人を呪わば説明会2つ、いっぺん死んでみる?

朝7時40分くらいに和敬塾から帰宅。上りの電車にはこれから通勤・通学の方々が。何か朝帰りを謝りたくなった。家帰ったら即就寝。11時くらいに起きて、六本木に説明会に行きました。めっちゃ眠かった。



ヒル

YUTAKAに釣られた森ビルに。



今回は前回の説明会とは違ってアカデミーヒルズの方でやった。前回と同じ正面入り口から入ってる奴が沢山いてワロタwwwアカデミーヒルズへはYUTAKAが代表やってた怪しい団体のプレゼンテーション以来。あれは2006年9月17日だったから3年近く前か。だいぶ前だなぁ。


アート

例のThe Moon Cafeだった所の向かいくらいにあった。視力検査の奴。よく見たら森美術館でやってる展示の広告か。現代アートかなぁ。



東京タワー

ヒルズで東京タワー見たら、とりあえずうp



会場へ

上に行くのに1度下に下りないと行けないシステム。


会場に到着してもまだ始まるまで時間があった。そしたら人事の人が窓から外を眺めてもいいですよー!とアナウンスしてくれた。何と言う俺ホイホイ。俺はデジカメを持って窓際へ。「写真撮ってもいいですか?」って聞いたら「もちろんです。」「デジカメ持ってる方はどんどん撮影しちゃってくださいねー!」と。そこまで言われても席を立つ学生少なかったなぁ。なんでだろ。ヒルズからの眺めなんて早々タダで拝めるもんじゃないし、最高に(*´Д`)ハァハァするのになぁ。もったいない。
まぁ、みんなが座ってる正面に窓があるから、みんなに晒されるんだけど、それが嫌なのかな。俺は気にしなかったお!(`・ω・´)



東京ミッドタウン

これだけでも相当キてる。昇天しそうマジで。


俺が興味津々に見てると、人事の人が「どこにどんなビルがあるか分かりますか?」って話し掛けて来た。「それだけが取り柄です!」と返しました。それでもどれが何だとか、あれがあれだとか、ここは海抜が高いとか、いろいろソレっぽい話題で盛り上がりました。楽しかった。



より鮮明に

左端に写ってる塔は防衛庁の塔です。市ヶ谷にあるやつ。だからその奥は早稲田がある。目を凝らせば大隈タワーくらい見えたかも知れないけど、そんな事気にする余裕もないくらいミッドタウン付近の素晴らしさに見惚れてた。



富士フィルム

森ビルの次に行く富士フィルム。愛用の富士フィルム製F700で撮影。





ノースタワーの方。高い。流石40階。



東京タワー

上から見た方が綺麗に見える。これは夜綺麗だろうなぁと思った。



新宿

高層ビル群萌えるわー。とんがりはドコモで、右の四角いのが伊藤忠。手に取るように分かると楽しい。



その辺

六本木から歩いて行ける範囲。青山霊園とか国立新美術館とか。ヘリポートは知らなかった。あのトンネルの上付近にヘリポートがあるなんて知らなかったぜ。青山霊園の横には芸能人さんがよく使うと言うデニーズがあります。見えないけど。


六本木から渋谷はこの前歩いてみて歩けるって分かったし、こっち方面、つまり青山霊園抜けて外苑前や青山一丁目に行ける事も分かってる。そこまで行けたら表参道や渋谷、原宿まで歩ける。この辺はみんな徒歩圏内なんだなーと上から見て実感しました。流石に新宿とかは頑張らないと無理だけど、無理すればやっぱ山手線圏内は歩けるなw



説明会は主に映像で行われました。森ビルの歴史とか、会社の紹介とか。社員さんがハンディカムで社内を歩いて社員さんにインタビューしてるのが面白かった。


13時30分〜15時00分までが森ビルの説明会でした。そんでもって今度は15時30分〜18時00分までフジフィルムの説明会。急いでミッドタウンへ。



富士フィルム

もう何度も遊びで来てる場所。今回はいつもと入る場所が違います。



ミッドタウンウエス

スクエアからではなく、会社の正面入口から。富士ゼロックスと同じ玄関だった。某友人の親父さんがここで働いてる。



説明会は懇談会とかもあって全部で2時間半。正直疲れた。ESの締め切りが3回あるけど、1回目に出してくれた方が印象が良いですよねって言っててワロタwww



写真展

俺が毎回行くたびにブログで激推ししてるフジフィルムスクエアの写真展。もちろん今日も行って来た。世界遺産特集だったけど、今回も美し過ぎました。入場無料であれだけのクオリティの物が見れるのはホント凄いので、是非六本木付近で時間があったりしたら寄って見て下さい。



説明会終了後はスクエアで写真展を堪能して、雨が降ってたのでミッドタウンの地下からそのまま日比谷線の駅まで歩いた。結構距離あるけど全部地下で繋がってるから嬉しい。


ミッドタウン

途中にあったロゴ。かっけぇ。実にスマート。(*´Д`)ハァハァ



後は日比谷線で帰るだけ。六本木からなら割と日比谷線の端っこなので比較的空いてる。中目黒→恵比寿→広尾→六本木かな。だから座れた。竹ノ塚まで快眠コース。まぁ説明会でも爆睡してたんですけどね。



徹夜で少ししか寝てないのに説明会2つで死ぬかと思いました。森ビルはエントリー出来なくなるから切れなかったし、富士フィルムは行った事なかったから切れなかったし、森ビル行くならついでに行けるし、まぁ大変だったな。まさに閻魔あいに「いっぺん死んでみる?」と言われてるような。でも俺なんかがそんなこと言ったらもっと就活頑張ってる人に失礼ですよね。すみません。


久々に地獄少女の話題を出したので、昔地獄少女にハマってた時にアニメの能登ヴォイスから文字起こししたファイルを探してみました。「地獄 .txt」で検索したら1発で出て来てワロタwwwww


受け取りなさい。
あなたが本当に恨みを晴らしたいと思うなら、この赤い糸を解けばいい。
糸を解けば、私と正式に契約を交わしたことになる。
恨みの相手は、速やかに地獄へ流されるわ。
ただし、恨みを晴らしたらあなた自身にも代償を支払ってもらう。
人を呪わば穴(コッポラ)二つ。
契約を交わしたら、あなたの魂も地獄へ落ちる。
極楽浄土へは行けず、痛みと苦しみを味わいながら永遠に彷徨う事になるわ。
死んだ後の話だけど。
あとは、あなたが決めることよ。



闇に惑いし哀れな影よ
人を傷つけ貶めて
罪に溺れし業の魂
いっぺん死んでみる?

1期の頃だから、2005年10月〜2006年4月の間に見てた。もう3年も前かー。懐かしいなぁ。地獄少女vs地獄少年の話がカオス過ぎて面白かった。当時は能登のあのたまらん閻魔あいヴォイスと、EDの「かりぬい」って言う和製ホラーアニソンにハマってました。2期の二籠もチラチラみてたけど、全部は見てない。今やってる3期もたまにしか見てない。そろそろネタ尽きるだろアレwただ、3期の三鼎の何話かであった実写を使って地獄に流される話は意外性があって面白かったな。

まぁ何と言っても地獄少女の魅力は、毎回オムニバス形式で出てくる「流す人」「流される人」ですよ。毎回違う人だから、毎回有名な声優さんがゲストっぽい感じでやるんです。ウィキで見てみれば分かるけど、ホント1期から3期まで豪華な声優さんばっかり。あれは聞いてるだけで楽しくなって来ますよ。


地獄少女の宣伝はこのくらいに。何でも地獄少女はJCやJKに人気あるみたいです。放送時間も17時台とかだしな。MXで。日本の将来は安泰ですわ。



閻魔あいセリフ、改変版

受け取りなさい。
あなたが本当に流したいと思うなら、このwinnyにファイルをうpすればいい。
うpすれば、私と正式に契約を交わしたことになる。うpしたファイルは速やかにネット上へ流されるわ。
ただし、流したらあなた自身にも代償を支払ってもらう。
ファイル流せば、穴二つ。
うpをしたらあなたは逮捕される
極楽浄土へは行けず、事情聴取と裁判を味わいながら永遠に彷徨う事になるわ。
死んだ後の話だけど。


当時はwinnyが主流だったんだなぁ。今だとコレはshareになるのかな。全く、けしからん世の中ですわ。