Qualia発行!!

学院で行われてるSCP(Student Company Program)の今年の発行物「Qualia」が出来たらしいので、その運搬に行ってきました。去年はなかったけど、だいたい毎年、DSと言う上野にある印刷会社さんから学院まで運んでます。今年の会社名は「Clickey」だそうです。何ともハキハキした感じがします。詳しくは公式HPに情報が載っていますので、こちらを参照して下さい。


SCPと言うのは、自由な時間が有り余ってる学院生が、会社を作って利益を上げてしまおう!と言う非常に画期的、かつ先進的な企画です。ここ数年は新聞社SCPとして出版を手掛けてて、某大手新聞社様が協力して下さっています。僕は3年生の時にその社長職を務めていました。その時は「Primary Wave」と言う会社で「Antenna」と言う発行物を作り、きちんと利益も上げられました。ここを見てる人で、かつて一緒に働いてた人もいます。


そんな素晴らしい活動のお手伝いが出来れば、と言う訳で毎年運搬作業を手伝っています。現実問題として高校生は運転出来ない(まぁ18歳だから免許は取れるんだけど、SCPやりながら取れる訳がないので)ので、仕方ないんですね。M先生の車1台だけじゃ無理ですから。



快晴

前日は確か雨だったけど、見事に晴れました。よかった。これは日光街道国道4号線)に出る所。



家からDSまでのルートは日光街道をひたすら南下して、上野駅右折して、中央通りに出て、さらに右折で根津方面に行けば着きます。この根津駅に学院3年の時に何度通ったことか。僕は2年生の時も「Info Creators」と言う会社で「半熟卵」と言う受験情報誌を作ったので、正確にはその時にも何度も行きました。

学年末試験が終わり、そして総合選抜の発表があった2006年1月31日から3年生は実質的な春休みになるんですが、それから先卒業までの期間ずっと行ってました。と言うのも、その間が提出したデータの最終調整期間で、あらゆる修正を沢山入れなければならなかったからです。校正室に何時間も籠もってましたね。ああ懐かしい。


1月31日から春休み、と書きましたが、1月下旬に行われる学年末試験の結果如何で留年するかどうかが決まり、もし留年していたら職員会議で「こいつ留年です。」と報告がなされて、その後担任が20時か21時くらいに粛々と留年確定者に電話をすると言うイベントがありました。コレがある以上、安心して休んでられないのが留年の危機に立たされていた俺らです。「学院ちゃんねる」と言うダメ人間ばかりが集まる学院の掲示板では職員会議の当日、スネークが学院まで行って、「今職員会議が終わったぞ!これから各教員が電話行動に入る!!」などとレスしてたのを覚えてます。それを俺は家で見て、ガクブルしてましたよ。
結局、3年次には俺のクラスから留年生は出ませんでした。あまりに不安だったから、俺から偉大な担任であるM先生(さっき上に出て来たM先生とは異なります。)の携帯に電話して「俺大丈夫でしたか!?」って聞いたのを今でも覚えています。総合選抜で政経決まってるのに成績で留年して卒業出来ずアウトなんて冗談じゃないっすからね。ならもっと安心出来るくらい勉強しろよと言われそうですが、ギリギリで何とかするのがプロなんです。


そうそう、俺らSCPメンバーの3年生がよく春休みに根津に集まっていた、と言う話でした。当時の面子はYutaka、俺、W、I、Kが主流だったかな。とにかく時間が惜しかったので、朝9時には根津に集合を掛けてました。これを俗に「9時コロ」と言ったものです。根津には「カフェ コロラド」と言う非常にイカすコーヒー屋さんがありまして、そこに9時に集まるようにしてました。まぁ当然集まらない訳ですがね^^9時コロが10時コロになることがほとんどでした。ああ懐かしい。
俺は根津へは竹ノ塚〜北千住〜根津で乗り換え1回で簡単に行けます。Yutakaは自転車でも来れる程の距離でした。ああ懐かしい。



そんな思い出が詰まった根津のDSに行くために日光街道を走ってたら、とんでもない物が目に入って来ました。そう、キャベツです。



キャベツ

フィーナ姫wwwwwwww何やってるんすかwwwwwwwwwwwwwwwww


いやぁ驚きましたね。ついこの前、徹夜明けで朝帰りをした時に中学校付近で地元で初めて痛車を見たと思ったら、また地元で見ちゃいましたよ。あからさまに運転席から撮るとアレなので、体を思いっきりグイっとくねらせて、運転席の後ろから窓越しに撮りました。かなりキツかったけど、それなりにちゃんと撮れてます。美しいフィーナ姫です。


まぁ冷静に考えてこの痛車はアキバに向かってるんでしょう。竹ノ塚から上野までずっと一緒に走ってました。俺は上野で右に曲がっちゃったけど、フィーナ姫は直進しておられました。おそらく、アキバに降臨された事でしょう。一人でテンション高まって運転してました。



到着したら、愛用したサンクスの裏に駐車し、現役学院生とM先生にご挨拶。



Qualia

印刷所から出て来たQualiaです。2万5千部も刷ったらしい。すげぇ!って思ったけど、俺らも同じ部数だったwww



タブロイド

紙が一番高いのに、なかなか良い紙使ってた。


これ、どう見ても普通に大人が作ってるタブロイド誌のレベルだよなぁ。これを高校生が自分達だけでイラレ使いこなして作っちゃうんだから凄いわ。年々レベルが上がっていてインフレ状態なのが怖い。もしこの技術がキチンと継承されていたとしたら、来年とかどうなっちゃうの?って思います。


あと驚いたのが、今年は女性の方が担当してくれてた?みたいな感じだったこと。俺らの時は男性の社員さんばっかりだったので、驚きました。女性の社員さんはみんな下の階でイラレ作業に没頭しまくってたからなぁ。この上の階下の階ってので面白いのがあるんですが、上の校正室で新聞などの各記事の記者さんが校正を練ります。そしてその結果出来た原稿を、その辺にあるバケツみたいなのに入れるんですね。そうすると、それが下にツーっと降りて行って、下の階の人の手に渡り、修正される仕組みになってるんです。デジタル全盛のこの時代、なかなかにアナログなものです。これはまぁ俺らがやってた3年前の事なので、今はどうなってるか不明です。この印刷会社には色んなマイナー新聞があって面白かったです。自衛隊の広報誌とか、業界向けの新聞とか、こんなのあるんだwwwwwwwってのばっかりでしたよw



積載作業

これが結構大変。重いし、上手く積まないと崩れてしまう。ちなみに車は同種。Wishです。



積載完了

この時点でも全部積みきれてなかったんだけど、後からKくんが川口から来てくれるとのことで、1/3くらいはそのまま印刷所に残しておいた。



記念撮影

俺も入れてもらいました。毎年発行日にDS前で写すのが定例になってますな。


このメンバーの中に、俺と同じ代に卒業したC組のtanyokuの弟がいたんですよ。この前大学での企業説明会でtanyokuに会った時に「弟が学院でSCPやってるよ」って聞いたから、メンバーに尋ねてみたら、張本人がいました。「兄貴何やってるのか分からないっす!」って言ってたあたり、コミュニケーションが取れてないことが伺えるw

tanyokuのケースみたいに兄弟で学院ってのはなかなか多いもんです。俺の知ってるだけで20組くらいはいる。深海魚もそうだし、うちのクラスでラクロスやってた人もそうだし、tanyokuと苗字が同じ俺のクラスの奴もそうだし、そうそう、某Iくんの弟もSCPやってました。あれがIの弟か!と見入ってしまいましたよ。とにかくまぁ、沢山います。まぁ現段階までは学院はいい学校だから仕方ないね。中学出来たらどうなるか保障はありません。

こういう学院生との触れ合いが、何とも楽しかったです。同窓会wktk!



俺らの時の記念撮影

左から、W、I、俺、Yutaka。当時の俺は茶髪で長髪でした。ああ気持ち悪い。



運搬開始!

DSから学院までのルートは、春日通りを通って音羽通りを抜けて、新目白通りに行って、そこから新青梅街道と言うルートで行きました。途中ちょっと迷ったのは先行してた先生のせい^^



都立竹早高校

春日通り沿いにある都立竹早高校で卒業式やってた。ここに友達通ってたし、隣にある学芸大付属竹早中学には知り合いが何人もいたから、凄い親近感がある。俺が中学時代に駿台通ってた時に、そこから来てる友達がいっぱいいた。みんなあまりにも勉強が出来てほんっと凄かった。付属なのに中学時代に高校行くために勉強しなくちゃいけなくて、さらに高校入ってからも東大に行くために勉強しなくちゃいけないような環境にいる人達だった。みんな東大に受かったのかなぁ。
学大付属竹早関連では、一昨年の夏に取ってたオープン科目の「人口流動からみた東京大都市圏」って言う授業に行った際に、そこ出身の人と偶然知り合って、ちょwww順也知ってるよ!!!とかかなり懐かしい話をしたのを覚えています。久し振りに会ってみたいなー。

ちなみにここは、この前事件が起きて未だ解決してない中央大学理工学部のちょっと先です。



護国寺

春日通りを護国寺に向かって左折。ここまで来る間に大塚とかその辺を通ったんだけど、そこらへんのマンションの再開発が凄かった。あんなとこ通ったことなかったから感動しましたわ。


この護国寺の交差点を左折すると音羽通りってのに出るんだけど、そこに講談社があった。何か古めかしい建築だなーって思ったら講談社だった。あれはかっこ良過ぎる。走ってたから撮れなかったけど、今度是非歩きで行きたい。早稲田からすぐだから、授業始まったら撮りに行こうっと。


江戸川公園

そんで、その音羽通りをまっすぐ行くと、ここの江戸川橋に出るんですよ。びっくらこいた。KING RECORDにまた来ちゃいました。奈々さん歩いてないか探しちゃったよ><


そんで右折で早稲田へ。さらに先に行って高田馬場へ。そんでもって新目白で、新青梅で学院着。



!?

途中、どうしようもない車を見つけた。



学院

中等部建設工事中のため、西門から入ってこの狭い道を通った。喜山に行くあの直線。



駐車

104の横付近に停車。縦列駐車の練習になった気がする。



憩いの小径

キリンがいませんが、ここは良い所です。



搬入作業

104教室に横付けして、搬入作業。窓から入れないとキツい。上の大教室ではグリーが練習してた。



ぐちゃぐちゃ

俺の運転が悪いんじゃないです。積み方が悪かったんです。



完了

104懐かしすぎる><ここに何時間居ただろうなぁ。学院時代はここと共に過ごしたと言っても過言ではない。



カレー

学食は本当に、落胆するってレベルじゃないくらいレベルが落ちた。元々レベルは高くなかったけど、喜山にあった「温もり」が今の学食からは感じられない。俺の肉丼を、俺の学ランを、俺の日替わらないランチを、俺のホイコーロ丼を、俺のマーボラーメンを返してくれ!!!



今日はこれから会社説明会。予め車にはスーツ一式と就活道具を積んでいました。飯を食ってから車で着替えて、その足で上石神井へ。車は学院に置かせて頂きました。


石神井

卒業してから何度も来てるけど、やっぱ懐かしいなぁ。



作業車両

レールの検査をする作業車両だと思うけど、動いてた。初めて動いてるの見たな。



西武線で馬場へ。馬場からは山手線。


山手線

渋谷方面へ。



銀座線

浅草方面へ。



外苑前で下車

伊藤忠商事さんです。



ここで入場待ち列に並んでたら、たまたま隣の人の学生証がチラっと見えたんですよ。入場の時に学生証の提示が必要なので用意してたんですね。そしたら、早稲田だったんです。これは話し掛けるしかないじゃないですか。そんで話してみたら法学部でした。んで、俺は政経で学院生である事を申し出ると、彼は学院じゃなかったけど、学院生の知り合いは沢山いるって事なので、俺は「法学部の知り合いを学院生かどうかじゃなく全員」挙げてみると言い、挙げだしました。そして、ごろーちゃんだとか深海魚だとか北京だとかいろいろ言ったけどスルーされて、はにゅうもスルーされました。そんで一人、凄いイケメン野郎の名前を挙げたら「あ、そいつ同じサークル!」との反応が。するってぇと、はにゅうとも同じサークルってことになる。そんでもっかい聞いてみたら、やっぱしはにゅうの事を知ってました。学院生だけを挙げてると思ったらしく、同姓同名だな、と思ってスルーしてしまったみたい。

そっから先はもう話弾む弾む。初対面なのに、はにゅうが互いに色々情報を提供してたから、「ああ、あの!!」ってのがあって面白かった。俺ははにゅうをその世界に引き込むキッカケを作った人間として、2年の春から伝えられてたらしい。「やっと見つけた!」ってC.C.っぽいセリフも言ってくれました。俺もその人の事を幾許かはにゅうから聞いてたので、話が合った。きちんとメアドも交換して、今度3人で会う事にしました。wktk

ちなみにその子の出身は、にんにんやmartyと同じ静岡県で、彼は野球部だったらしいんだけど、にんにんの高校のライバル校だったみたい。これはにんにんとも話が合うフラグ。

世の中、どこで何がどう繋がってるか、分かったもんじゃないですね。これだから面白い。すげー楽しかったっす。


説明会は各カンパニーのプレゼンを聞くに留まりました。商社面白そうだ。



らき☆すた

伊藤忠ビルの地下1階にあるファミマにらき☆すたの武道館ライブイベ告知がwこれ「アニメ史に残る伝説のライブになる!」とか言ってるけど、絶対そんなの有り得ないと思う。何か本当に凄いサプライズをするなら有り得ない事も無いかもしれないけど、多分ないだろうなぁ。もしかしたらBlu-rayで買うかも。行くほどらき☆すたには熱くありません。キャラソンとかつかさの寝逃げでリセットしか知らないし。



ガンダム00 2期2クール目ED

この歌大好きです。ハッハッハッがいい味出してる。



このファミマで、昨日当選通知が来た弦奏のチケを発券しました。同じチケットを6枚も発券するスーツの学生とか、あまりに浮き過ぎでしたわ。お金も凄い掛かったし。参加する人はなるべく早くチケ代払って下しあ><


発券した結果、座席はみんな2階席でした。まぁA席だから仕方ないね。


この場を借りて、再びチケット確保にご協力頂いた皆様に厚く御礼申し上げます。ありがとうございました。



帰りは同じルートで上石神井へ。


石神井 北口

いい感じの空ですね。



学院に帰ったら、まだSCPの作業やってた。まぁ当然か。これからQualiaを全国に配送しなきゃいけないので、その作業に追われてた。問題は今年は包装がされてないこと。そのままタブロイドなので、配送先ごとに自分らで梱包しなおさないといけない。これは相当めんどくさいだろうなぁと思った。何でDSやってくれなかったんだろう。


活動中に悪いけど、俺は先に失礼させて頂きました。



学院から家に帰るには、いつもは新青梅街道を野方消防署まで行って、そこの丸山陸橋を左折して環七に入って、そのままーって感じで帰ります。いっつもこれです。楽だし、分かり易いし、そんなに時間は掛からないから。この前martyん家に行った時もこのルートだった。


しかし、毎回毎回同じルートじゃ飽きますよね常識的に考えて。なので今回は、大泉から外環で帰るルートにしてみました。外環が早いかどうかの見極め。



まず学院の横にある細めの道路を大泉方面へ。大泉学園駅にぶつかる手前で左折して、線路の下を潜らないと行けないのに、そのまま駅のロータリーに入ってしまい、時間ロスorz戻って正規ルートに入って直進、右折してからまっすぐでもう外環の入り口。東京外環自動車道はまだ「環」になってないので、大泉が一番端っこの始点になってます。


ここから外環に乗って、一気に草加まで。



外環 草加出口

草加で降りれば、そこはもう日光街道なので、そのまま上って行けばすぐに家。



結論から言うと、変わらなかった。むしろ外環の方が時間掛かっている感じ。外環ルートで全部で50分掛かったんだけど、高速はそれなりのスピード出してたし、渋滞もしてなかったから、あれで50分ならばやはり距離が掛かってしまっているんだと思う。下道ルートでも渋滞さえなければ1時間ちょいくらいで行けるから、安全性や費用面から見ても、やっぱ環七で行った方が良いという結論が出ました。まぁ、まさに誰得情報。


そんな感じで1日朝から晩まで動いてました。DSは10時45分集合だったし、最後家に着いたのは20時くらいだった。なかなか疲れた。


来年もSCPがあれば、進んで運搬作業を手伝ってあげたいと思っていますが、いよいよ来年になると知り合いがいなくなります。今年も本来であれば知り合いはいないはずなんですけど、留学で1名、留年で1名まだ知り合いがいましたw俺が今3年だから、順調に進級してれば俺が学院3年の時の1年は、もう大学1年になってるはずなんですよね。

いよいよ知り合いがいなくなると、顔を出し難くなりますな。


次のSCPイベントは、3月14日の株主総会です。これがSCPの総括であり、メインイベント。財界の有力者や著名人やらが会場に集まって下さって、高校生の活動を聞いて下さいます。もちろんコメントも頂けます。会場は日本IBMの本社だし、なかなかに緊張しますよあれは。そう、思わず制限時間を忘れてしまうくらい。俺の年はWくんが非常にテンパってしまいました。ああ懐かしい。


さて問題は、3月14日には大学に行かねばならなかった、と言う事です。学生証裏の交付とか科目登録資料とか受取どうしよう><



今日の運転行程

竹ノ塚から時計回りで東京の外をぐるっと周った感じでした。