ゆかりん飲み


久々にゆかりんと飲み会があった。定期的にやってるのが凄い。夕方からなので、それまで家でgdgdしてた。gdgdってか、まぁ寝てた。



17時50分に集合で、集まったのは俺とはにゅうとC毛とODEN。ゆかりんは仕事が押してて30分遅れ、長門さんもバイトが押してて30分遅れ。俺らだけで先に店に行って始めてることにした。


最初の乾杯は「阿部の会」結成1周年記念。Suiginがいないけれど、このメンバーは去年「肉だるま温泉」にてスキー&スノボ旅行をした面々でした。ODENとC毛とはにゅうはそれぞれ初対面だったけども、かなりあそこで仲良くなりましたね。それもやはり、夜の営みが非常に充実した旅行だったからでしょうなぁ。アッー!


18時30分過ぎ、まず長門さん到着。今日から新潟の山寺に籠もるらしく、その話を聞いたwその後ゆかりんを迎えに行きました。


乾杯後はもう早速話が盛り上がりましたよ。恋愛の話からBLの話、おっきしちゃう話まで、俺らが気になってるような話題は何から何まで話し尽くした気がします。ギアスとハルヒゆかりんが見終わったから、その話と、あと萩尾望都さん系の少女マンガの話をしよう!って話だったのに、だいぶ逸れた話ばっかりしてた気がする。

かしゆかりんも「目から鱗」な話がいっぱいあったみたいだし、何より笑ってばっかりで楽しそうだった。ODENの凄い話はホントに盛り上がった。あれは凄かった。はにゅうの話も面白かった。俺とC毛の話も沢山したし、長門さんが学生で唯一の女性と言うことで現代の女性が見る恋愛とかも色々語ってくれたし、ゆかりんはそれに対して歴史的な切り口からいろいろ教えてくれたし、実に勉強になりました。


18時から始めて、終わったのは23時15分くらい。それまでずーっと喋ってた。もちろん料理もお酒も頼んでるけど、たらふく食べて飲んだのに会計は一人2,500円。やっぱ月曜日の弁慶はうめぇwww


高田馬場駅で解散。長門さんは深夜バスに乗るために新宿へ。ゆかりん、はにゅうは帰宅で東西線。ODENも帰宅でJR。俺とC毛は飲み直す事にして馬場の街へ。また是非このメンバーで、あるいはもっと人を集めて飲もうと言って解散しました。やっぱゆかりんと飲むのは楽しいですわ。



とりあえずラーメンが食いたくなったのでラーメン屋を探した。まずは「やったる」だけど残念ながら閉店。次に「鷹虎」これも閉店。23時30分を過ぎるとどこもやってないのかなぁ。「純連」にも行ってみたけどやってなかった。純連の隣にある「ぼたん」って店がやってたのでそこに。



ぼたん

初めて来た。



とこんつ

すごく…美味しかったです…! 本場の味だった。また今度来ようっと。



食った後、飲み直す店を探す旅に。2人だと寂しいから急遽にんにんに声掛けたけども振られた。それならば防人3号とジンバだ!と言う事で電話してみたら、ホイホイ付いて来た。これだから早稲田住みの連中はありがたい。

最初HUB行ったけど1時までで、次に坐・和民行ったけど、まぁちょっと微妙で、結局「やったる」の通りの入り口の2階にある「MARUHACHI」と言うお店にした。初めて入った気がする。





今日はちょっと飲みすぎてる気がする。ゆかりんの時も結構飲んでしまってる。


最初にジンバが来て、次にESを郵便局に出した足で来た防人3号。4人でまた乾杯。このメンバはまぁ学院なんだけど、俺以外の3人が吹奏楽部で繋がってて、C毛と防人3号はクラスで繋がってて、なぜかジンバとODENが繋がってる。俺はどうにも繋がってないんだけど、まぁ学院生はみんな友達です!


ここでの飲み会のポイントは「焼き鳥盛り合わせ」と「出逢い」


焼き鳥盛り合わせは、ホント今となっては何が面白いのか分からないけど、口説き文句に「焼き鳥盛り合わせ」と言う言葉を入れることで非常に盛り上がってた。平日の深夜と言う事もあり他の客が少なかったのが唯一の救いだった。ダッチワイフに扮したジンバにC毛が「焼き鳥盛り合わせ」をポイントに口説くっていうプレイを楽しんでた。例によって動画での保存がありますので、ご所望の方はご連絡下さい。

就活の話もちらほらしました。4人中3人がしてるので自然と発生する話題。他の人がどう動いてるのかって結構気になるし、勉強になる。


他にはどんな話したかなぁ。ジンバブエドルが今どうなってるかとかか。ああそうだ、ロシアンルーレットやったんだった。何か寿司にわさびを1つだけ大量に入れられてるってのを頼めて、「何分の何で」とかお願いできるんすよ。だから、最初4分の1でやって一人脱落、次に3分の1でやってまた一人脱落、って感じで最後の一人になるまでやってました。
最初に俺が玉砕してホントに死に掛けて、次に防人3号が、次にC毛が。ジンバが優勝。決して誰も得しない遊びでした。



そんで次のポイント。出逢い。これはホントにびっくりした。この前おねヤマで新橋で飲んでた時にも隣の人との云々があったけど、今回もあったんですよ。今回はお隣さんが「マクロスがさー」とか「00がさー」とか「今敏やっぱいいよね!」とか「イノセンスが」とか「千年女優が」とか何とか、もう俺らに「話し掛けろ!」って言ってるかの様な話ばっかしてるんですよ。


こちらもそこまで聞いたら話し掛けない訳にはいかないんですけど、こうタイミングが掴めないからあっちが話した話題を持って来て、それについてこっちでも話すっていう、「俺らもヲタだよ!作戦」に出ました。もちろん大きな声で。そうすると、お互いに話し掛けはしないんだけども同じ話題を話していて、それがお互いに分かっている、と言う非常に気まずい状況になりました。これはヤバい。


これ以上続けるのは危険と判断して、相手方が「ホビージャパンマジやべぇ!」って言った所に俺がすかさず「いや、マジいいっすよね!」って話し掛けたら、見事にスルー…されたかの様な空気が漂ったんですが、3秒後くらいに「っすよねー!」って返してくれました。


そのお二方は片方が超イケメンで、まさかそんな話をするような方ではないと思ってたので、ホントに意外で、一体どんな人なのか気になってたのです。そんでキッカケが掴めたので、色々話しました。


まず、その前の会話である程度予想してましたが、そのお二方は「業界」の方でした。もちろんヲタ系の。某出版社の編集部さんでした。しかもしかも、俺がコミックスを毎巻楽しみに買って愛読してる作品に関わってる人でした。デザイナーとか。それ聴いた瞬間もう俺大興奮ですよ。「ちょwwwwじゃああの表紙も貴方がデザインしたんですかwwwwwww」とかね。表紙のデザインがどう決まるのか、とか作家さんとどう打ち合わせるのか、とか、いろいろ聞いちゃいました。そのデザイナーさんは俺が買ってる2作品のマンガの表紙をデザインしてる方でしたよ。こんな偶然ってあるんだなーとホントに出逢いって言葉を噛み締めました。

しかもあれですよ、その2作品のうち1つは俺が本気で「表紙買い」した作品でした。ここまで書くと特定されちゃいそうなので自重しますが、俺はまんまとそのデザイナーさんの罠に嵌まって買ってしまった訳ですよ。それを言ったら「マジで!?それは嬉しいwwwww」って言ってました。消費者の生の声ですよw


上に書いたのはイケメンさんの方で、もう片方の方は担当編集さんでした。とある雑誌の担当編集で、その雑誌に連載してる作品のデザインをイケメンさんが担ってるみたいです。編集さんの方は自分の担当が1つあるみたいなんですが、それは俺は買ってない奴でした。まぁ凄い有名な作品だったから知ってましたけどw編集さんには色々とその業界の事情を聞きました。締め切りを守るかとか守らないとかそういうコアな話を。アニメ化された場合に編集がどこまで関わるか、って話も聞きました。そういう話がだいぶ進んで、ふとしたキッカケで俺らが就活生だと分かると、もし何かあったら連絡を…と連絡先を教えてくれちゃいもしましたよ。これはホントに凄い事だぞ…!ただし、体壊すから辞めておいた方がいいよ、とも言われましたwww


俺らの方からも、どこでマンガを買ってるかとか、色々情報を提供したつもりですが、あっちから来る情報の新鮮さ、驚きなどに比べればホントに小さいものでした。


最後の方には作家さんの話になって、俺暇人だからよく漫画家さんとかのブログ覗いてるんですけど、その話題が通じました。その担当さんの隣のデスクの担当さんがその、俺が毎日読んでるブログを書いてる漫画家さんの担当だったりとか、イケメンデザイナーさんもその漫画家さんの表紙のデザインしてたりとか。その作家さんのコミケのサークルの名前まで担当さんは知ってましたよ。仕事だから、知りすぎと言うくらい知りすぎてるよwwwって言ってたのが印象的だった。しかし、どこで何が繋がるか何て分かったもんじゃないですね。


ホントに偶然で自分の興味ある話題、しかも俺が直接の消費者となってる作品の供給者さんに会えるなんて凄い体験でした。



朝5時になって店から出ました。最後まで丁寧に挨拶をしました。



その後俺らはジンバと防人3号の棲家である和敬塾に。C毛はもう行き慣れまくってるけど、俺は初めて。神田川沿いをずっと歩きました。



桜並木

全部桜。春になったら相当綺麗なんだろうなぁ。



胸突坂

リーガロイヤルの前あたりにあるこの胸突坂を上れば和敬塾



ミスター・モジャドー

この私、ミスター・モジャドーは君との果し合いを所望する!!!



結局6時くらいに着いたんだけど、俺はその日のお昼から会社説明会が入ってたのでそこで寝たら負けだと思い、帰宅しました。和敬塾は物心付いてから初めて行ったけど、実にいい環境だなぁって思いました。自然豊かだし、新しい寮も綺麗だし。前に、小さい頃に高橋広樹さんとか藤村俊二さんとかが出てた演劇を和敬塾に見に来た事があるんですけど、その時はね、まさかまた来るなどとは思わないし、周りの環境まで記憶に残ってませんでした。



塾内

実にさわやかな朝でした。



路地

こういう路地たまらないですよね。



胸突坂

上った時は真っ暗だったのに、もう夜が明けました。


和敬塾の出口までは防人3号が送ってくれた。C毛とジンバはジンバの部屋で同じ布団の中でアッー!



朝の大隈講堂

散歩してる人が結構いた。流石に冬なので、ぶっ倒れてる学生はいなかった。



南門商店街

CLANNAD聖地巡礼も忘れずに。これだけ人がいないのは初めてだ。



ミニミニ

朋也が部屋を探してたミニミニ。ミニミニって上石神井にもあって店頭で常にCD掛けてたから、学院生はみんな耳にタコが出来るくらいあのCMを聞いてると思う。



東西線

座れたけど、意外に混んでた。朝早い人もいるもんだよなぁ。思いっきり火曜日の朝。



東西線日比谷線東武線の全てを完全に寝てた。それでも竹ノ塚で降りられる俺クオリティ!



痛車

帰り、初めて地元で痛車を見た!!!!!これはちょうど俺の中学の前の通り。思わず追いかけて撮ってしまったぜ…!東方車だったな。これも出逢いになりますね。いつか、俺も…!



こんな感じで久々に酒でオールをしてしまいました。けれども、ホントにいい体験をした。ゆかりんもそうだし、デザイナーさん&編集さんもそうだし。実に充実した、いい夜を過ごせました。