茅原実里 radio minorhythm 公開録音


ずっと抱き枕の記事がトップにあって、どう見ても変態だったのでそろそろ更新します。最近ずっと引きこもってばっかでした。



渋谷 C.C.Lemonホール


去る2008年9月13日にみのりんのradio minorhythm公開録音に行って来ました。
今回載せている茅原実里さんの写真は、株式会社ランティスから許可を得て掲載しています。


今回の公開録音は無料招待制で、3000通の応募から抽選で選ばれた2000人が参加しました。会場は朝からグッズを買い求めるお客さん達で賑わっていて、運営側のグッズ販売捌きがイマイチだったとの報告がありましたが、先行販売で全て完売するほどの盛況振りでした。

ちなみに俺はその日、Suiginとたいやき氏とアキバで科目登録の相談をしてからの参戦でした。


14時に到着し、メールで送られて来た整理番号順に座席指定のチケットと交換する。この方法でやるのは俺は初めてだったけど、実にいいやり方だと思う。集合時間が14時と書かれているので皆(整理番号が遅い人も)14時に来てしまうのは難点だけど、先に交換して座席を前から与えていくことによって、まず空席が前方には皆無になるし、あったとしても後方だけになる。さらに入場する際に列を整理する必要がなく、どんどん入って行けること。これらのメリットがあるなと感じた。さらに言えば、グッズ販売をやってるから大抵のヲタは14時の集合時間よりも前に来ているので、ほぼ問題はない。あとはチケット引き換え後から開場までの待ち時間だけど、それは思い思いに潰してた。空の境界のエンディングクレジットにいつも出てて気になる塩とたばこの博物館が近くにあるし、NHKのスタジオパークも近くにある。知り合いがいればさらに暇つぶしも楽になるだろう。
俺は例の電撃15年祭の人がいたので、暇ではなかった。暇では。



開場は予定通り16時。開場前に当選メールをプリントアウトして来れなくてチケットを貰えず、スタッフに食い下がってる人がいたけど、他の人々は問題なく滞りなく入場。その人がどうなったかは不明だけど、あれほどファンクラブ側は当選メールのプリントアウトを持って来て下さいとメールくれてたのだから、入れなくても仕方ないと思う。イベント前日に「明日の持ち物リスト」をメールで送ってきてくれるファンクラブなんてそうそうないんじゃないかなwまるで小学校の先生みたいだなって思った。


俺の席は1階25列。既に2階席の下になってて、隣はPA・カメラ席だった。入場時にメール募集のチラシを貰ったので、そこにメールしてみた。上手く行けばこれからの公開録音でみのりんに読んでもらえるかも知れない。まぁ読まれなかったけど。


開始前、会場内を行脚する高校生の団体がいて目障りだった。「和田がいないから今日は俺の天下だ。」という発言が聞こえたとか聞こえなかったとか。新しいファン層が増えるのはいいことだけど、周囲に迷惑を掛けてはいけないと思います。他にも1人、公開録音の時もトークの時も終始青リウムをバルログして振ってる馬鹿がいた。あれはダメだろあれは…。どっちも後にスレでかなり叩かれてた。

スレと言えば、俺のプロバイダーが2chからアク禁食らったので最近みのりんスレに書き込めなくて凄い困ってる。携帯は不便orz


さてradio minorhythmの公開録音がスタート。このラジオの内容に関してはネタバレの関係上伏せますが、例によってみのりんが可愛かったです。気になる人はランティスのネットラジオで聞いてみて下さい。途中にみのりんの弾き語りとか、CDでは聞けないみのりんオリジナルの曲とか、レアな演奏が沢山ありましたよ。

写真だけうpしますね。


みのりんの部屋をイメージ

かなり凝った作りだった。



ギター

このギターで3曲ほどみのりんの弾き語りをやった。上手かった。



弾き語り

カラフライパンの唄と一等星と、あともう1曲忘れちゃった\(^o^)/



ふじおか

みなみけのふじおか、とみのりんの友達のムク。馬鹿野郎〜!って言ってくれた。



ブログ

ちょうどブログを始めて3年経った日だった。ブログを振り返るコーナー。


ダーツ

投げる前に「やっちゃうよ?」ってみのりんが言ってたので、俺が「よし、やっちまえ!!!」って言ってみたw



1時間くらいで公開録音は終了。これでイベントお終いかなと思ったら、サプライズでみのりんの記者会見が行われることに。



・アルバム「Parade」制作発表特報上映


製作発表会


舞台中央のスクリーンで、New Album「Parade」の製作発表特報が上映されました。公開録音終わった後にライブを期待してたんだけど、ステージ上に長机と椅子が用意されてちょっとガッカリ。だけどこの製作発表聞いたらそれが吹き飛びましたよホントに。
Contactから約1年、ついに2ndアルバムの発表です。



・アルバムテーマ曲「Voyager train」ミュージッククリップ上映


その後、Paradeのメインテーマに既に決まっている「Voyager train」のPVが上映されました。富士の麓みたいな荒野でみのりんが歌ってる映像。ちなみに「Voyager train」は「ボイジャートレイン」と読むそうです。ボヤージャーだと思ったけど、どうやらそれは英語読みではない模様。フラ語らしい。どうなんですかね、フランス語を6年間やってる人たち。
略し方に関しては「ボイトレ」「電車」など様々挙がっていますが、まだ未定です。




茅原実里、担当プロデューサー斎藤滋、入場。



みのりんが衣装を換えて登場。お世話になりまくっている斉藤Pが司会進行役で、今回のアルバムの制作に関してのトークをしていく感じ。斉藤Pを初めて生で見たけど、かなりの好青年と言う感じ。司会になるにあたっていい感じで緊張してる感じがヒシヒシと伝わって来ましたw




・アルバムのコンセプト、内容について


今回のアルバムと前回のアルバムの大きな違いは、みのりんが深く関わっていると言うコトらしい。前回のContactの時は、斉藤Pや菊田さんなどのスタッフがアルバムの世界観であるとか雰囲気、伝えたい事、表現方法などをミーティングして決定し、それをみのりんに表現してもらったという形式。それが今回は、コンセプトの段階から歌い手であるみのりんが積極的に関わっているとのこと。これはNew Singleの「雨上がりの花よ咲け」(通称甘酒)から始まったとのこと。それまでもみのりんは曲の製作に積極的に関わりたかったらしいんだけど、なかなか実際に出来るところまでは至らなかったらしい。




デザインプロデューサー小島冬樹、入場。


デザインプロデューサーの小島氏入場。CDのジャケとか、曲のイメージとかをデザインするお方。今回のParadeはみのりんが先頭を切って、ファンなり色々なものを引き連れていくというイメージらしいので、その辺りの制作秘話を語ってくれた。元々Paradeに決まる前は「Adventure」が有力だったとか、キービジュアル(Paradeのメインの写真)を撮る日は雨だったのにみのりんが来たら晴れたとか、機材の設置が大変だったとか、そういうお話。


キービジュアルの発表シーン


キービジュアル





・アルバムの仕様について



今度は発売されるアルバムの仕様について。例によって限定盤と通常盤(限定版といつも書いてたけど、CDに関しては盤が正しかったorz)が出るんだけど、その限定盤が「Dream Limited Edition」というモノで価格は3,800円。フォトブックも付いて、かなり豪華な仕様にすると言っていた。こんなに凄くてこの値段でいいのか!?と思うくらいだと言う。これは期待するしかない。で、問題なのが限定盤にしかない写真があるのはいいんだけど、通常盤にしかない写真も用意するとのこと。これは…!なんという2枚購入フラグ。シングルではなくアルバムでそれをやってくるとは…ランティスめ…分かっておるな。
通常盤は3,000円です。

一体どんな凄い仕様になってるのかが今からwktk。発売日は2009年11月26日です。




・作曲家 菊田大介氏、作詞家 畑 亜貴氏、入場。



これはキタ。まさかとは思ったけどこの2人が来るとは。菊田さんはみのりんの曲の作曲を担当してる人。初めて見たけど、こんな若い人だとは思わなかったwまだ20代くらいな感じで、控えめな印象。

それよりなにより驚いたのは、畑亜貴さんですよコレ。あの畑亜貴さんですよ。冒険でしょでしょ?ハレ晴レユカイGod knows...、各キャラソン灰羽のED、らき☆すたの曲、他のアニメの曲もすごい沢山手がけてて、また畑亜貴かよwwwwwって毎回思うくらいの凄い作詞家さんですよ。そのお方を生で見られるなんて…!感動した!正直感動した!!


今日のイベントのMVPは畑さんだったと思う。最初にランティスの偉い人から「過激な発言は慎むように」と2回も言われた、と言ってたんだけど、予想通り過激な発言ばかりだったwww男女の話とか、語っちゃいけないこととか、いろいろ危なすぎたw菊田さんは真面目に司会しようとしてるんだけど、畑さんがそれを邪魔してる感じ。だけど、畑さんの発言が毎回毎回面白いから、会場はそっちを受け入れてしまっているという感じ。



合間に語るみのりん


嬉しそう


トークではアルバムメインテーマ「Voyager train」について語ってた。いつも真剣に一生懸命作詞しているとのことで、作詞の話になると畑さんはかなり真面目になった。Paradeのメインテーマである電車はParadeの名の通り、先頭に立って列を引っ張っていく感じになるように書いたとのこと。作曲の菊田さんも、それに合わせてノリのいい感じの曲調にしたらしい。したらしい、と簡単に言ってしまうとアレだけど、このメロディが出来るまでには相当な苦労があったらしい。煮詰まりすぎて何も浮かばなくなった時に、なら逆に考えずにやってみようということで考え直して生まれたメロディだとのこと。


とにかく畑さんのトークが面白すぎたw

途中、なかなかみのりんに振られないなーと思ってたら、みのりんが泣いてたw畑さんたちが出てきた後、曲についてみんなが語ってたら、こんなにも大勢の人たちが力を合わせて曲を作ってくれているんだな、と改めて実感したらしく、感極まって泣いてしまったらしい。これを残念と言ってしまうと可哀想だけど、ちょっと残念だった。泣くとは思わなかった、と本人も。

一通り説明が終わった後で、斉藤Pが「アーティストにはCDを出したらやらなきゃいけないことが、もう1つあります。」と発言。これに会場はおおおお!と盛り上がる。


要は、ライブですよね。



・ツアー発表映像上映


またスクリーンでの映像。今度は日本地図が構築されていく動画。かなり凝ってた。それで会場ごとに紹介していく感じ。日本に留まらずに中国大陸も構築していった時にはホントびっくりした。


ツアー日程

2009年2月07日(土) 神奈川県:伊勢原市民文化会館
2009年2月08日(日)  愛知県 :愛知県芸術劇場
2009年2月15日(日)  東京都 :東京厚生年金会館大ホール
2009年2月21日(土)  福岡県 :Zepp Fukuoka
2009年2月22日(日)  広島県 :広島クラブクアトロ
2009年3月01日(日)  大阪府大阪厚生年金会館大ホール
2009年3月07日(土)  北海道 :札幌PENNY LANE 24
2009年3月14日(土)  新潟県 :新潟LOTS

+北京・上海・台湾でのライブに参加。

and more...



これは凄い。ライブハウスツアーから、ライブホールツアーに昇格!去年は東名阪だけだったけど、今回は他の都道府県にも飛んでます。これは盛り上がる!加えて中国でもやるとか凄いわ。マジで。感動した。

俺は今のところ東京と神奈川に参戦確実、名古屋をどうするか検討中。もし追加公演がなかったら、ラストの新潟も検討。って感じ。まぁ追加公演はあるだろうから、その最終公演を東京のどこかか、あるいは地元の宇都宮あたりでやるのかな、という感じ。それだったらそっちに行く。


ここでみのりんバンドのバンドマスター須藤さんが入場。最後のゲスト。今回のツアーの大きさ、それに対する意気込みなどを語ってくれた。この須藤さん、かなりいい人で、去年のツアーの時もファンサービスが凄いよかったし、紳士的だった。みのりんのこともちゃんと「分かってる」様で、扱いが上手いと言っちゃアレだけど、みのりんがやりやすいように、彼女の力を発揮できるようにツアーに向けて準備してくれることだろう。

とにかくライブに向けてwktkが止まらない。


その後質疑応答。


今度のアルバムに「カラフライパンの唄」と「一等星」は入るのか?アルバムは全部で何曲か?ライブもParadeっぽくやるのか?などの質問が飛び交った。カラフライパンの唄はみのりんが「入れちゃいますかぁ〜?」とか言ってたwまぁアルバムには無理だろうけど、FC限定で通販とかなら有り得るかも?アルバムは13曲?だったかな。確かではないがContactよりは多くなること確実。ライブをParadeっぽくってのは斉藤Pも予想外だったらしく、これから検討とのこと。みのりんが「凄いこと考えちゃった!」とか言い出して、ライブの会場から会場へみんなでParade出来たら楽しいね!!とか。ああなんという残念な…!だがそれがいい



最後にアルバムメインテーマ「Voyager train」のライブ


ライブ


その2


まず、みんなサイリウム持って来すぎwwwww公開録音だから持って来てない人多いだろうと思ったのに、みんなライブ期待してたんだなwww俺ももちろん持って来てた。青2本のUO4本のUW6本。これだけ準備したけど、結局やったのは電車1曲だったから、まぁUO2本で済みました。


電車はもちろん初公開。全世界で一番早くファンに披露された訳です。なのに、なのに、みんな掛け声が合いすぎて困る。これはもうモーヲタみたいになってしまうんではないかというくらいの合い様。みーのりん!ヲォイ!のPPPHも完璧だったし、なんていうか、もう、こいつらキモ過ぎるわ。もちろん悪い意味で。楽しすぎる。面白すぎる。これだからみのりんのライブはたまらんわ。

電車の曲は、今までのみのりんの曲とかなり違ってて驚いた。いつもと同じ作詞作曲だったから、似てる様な感じになるのかなーと思ったら、ところがどっこい、かなりいい曲に仕上がってました。発売をお楽しみに!!!


お別れ

アンコールはなく、終了。


終わった後、会場を出て、一緒に来てた人と話して帰路へ。何でも今日は代々木体育館でアヴリルのライブやってたらしくて、原宿駅から帰ろうとした人たちはアヴリル厨に混ざっちゃって大変だったらしい。渋谷から帰った俺は勝ち組。


帰路の途中、まくまくさんからお夕飯一緒にどう?とお誘いのメール。イベントでかなりノリの良かった俺は即諾で、北千住まで来てたけど反対側の電車に乗って清澄白川までバック。帰り道は渋谷から半蔵門線で一気に西新井まで来るルートなので超楽。

清澄白川から森下の中華料理屋さんに行って夕飯。Blu-rayの話とか、近況とか、かなり楽しく過ごせた。こういうのもいいな、やっぱ。



という感じで久々にブログを書いてみました。また大学が始まれば、書く機会が増えると思います。では。