名:ジャン・ジロー)氏を日本にお招きし、駿河台校舎アカデミーコモン3Fのアカデミーホールにて、京都精華大学と共同でシンポジウムを開催することになりました。

1960年代半ば、『ブルーベリー中尉』で人気作家となったメビウス氏は、1975年、いまや伝説となったSFマンガ誌『メタル・ユルラン』を仲間とともに創刊。独特な絵柄と世界観を持ったSF作品を次々に発表し、その衝撃的な作品は、現在に至るまで世界中のアーティストに強い影響を与え続けてきました。日本でも、メビウスから影響を受けた作家として、手塚治虫宮崎駿大友克洋谷口ジロー松本大洋寺田克也…といった作家たちの名前があげられ、彼らはみな、メビウスに敬意を表してきています。またメビウスは、ハリウッド映画ともかかわりが深く、映画『ブレードランナー』にも間接的に影響を与えたといわれ、『エイリアン』『トロン』『フィフス・エレメント』といった作品には、実際にコンセプチュアルデザイナーとして参加しています。

そのメビウス氏を日本に迎えて、5月9日(土)駿河台校舎のアカデミーホールで、『PLUTO』『20世紀少年』などで知られるマンガ家の浦沢直樹さん、マンガコラムニストで学習院大学大学院教授でもある夏目房之介さんとともに、下記のような大々的なシンポジウムが開かれます。日本のマンガとヨーロッパのマンガの影響関係を考える貴重な機会になると思います。この歴史的なイベントにぜひご参加ください。


                    記

【日 時】  2009年5月9日(土) 13時30分〜16時00分 (12時30分開場)

【場 所】  明治大学駿河台校舎アカデミーコモン3F アカデミーホール

【定 員】  1050名(先着順・入場無料)
       ※入場希望者多数の場合は、整理券を配布させていただきます。
        定員を超える場合は、誠に申しわけありませんが、入場をお断りさ
        せていただく場合があります。

【出演者】  メビウス×浦沢直樹+夏目房之介
        司会:藤本由香里

【内 容】  *シンポジウム「メビウス ∞ 描線がつなぐヨーロッパと日本」

         メビウス×浦沢直樹+夏目房之介 
         司会:藤本由香里
                 
           ・メビウス氏の人と作品(ビデオクリップ)
           ・メビウス氏、自作を語る
           ・メビウス氏、日本マンガを語る
           ・それぞれのメビウス体験
           ・日本マンガの中のメビウス
           ・ヨーロッパのマンガと日本マンガ   ………etc.


        *メビウス氏によるライブ・アート・パフォーマンス

【主 催】  明治大学国際日本学部 

【協 力】  メビウスプロダクション(公式HP:http://www.moebius.fr/
        在日フランス大使館
     
                                            以 上