この街の、願いが叶う場所。


どうも、にわか鉄ヲタの団長です。電車に乗って知らない所へ行くのが大好きです。探さないで下さい。


今日は学院時代の友人のお見舞いに行って来た。学院時代の、っていうことは、今は大学にいない人です。学院生が大学に来ない理由は主に2つ。どこかに消えるか、医大に行くか。前者は所謂アキバ2.0症候群と呼ばれるもので、自然とどこかに消えてしまいます。後者は必ずしも医大ではないんだけど、早稲田にない学部、もしくは早稲田以外に行きたい大学がある人です。今回は後者の人です。

その友人は医者になるための猛勉強をしていたにもかかわらず、厄介な目の病気にかかってしまい未だ受験出来ずに、苦悩の日々を過ごしていたとのことでした。全く、世の中は不公平だと思う。たいして勉強もしないような奴らが健康で平和に毎日過ごしてて、勉強したい人が出来ないでいる。こういうケースを目の当たりにするたびに、健康に生活を送れて勉強できる機会まで設けられている俺らは、しっかり勉強しなくちゃいけないなって思う。


上の写真にあるように、湘南新宿ラインで向かいました。人生で2度目くらいの乗車。非常にwktk


宇都宮線

JR宇都宮線。栃木まで連行されるとは、なかなかの列車である。



行き先

古河駅
どうみても「ふるかわ」です。本当にありがとうございました。CLANNAD絶賛放送中のこのご時世、誰がこの駅を「こが」駅だと思おう。


「こが」駅

という訳で古河駅まで来ました。新宿から湘南新宿ラインで1時間15分くらい。かなり遠い^^でも池袋で座れたから、比較的楽に着けた。古河は茨城県にあって、埼玉の県境な感じの街。国道4号線とかが走ってる。車で来るなら東北自動車道

こんなトコ、よほどのことがない限り2度と来ないんじゃないかとも思ってたから、それに初めて行く場所だったから、凄い楽しみだった。街は、期待通り地方、田舎、な感じを醸し出してくれてた。駅から病院まではタクシー。病室で2時間半くらい、2年ぶりの再会と手術の成功をお祝いして語らった。いやぁ実に楽しかったし刺激的だった。やっぱし引きこもってばっかじゃいけませんね。


ただ、そいつの病院がテラ新築で、なんかもう設備とか完璧で、看護士さんも超いたれりつくせりな感じだし、もうなんか俺も引き…入院したくなってきた\(^o^)/


話終わった後は駅まで戻って夕飯。一緒にお見舞いに行ったクラスメートのK君と中華料理屋に入った。ここくらいしかまともなお店がないから困る^^


チャーハン

これがさっぱりパラパラチャーハンでめっちゃんこうまかった。みなさんも是非、古河に来たら「喜楽飯店」へ!
日本シリーズを見ながら食べました。ドアラ万歳!


さっきのJRの駅名板にもあった通り、隣は栗橋駅。どっかで聞いたことあるなぁ…と思った貴方はあれですね、東武線、半蔵門線東急田園都市線ユーザーですね。そうです。南栗橋の栗橋です。なので、さらにその次の駅は久喜です。久喜といえばあの、かの有名な鷲宮神社の最寄り駅の1つ隣の駅じゃあございませんか。
そんな訳で、東武線から帰りました。古河→(JR宇都宮線)→久喜(東武線)→竹ノ塚で、1時間ちょいで帰れた。


こんな感じで、お見舞いに行ってきました。行く時間が遅かったのであんま外の景色見れなかったけど、まぁ友達も喜んでくれたしよかった。1日でも早い回復を。 俺もいろいろ頑張ってみようと思います。明日から。



いやしかし、やっぱしどう考えても彼の困難な手術が成功したのは駅名のお陰だと思う。古河駅周辺は、願いの叶う場所なんだろう。