涼宮ハルヒの激奏 〜煩悩をもてあませ!〜

大変長らくお待たせしました。去る2007年3月18日に大宮ソニックシティで行われた幻のライブイベント、「涼宮ハルヒの激奏」のレポを今更ながら載せますwwwwwというのも、今日が記念すべき激奏開催から4ヶ月目であり、1週間後には激奏のライブDVDが発売されるのでちょうどよいネタバレになると思ったので、今しかない!と思って載せました。ライブDVD楽しみにしてる人は読まないで下さいwww

と思って今まで書き溜めてた下書きに追記し始めたのが18日の昼。今は、19日の深夜5時半ですね。ここまで掛かりました\(^o^)/

長いし、古いネタなので興味ない人はスルー推奨。ってか興味あっても読むの辛いです/(=ω=.)\ナンテコナタイ




はじまり〜prologue〜


大学で相棒のSuiginと話し合った際にも集合時間は12時と決めていたのが、前日の夜にスレを見てたら徹夜組や始発組が多いとの情報があり、グッズが買えるかどうか不安になったためSuiginに先立ってちょっと早めに行くことを決意した。この旨はメッセで話し合った。決め手はSuiginの「後悔しない様に行動するが吉。」


寝る前にT-シャツや腕章、サイリウムなどを入念に準備して就寝。この時既に4時。起床予定は8時。



少し寝坊したものの、何とか9時30分には家を出ることが出来、大宮に全力で向かう。しかし寒かった。




とうちゃく〜arrive〜


大宮に到着。時刻は10時50分。


大宮駅
駅
後のらき☆すた聖地である。


初めて来る場所なので、ソニックシティに辿り着けるかどうか不安だったけど、駅からすぐ近かったのですぐに分かった。


会場のソニックシティ
ソニックシティ


会場に着いて、ホントびっくりした。行列ってレベルじゃなかった。

…と、当日の実況日記では書いたんだけど、今から思えば当然の行列だったと思う。成長したな俺も。


行列
列


それと言うのも、時間が物販開始の1時間半前と迫っていたし、公式HPで在庫の少ないグッズもあるってハルヒから通達されてたから。特に「少ない」って情報が入ればハルヒ厨が早くから並ばないはずはない。転売厨も当然いるだろうしね。あの時の共同墓地の同志は朝5時から並んでたらしい。そう考えるとむしろ少なかった方か。一応会場を半周以上分は並んでたけど。だいたい600人くらいは並んでたかな。でももうこれを行列と思わなくなってきた件^^そういう世界なんだ、ここは。




であい〜friends〜


ちょっと早足気味で最後尾に行く。陽が当たる場所だったのでよかった。日陰は寒くて死ぬる。
その後しばらくしたら、後ろにいた2人組がなんとマイルストーンの話をし始めたww思わず声をかける。そしたらその人がうちの大学のSOS団の団長様だった件wwwこれにはびっくり。さらに2人組のうち1人は学院出身だと言うじゃないかwwwwwなんだこの運命的な出会いはwwwこれでこの先1時間半ヒマせずに済む^^
団長さんだった方をAさん、学院出身だった方をBさんとしよう。

話題は主にアニメの話題。「マイルストーンに『黒の騎士団』もありましたよね!」って言ったら黒の騎士団自体知らないとか言われた。ルル見てないのはいけないことだと思います。見やがれですぅ。主にアニメの話題とか言ったけど、意外と彼ら無知だった。いや俺も人の事言えるレベルじゃないけど、ルルーシュKanonも見ないで何を見るんだと小一時間問い詰めたかった。そのうちAさんがトイレ離脱。そのとき、もう一つの運命の出会いが!!!!



…何気なくこのキモい行列を反対側の歩道からデジカメで撮っているスーツ姿の男性。こっち側の歩道に来て撮ったりもしてる。首からは関係者証みたいなのが下がってる。遠くから見たときは気付かなかったけど、俺の真横を通った際に確信した。


山本さんだ!!!!!!


山本寛。何を隠そう、涼宮ハルヒの憂鬱のシリーズ演出担当であり、あの第12話ライブアライブの発案者であり、エンディングのいハレ晴レダンスの企画者でもある山本寛氏である。今だから言えるけど、らき☆すたの監督さんであり、途中降板し、現在はフリーのカメラマン監督さん。
山本氏だと分かった途端に心拍数が急に上がってドキドキしまくった。すぐにBさんに「いいい今の山本さんですよね!?」って聞いたら「え?」とか言われたwww顔しっかり見てたのに「え?」かよwwwwもしやと思って山本さんの説明をしたら、知らないって言われましたwwwwwそれくらいは知ってて欲しかったお(´・ω・`)

過ぎ去って少し冷静に考えてみると、山本さんほどの人がこんなヲタ集団の横を通って誰一人反応しないのはおかしいのではないかと思った。ひょっとしたら別人かと。俺もDVDの特典とCMで顔を見ただけだら、ちょっと自信なくなってきた。思ったより背低かったし。別人説濃厚か。


しかし興奮冷めやらぬ俺は、トイレから帰ってきたAさんに山本氏らしき人が通ったって言った。そしたらAさんは山本さんを知っててくれて、DVDに山本氏が出てた事実も把握済みだった。これが当然だと思うんだが^^「多分今そこ通ったんスよー。」って言うと、相当がっかりしたご様子。


その後しばらくして、Bさんが首で列の前の方を指し示す動作。山本氏再び。


なんと山本さんがまたお通り遊ばされた。Aさんに確認を求めると、間違いない!とのこと。これで本人だと確信を持つ。Bさんを完全に放置して、「どうする?握手してくださいって言いに行く?」と提案するAさん。俺はめっちゃ行きたかったので大賛成。Bさん1人残して2人で山本さんを追っかけた。


俺「あの!すみません!ひょっとして京都アニメーションの山本さんじゃありませんか?」
山本氏と思しき男性「いえいえ、そんな違います(笑)」
俺「ちょwwwいや、そうっすよねwwwwww」
山本氏「あ、はい。」
(ここから先、あまりの緊張で何口走ったかよく覚えてない。山本さん、本当に失礼しました。)

俺「あの、DVDの特典映像とかでお顔拝見しました。僕あの都電よく使うんですよ!!!(嘘)」
山本氏「あ、ありがとうございます(笑)」

(立ち止まって下さった山本氏)

俺「あの、ハルヒ作ってくれてありがとうございますホント!いや特にライブアライブとかエンディングとか!」
山本氏「いえいえ、恐縮です。」
俺「あの…4月からの『らき☆すた』(山本氏監督作品(4話まで)。現在「チバテレビなどUHF系で好評放送中)頑張ってください!」
山本氏「ありがとうございます!」

(ここで握手を交わす。俺泣いていたかも知れない。)

(何やってんだこいつって感じで見てる列のヲタたち)

俺「あの…一緒に記念写真撮って貰ってもいいですか?」
山本氏「ええ。」

(Aさんにお願いして撮って頂く。)
(列の人々の視線が痛かったような気がするけど、そんなのもうどうでもいい。)

俺「ありがとうございました!!!」
山本氏「どうもこちらこそ。」


この間、約1分ほどだったろうか。もちろんAさんも何か話してたはずだが、全く覚えてない。


なんと言う感動か。山本さんと握手しちまった。らき☆すた不振だったら俺のせいだわ。すみませんホント。いやぁしかし本当に感動した。激奏始まる前からこんなんでいいんだろうか。幸せ過ぎるぜ俺。(※山本効果)

さて、追記なんだが、山本氏がらき☆すた監督を4話で降板したのは俺のせいではなかろうか。俺が山本氏の御手に握手などしてしまったから…!


山本寛
やまかんさん
平野綾のブログにあった山本寛さんの写真。2007年3月18日に山本さんと2ショット撮ったのって、俺と平野綾くらいじゃないかなwwww



ダッシュで列に戻る2人。Bさんに喜びを伝えまくった。


この時辺りから物販が始まった。12時開始予定が繰り上がり、11時45分くらいには始まってた。ちなみにSuiginは12時過ぎに到着予定で、山本氏には会えなかった。俺よりSuiginの方が山本氏をよく知ってるから、俺としても残念だった。まさかこんなサプライズがあったとは思いも寄らなかったからなぁ。

その後、列の横にハルヒコスでマイクを持った女性とカメラマンが現れた。

海外メディア


あー、痛い取材だなぁ思って耳を傾けてみると、何と英語wwwwwww日本語じゃないと分かった時点で吹きまくるヲタたち。俺も我慢できなかった。何で英語なんだよwwwwww冷静に考えれば、あのハルヒの人気だ、海外で話題になってるのも分かる話。実際海外の声優が吹き替えした動画とかもあるしね。だけどあまりの不意打ちだったから思いっきり吹いてしまったwwww
しかし海外から取材とは、ホントに凄いぜハルヒ。やれやれだぜ。




ぶっぱん〜war〜


物販まであと50mといった所でSuigin到着。後ろの2人に紹介する。1秒で打ち解け。その後は割とすぐ列が進んでいった。戻ってくるハルヒコス。Suiginに説明して、見て笑う俺ら。やっと会場に入れた。入り口のところに出演者の落書きコーナーがあって、物販終わった人たちがそこに群がって写真撮ってる。俺も早く見たかった。「ラーメンセットォ!」だけは目視で確認できたwww古泉wwwww


列が進むにつれ、物販の全貌が明らかになってくる。これが凄いこだわり様だった。売り場は「県立北高校文化祭会場」と化し、屋台の店舗でグッズが売られてた。準団員が列整理と販売を担当し、なかなかいい具合で客を誘導してた。混みすぎもせず、待たせすぎもせず、いい感じで流れてたね。



初めにこの準団員さんが買い方の説明をする。
3個まで

売り切れを防ぐためか一人3個までの制限。まぁ、転売厨予防でもあるんだろうな。でも転売以外の目的で3つも買う奴いるのかな。



北高祭で朝比奈さんと鶴屋さんのクラスがやってたお店の名前「どんぐり」。かなり凝ってる。
どんぐり



店舗の様子
ツンデレ
何がツンデレなのかよく分からない。ハルヒそのものかw真ん中の看板の「ズバッと売るわよ!」は言わずもがな文化祭の時に占いをやった長門のクラスのお店の名前。しかしみんな必死そうに買ってるわ。俺も含め。



団長団長
店員の準団員さんも一生懸命売ってくれてた。終始「一度通り過ぎると後戻りが出来ない」ことを主張し、買い逃したらマズイと俺らに思い込ませようとしてた。それにまんまと引っ掛かったのは俺だけじゃないはず。

しかし細部までホントに凝ってるわ。提灯もそうだし、ちょっとしたPOPにもかなり力が入ってる。



団員その2
団員その2
客を整理する準団員。ヲタはちゃんと従いますよ。ちなみにパンフレット売り場にいるお方は明らかに高齢者だった。何で来てるんだろうか疑問でならない。もしかしたら出演者の親かと思ったけど、だったら並ばないよなwww



北高の文化祭
県立北高校
ホントに「高校生が文化祭でやりそうなこと」を考えてしっかりそれをやってる感じ。朝比奈ミクルの冒険 Episode 00を思い出す。



みんみんみらくるみっくるんるん
ミクル
大人気売り切れ御免のみくるフィギュア。



またみくるか!
ミクル
このミクルが堂々の一番人気。7,000円もするのに躊躇わずに買っていくヲタたち。こうやって経済って回るんですね^^



屋台全景
過疎
ちょっと過疎になった瞬間を撮影。これが屋台の全景です。



この激奏はアニメイトの提供でお送りします。
青い袋
グッズは「幸せの青い袋」に入れて手渡された。この日大宮に大量発生。



法被
準団員
強姦だ!等間隔に準団員が配備されていて、左からみくる・ハルヒ長門



どっちが大でどっちが小?
未来人
たまにみくるが2人になったりする。朝比奈さん(大)と朝比奈さん(小)ってことにしておこう。詳細は「涼宮ハルヒの消失」参照。



看板
激奏
涼宮ハルヒの激奏ですよ。



トイレは使用不可!
キツいwww
これはちょっと面白かった。



ここで、一つ断っておきたい。俺は上に載せた写真のグッズ売り場を無論通った訳だが、俺は今日、図らずも京アニの山本さんと遭遇し、ましてや握手・記念撮影を行ってしまった影響で「興奮」していた。※山本効果

さらに、文化祭仕様になってるトコもポイントが高いと言えよう。


さらにさらにこの屋台販売方式、罠が2つほど仕掛けてある。

1つ目。上の写真にもあるけど、逆走が不可。つまり、先に行ってしまってから「やっぱTシャツ欲しかった!」とか思っても後の祭で買えないのである。これにより後悔をしないように買わなきゃいけないと購買意欲を掻き立てられてしまう。


2つ目。屋台ごとの清算になっているため、一度に多額の出費をすることがなく、今自分がいくら使ったのかが分かりにくくなる。一度に2万円払うより、2千円を10回払った方が出した額が少ないと錯覚するように。パチンコで一気に1万投入するより、1,000円を10回投入したほうが長く打てるって気がするように。さらに、例えば2,000円のものを1万円で買ってお釣りを8,000円貰う。そして次の屋台の前に行くと、8,000円で買えるグッズが売ってたりする。そうなれば、手元の8,000円が自然と出てしまうのは不可抗力だ。


この2つの罠と山本効果により、知らず知らずのうちに3名の諭吉と2名の英世がお亡くなりになっていた。本当にご冥福をお祈りします。ごめんなさい。ごめんなさい。ごめんなさい。ごめんなさい。ごめんなさい。ごめんなさい。ごめんなさい。




戦利品一覧〜jesus〜



パンフレット 2,000円
パンフレット
現在、全国のアニメイトにて販売中。



ハルヒ法被 6,000円
法被
法被ごときで6,000円もするのか!と思ったのはほんの一瞬。この法被こそがHPでハルヒが数が少ないと言ってた物で、既に5着くらいしか残ってなかったから迷わず購入。これから先、もし他にハルヒイベがあったらこの法被を着ていくね。これは激奏に参加できて買えた者だけが持ち得るステータスみたいなもんだwww



ハルヒTシャツ 2,500円
シャツ
法被の下が普通のTシャツっつうのは粋じゃない。それじゃあ瀬戸内人魚の名折れじゃきん!冷静にTシャツ購入。



マイクロファイバータオル 2,500円
タオル
マイクロファイバータオルって、水泳の後とか風呂上りとか、速乾性を求められるときに使うもんだけど、使える訳ないよね^^画に惹かれて買っただけなので、どうみても観賞用です。本当に(ry



テレカ(50度数) 3,000円
テレカ
これもまぁ、必然?50度数のクセになんで3,000円もするのかは置いといて、とりあえずテレカもステータス。



ハルヒセット 4,000円
ハルヒセット
黄金のハルヒセット。中には長門セットもみくるセットも買う猛者が居たけど、俺はハルヒ1本で。中はまだ未開封。グッズなんてそんなもん。



激奏セット 4,000円
激奏セット
ハルヒセットでは飽き足らず、激奏セットまで持ってきやがった。買うしかないだろ、常識的に考えて…。それにしてもこんな封筒ごときで4,000円とは、狂気の沙汰だな、全く。



スティックポスター 4,000円
スティックポスター
これは現在、アニメイト他で販売してる。当時は先行販売だったらしいので、なんとなくね。1本500円の8本入りかな。買ったけどまだ空けてない。グッズなんて(ry



ハルヒハンドパペット 3,000円
ハルハルゥ
これはちょっと悩んだ。けど結局買った。こういうトコでないと買わないからね。これがアニメイトに置いてあっても、買わないと思う。これが付けてると意外と目立つので、ひょっとしたらDVDに映り込んでるかも。



ハレ晴レユカイ レコード版(聞けない) 1,200円
ハレ晴レ
聞けない。レコードの再生機、ちょっと前までは家にあったけど、もう今はないし、買おうとも思わない。観賞用です、ハイ。



合計 32,200円



もはや、何も言うまい。


最後に景気良く並べてみた。
壮観




今回のこの事件に関して政府当局は、誠に遺憾であると述べた上で「金を落とし易い造りにした販売者側にも問題はあるが、一番の問題は後先考えずに商品を手に取るヲタク達だ。貨幣の流動で景気に多少の効果があるかも知れないが、ニートがこのような場で親の金を使うのは本末転倒である。一刻も早く就職して欲しいものである。」とコメントした。




気を取り直して。グッズコーナー終わったら待ち構えてるのがガチャポンコーナー。ちゃんと両替コーナーまで設けやがって。用意周到だ。一体今日この日、いくらの金が動いただろうか。300円のを1回、200円のを2回やった。



300円鶴屋さん 流石に凝ってる。流石に可愛い。
ちゅるやさん



200円みくる 2回ともこれだったorz
みくる



ガチャポンコーナーのあとは、お祝いの花が置いてあるトコ。沢山あった。10数個あったと思う。スニーカーの編集部とかランティスとか、メディアミックスしまくったから色んな所から来てた。ミクシィのコミュで出してるのもあったな。みのりん宛で。



お祝い
祝い



キョン仕様発見。
キョン
エンブレムも上手いし、画も上手い。



ちょwww機関ktkrwwwww
“機関”
古泉くん所属の“機関”からもお祝いが。




そんでいよいよ声優が書いた落書きホワイトボードへ。



ラーメンセットォッ!!
小野
古泉樹の中の人、小野大輔さんの作品。ラーメンセットォッ!!とは、ハルヒと同じ京アニの作ったAIRというアニメで、主人公の国崎往人が第1話で食いたがる食べ物のこと。その国崎往人の声を小野大輔が担当しており、そのパロディ。今回の激奏でこのAIRネタは何回か出てきた。



ちゅるやさん
にょろ〜ん
ピンクの文字のは鶴屋さんこと松岡由貴さんの字。今にもあの声で飛び出して来そうだwwwちなみにケロロは誰が描いたか不明。とりあえず他のアニメのキャラが沢山描かれてた。



落書き
いろいろ
涼宮ハルヒ参上は平野綾。俺の名前を言ってみろ!!はゴトゥーザ様こと後藤邑子さんの字。左の方に「神人」と戦うときの古泉がいる。



超丸文字
みのりん
この強烈な丸文字は対有機生命体コンタクト用ヒューマノイドインターフェースが書いたもの。左の方にケロロガンダムが見える。サンライズ祭だろうか。さすがゴットゥーザ様、モノが違うぜ!!は杉田の仕業。



カオス
キャラ
もう、何のイベントだか分かったもんじゃないwww
ちなみにこの右下のクルルは、ただ単に「ケロロ軍曹」に出てくるクルルじゃない。ケロロの単行本5巻の最後のページに出てくる、浦沢直樹のモンスターのパロディを描いた場面に出てくる「3匹のカエル」の中のクルル。モンスターに出てくるルンゲ警部と化したクルルである。こんな細かいところを押さえてて、なおかつ描けるって凄すぎる。誰の仕業なんだろうか。多分、杉田だろうなwww



じゃあ、死んで☆
朝倉涼子
〜〜見参!!は桑谷夏子見参!!朝倉涼子の中の人。枕。ここにも古泉がいる。他にもあっちこっちに閉鎖空間中の古泉がいたwww一番下に谷口の痕跡あり。



醜い。
見にくい
ホワイトボードの前に群がって写真を撮る人々。醜い見にくい。



これは見てるだけでホント面白かった。どうやらハルヒ声優の間ではケロロが人気のようだ。誰もやってないはずだがね。



これで物販終了。


この後、でっかいメイトの幸せの青い袋を持ってた俺に、また出会いが訪れる。正確には「再会」なんだが、どっちにしたって驚いた。


目の前を通り過ぎた女性が、明らかに元中の女の子ですwwwwwwww

思わず声掛けちまったwww「Sさん?」「え?あ!」


俺「あ、俺、こんなになっちゃってごめんなさい!ホント。」
Sさん「いえいえ、私の方こそ。」
俺「今日は…これに来たの?」
ここで彼女の目的が激奏じゃなくただ単に歩いてたら俺は死んでた。
Sさん「うん!男性陣目当てで!
俺(な!なんという腐女子…。いや確かに、中学の頃漫画とか描いてたっけなこの子。すげえ、知り合いに腐女子いたよ!)
Sさん「随分買ったね」
俺「うん。今日しかないからな。」

この後、地元の話をちょっとして分かれた。いやー、びっくりした。世界は狭い。





しょうきゅうし〜rest〜


一度会場を出て昼飯アニメイトに向かう。ここが、あの戦場の場か…。1月20日、無数の同志達が「抽選」に泣いた聖地…。
3月18日は岩田光夫さんが一日店長をやってるらしかった。明らかに外してる。なんで3月18日に大宮でやるんだよwwwwwどう考えても過疎になるだろ。今は激奏から流れた客がいるが、16時以降になったらああ恐ろしい。前述の通り激奏流れの客で混んでたのでちょいと見てすぐに出た。


反対側にあった日高屋で昼飯兼暇つぶし。
グッズの整理をしてた俺を隣の男子高校生が怪訝な顔で見てた。




にゅうじょう〜enter〜


14時30分くらいになって出陣。ソニックシティに戻ると、もう行列が。外は寒いので中で待つことにした。流石に全員入場するまで開演はしないだろうと踏んで。その待ってる間に、また出会いが。今度は昨年参加したVIPのENOZセッションライブスレの住人さんたちがいたwww一目で分かった。特に幹事さんは覚えてたからね。「お久しぶりです団長です!いやあ会うトコでは会うもんですね!!!」「あ、団長さんお久しぶり!会うもんだねwww」オフ会での熱い友情が再び。是非またセッションしたいものだ。第4回誰か幹事やってくれよー。あんなに思いっきりアニソンを生演奏に乗せて歌える場は他にないんですよ。鳥肌もんだぜ全く。


待ってるうちにSOS団のコスをした人たちがいた。長門の人は完全に再現してたなぁ。素晴らしかった。後から分かったんだけど、あの長門っち、俺の友達の知り合いっぽい。まぁ、それだけ。



開場が始まって、俺らも列に並ぶ。カメラチェックはほぼ意味なし。一応あるかどうか聞くだけ。カバンすら開けなかった。こんなんでセキュリティいいのかなぁ。


んで入って早速席に。ここで戦友との再会を果たす。高校の授業サボって来た2人とその友人たち。既に法被を着込み、臨戦態勢だった。何時から来てた?って聞いたら、朝の5時からとの回答。もはや掛ける言葉も見つからない。


座席に着いたらあとは開演を待つのみ。俺も法被とハチマキを装着し(自分でも相当イタいと分かってるさ。でもこれくらいやってやりたい気分なんだ。(※山本効果)


当時の俺のスペック(上から)

・煩悩
・団長ハチマキ
SOS団Tシャツ
ハルヒ法被(激奏仕様)
・団長腕章
・Gパン(ポケットにサイリウムを含む)


これでもう臨戦態勢整った。隣のSuiginに何の変化も見られないのが俺の心に突き刺さる。隣がキモくてごめんなさい。ちなみにSuiginの隣はスーツ姿の慎ましいサラリーマンさんが2人。



法被を来た男性が前にいる場合





かいえん〜wktk


開演に先立ってアナウンス。ちゅるやさんが意気揚々としたユカイな声で「録音しちゃだめっさー」とか色々おっしゃってた。これだけで会場が超盛り上がったのは言うまでもない。その後しばらくして、キョンがシャアのモノマネで(※俺は分からなかったが、Suigin曰くそうらしい。)


杉田
「皆の衆、私の話を少しばかりか聞いて欲しい。本日は、ジオン公?本日はエゥーゴ…モゴモゴ。本日はSOS団主催、涼宮ハルヒの激奏に来てくれてありがとう。せっかくの日の曜日だと言うのに本当に申し訳ない。さて、開演に先立ち、皆にお願いがある。客席内での飲食、喫煙、及び、録音、録画、モビルスーツのメンテナンス等の行為は禁止だ。また、携帯電話などの電源はあらかじめ、切っておいてもらえると、とても嬉しい。そうでないと、ハルヒの怒りが頂点に達し、閉鎖空間が発生しないとも限らないからな。私もアクシズを地球に落としてしまいそうだ。約束してくれるか?返事は『はい』だ。行くぞ。」


杉田「約束してくれるか?」

観客「はーい!!!!」

杉田「ジーク?」

観客「ジオーン!!!」


とか言ってた。会場盛り上がりまくりんぐだけど、ガンダム知らない俺は死にたい気分だった。心から「分かんねー!!!!」と叫んでやる。まぁ流石にモビルスーツは分かるけどな。


その後、若本のモノマネしてた。これもガンダムらしいが、それは置いといて、素直に若本を楽しんだ。

杉田規夫
「えぇぇぇぇー、そしてぇぇぇ。 本公演は全席指定となってますことよぉ。自分の座席をじゅううううぶんに確認のうえ、手元のチケッ     トは講演終了後もなくさずにもっていてほしいいいい。場内での不明点やまんが     いち、体調が   悪くなってしまった場合はぁぁぁ 近くにいる谷口 もとい、近くの準団員に一声掛けてくれ。閉鎖空間が発生するなどぉぉぉ非常の際に  は   谷口がみんなの犠牲となってくれる。悪かったもとい、準団員の誘導にしたがって速やかに行動してくれ。 君たち一人ひとりは小さな火だ。しかし あわせれば炎となる。炎となった  このイベントはぁぁぁ  無敵だぁあああぁぁあああああああ!!!!!!」

観客
「ぅうおおおおおおおおおおおおおお!!!!」

杉田
「本公演は、ハルヒ団長の命により、本日会場に来られなかった皆のため、ぇ後日イベントでぇーぶぃでぇーとして商品化を目論んでるんだって。皆がDVDの映像に映りこむ可能性があるので、マズい方は、カメラに映りこまないよう、よけてくれ。またぁ、ロビーでは、ハルヒ団長が企画したオリジナルグッズなど、イベント限定商品の販売を行っている。来場の記念に是非ともお立ち寄りいただき、あー次回作『長門ユキの逆襲』の製作予算にご協力をお願いしたいところだって…また撮るのかよこれ。やれやれ。あーそれでは、開演まで今しばらく待っていてくれ。イベントはとても長いので、今のうちにトイレにはいっトイレ?よーい!!!ドーン!!!!!」

走り出す観客A、会場から歓声と拍手喝采。こいつおいしい所持ってったわ。プライスレス。


そしていよいよ開演。司会の谷口がこれまたガンダムのコスで「WAWAWA忘れもの〜♪」で入場してきた。会場一気に盛り上がる。会場の観客の数に驚く谷口。


谷口「ぅのぅわ!!!!す…すまん!!!!ごゆっくりぃぃぃ!!!!!」


これで今度は国木田と登場。国木田の声カッコよかった。谷口の下半身がモザイク処理必要なほど酷いことになっていた。みのりん曰く、あそこも名場面らしい。DVDは無理だろ、常識的に考えて…。



谷口「改めまして涼宮ハルヒの憂鬱にようこそーーーーーーーー!!!!!」

観客「うっひゃおぉぉおおおおお!!!!」


その後、1階席前半のみんな盛り上がってるかー!!!!っていうのを2階席までやった。盛り上がってないはずがない。真面目に会場揺れてた。

谷口&国木田「それでは、涼宮ハルヒの激奏、スタートォォォ!!!」


続々と登場する出演者。


涼宮ハルヒ 平野綾
平野綾「よろしくお願いしまーす!!」もはや何が起こってるか分かんないほど観客が盛り上がる。


キョン 杉田智和
全身ガンダムコスプレで登場。俺は全く分からなかったけど、客受けは最高だった。
「皆の衆、調子はどうだ?2,3分もあれば、自分の手足とすることが出来る。今日は存分に楽しんでいってくれ。」


みくる 我らがゴットゥーザ様
杉田「さぁみんな、いつものやつ行こうか。ふはははは、流石ゴットゥーザ様だ!!!」


長門有希 茅原実里
みのりん「みなさんこんにちは茅原実里です。」異常なまでに盛り上がる前方のUO厨たち。


古泉樹 小野大輔
とりあえず盛り上がってた。


鶴屋さん 松岡由貴 
「はっはっはっはーはっーはっはっはは!!!」と鶴屋節で登場。ユカイにも程がある。


朝倉涼子 桑谷夏子さん
「よろしくお願いします。」


キョンの妹 あおきさやかさん
キョン君、連れてきてくれてありがとー!よろしくお願いします。」


喜緑江美里 白鳥由里
「こんにちは。」


杉田「君たち、エゥーゴに入らないか?」
谷口「違うからね、番組が違うからね。」




涼宮ハルヒの名場面集


特別ゲストとして京アニハルヒの監督の石原立也さんとキャラクターデザインの池田晶子さんが来る。
この名場面は監督の石原さんが選んだ模様。

椅子が用意され、キャラの名前が書かれた紙が椅子に貼ってあった。「ゆき」と書かれた所に松岡由貴さんが座る。しかしそれは長門有希の中の人のみのりんの席。離れようとしない鶴屋さんみのりんを自分の膝の上に乗せて観客の歓声を得る。美味しく頂きました。





キョンの名場面

・最終回のポニーテール萌えシーン
ライブアライブの後の中庭のシーン

杉田「今ので終わりですか?」



涼宮ハルヒの名場面

・あの自己紹介

「東中出身涼宮ハルヒ。ただの人間には興味ありません。この中に宇宙人、未来人、異世界人、超能力者が居たら、私のところに来なさい!以上!」

観客「俺ニート!!!」

平野綾「し〜っ!!!」
杉田「社会に適応しなさいっ!!」


ライブアライブ
映像でライブアライブGod knows...の場面が流れて盛り上がりまくる観客。もうライブ始まったかのようにUO使い出してノリノリである。みんな座ってたのに前だけ総立ち。手拍子してヲタ芸踊りまくる奴ら、荒れ狂ったようにジャンプするヲタ。あの盛り上がりは面白すぎた。


谷口「す、すごい!!映像だけでこんなに盛り上がるとは!!!」
平野綾「その振り付けはいつしたんですか?」

平野さん、ヲタ芸にそう突っ込んじゃだめですよ^^



朝比奈みくるの名場面

朝比奈ミクルの冒険 Episode00

「悪い宇宙人のユキさん!神妙に地球から立ち去りなさい!」
ここで映像切れる。→ゴットゥーザ様「凄い寸止めな気分なんですけど…」


・第04話 涼宮ハルヒの退屈より、負傷退場シーン

みくるがしゃがんだシーンで滑り込む野球部員に対し、
杉田「分かりやすい青春だ。」


石原「ハルヒなのに、1話があれで視聴者がどうなるか不安だった。途中で消されるんじゃないかと。」
後藤「普段スタジオでやっちゃいけないことをやって下さいって言われて、噛むとか、読み間違えるとか、レベルがどんどん上がってっちゃって、あ、ある意味下がってっちゃいましてwww」

杉田「ははは、流石ゴットゥーザ様だ。」
谷口「ちょ、おまいま休憩してただろwww」
杉田「ね、寝てないよ?」
小野「若干、みのりんが寝てるwwww」
長門「寝ていないよー。谷口の汗見てただけ。」
谷口「これ通気性悪くて…」
観客「もっこり!」
谷口「もっこり言うな!」



長門有希の名場面

・朝倉からキョンを助けるあのシーン
射手座の日のアレ

なんか今までのも全て微妙なところで終ってる件。石原さんちょっと空気読めてない\(^o^)/

茅原「かわいいですねー」
谷口「自画自賛!?」ちょっと意味違うと思う。

谷口の汗と股間を再び凝視するみのりん。なんだこの会場www

茅原
「思い出深いですね。やっぱし朝倉涼子と戦うところは、緊張しましたね。あそこは有希が戦って一番活躍する場所なので『来たぞ〜!』って感じで、もうホントにね、言葉数も少なくて、表情も変わらないのに、裏でやってることはホントに凄まじく…もう、大好きです!」

なんという残念な。


谷口「ちょっといいですか?杉田君?」
杉田「私は大尉だ。いや、寝てませんよ?(杉田これまで全く動いてなかった。)すみません、サングラスって便利ですねーこれ!」
国木田「それではね!次行きましょうか!」


古泉樹の名場面

・ふーもっふ!
・神人殲滅シーン

このシーンは池田さんの強いご推薦らしい。

石原監督「んーまぁ、例によってね、小野君が変なアドリブを…ね。」
小野「こっちとしても最初アドリブはドキドキでしたね。いつも先に杉田が仕掛けて来るんですよね。」
石原監督「『あれ』がね、視聴者からは聞き取りにくいという声もあったようですね。」

小野「『ふもっふ』じゃないんですよ?『ふぅ〜〜ぅもっふ』ですから。オマージュ&リスペクトですから。」

小野「でもその後に『セカンドレード』って言ってるからダメなんですけどねwww」

池田さん「キョンに関しては監督から注文あったけど、古泉に関しては『何もない。好きにやれ。』と。」
石原さん
「それはキョンのイラストが原作にあまりないからですね。けどアニメはそうはいかないので、色々お願いしました。古泉君はかっこいいキャラなので、女性からの支持があるようなかっこよさであればいいので、任せました。」



鶴屋さんの名場面

朝比奈ミクルの冒険の教室の隅のシーン
・どーだいこの衣装?めがっさ似合ってると思わないっかなっ?

2個目はガチ。間違いない。

松岡
「あそこずっと笑うんですかー?って聞いちゃった。アフレコでも、4つくらい鶴屋さんの笑い方があって。難しかった。あえて棒読みしなきゃいけないのが辛かった。私のお芝居、あーこれでいいのか松岡由貴!ってな感じで。」



朝倉涼子の名場面

・谷口のランク付けシーン(AA+)
・あなたを殺して涼宮ハルヒの出方を見る

桑谷さん「あのシーンは、ってか朝倉涼子さんは全体を通しても3回しか出てこなくて…あの、ブルマがwwww」
谷口「あーあそこにね!あそこが名場面にね!」
桑谷さん「監督から、『朝倉涼子は笑顔のまま主人公を殺すキャラだからよろしく』って言われて、お芝居変えますか?って聞いたら『そのままで』って言われてビックリしちゃったんです。」
石原さん「朝倉涼子がヒロインなんじゃないかと思わせるようにしたかった。結果的にキョンの敵なんだけど、決して邪悪ではないんですよね。それで彼女の無邪気さ、怖さを表現してもらいたかったので、良かったです。」


谷口「あの…ちょ、ちょっといいですか?」

杉田「わ、私の敵はどこだ…?メガバズーカランチャー、シャア!寝てないですよ。て、定期的に話を振られるのはちょっと…。」




喜緑江美里の名場面

・コンピ研部長消失事件(ここしか出てない件)

谷口「1回しか出てないんですけどwww」
白鳥さん「これが全てです…(笑)選びようがなかったんじゃないですか?ここに、こうやって座ってるのが凄く不思議なんです…。」

谷口「さぁ、この辺で…」
杉田「衣装が黄緑なことに突っ込んであげて!!!ここが突っ込みどころ!!」

白鳥「ええ、せめて、服だけでも黄緑色をと…」

谷口「気付かなくてごめんなさい!!」
国木田「お詫びに客席にダイブしろお前!」

やろうとするも、やらない。この辺りが谷口クオリティ。



キョンの妹の名場面

・バッグ侵入
・映画のワンシーン


観客
「ええええええ江エーーーーーーーーーーーーーーーー!!!!!!!!!!!!!!!!」


石原さん「少なすぎましたか?」


観客
「はーーさーーみぃーーーーー!!!!!」



※問題のシーン

はさみー

流石にここは外しちゃいけないと思う。ファンからの人気もさることながら、キャラソンで十分「はさみ」ネタを展開してるのにもかかわらず名場面集に入れないとは何事だ石原よ。マジ空気読んでない^^


あおきさん
「山本さんから「テヘッ!」じゃなくて『ティヘッ♪』でお願いしますって言われました。あと、出番少ないので、アドリブを毎回台本に3つは書き込むことにしてたんです。」


ここでボソっと「振込みって詐欺?」と発言した俺。孤島症候群(前編)のシーンで俺の大好きなとこだ。キョンの妹がアドリブでやってたとこだったからよく覚えてた。


あおきさん「マージャンネタが使われたのが凄いびっくりして〜。(俺:振込みってってやつだ)あれねー、アレは自分でも、未だに見るたびにドキドキするんです。」


ここで会場が少し静かになった。


ここで「振込みって詐欺〜?」ってでっかい声で言えばよかった。でっかい声で言えば、あおきさんにも届いただろうし、DVDに収録されてただろうwwwまぁカットされるかも知らないけど。マジ後悔してる。井上喜久子さんのイベント以来の大後悔だわ。次こそは言ってやる。こんなことがあったから、俺はやたらとノートに「振込みって詐欺?」って書くんですね^^



あおきさん「振込みって詐欺って言ったのが、すっごいスタジオも大爆笑だったのが、嬉しいやら何か申し訳ないやら…。ありがとうございます自由にさせていただいて。」

谷口「ありがとうございます。さて次に行きましょうか。」
国木田「あの…また杉田さんが…」
あおきさん「キョン君、キョン君寝ちゃだめ〜!起きて〜キョンくん!!」
杉田「ちぃっ、もう少しで寝るところだった。」


杉田「私から言わせて貰うと、キョンの妹がはさみを借りに来るシーンがなかった。」

観客「ひょー!うおおおお!!!(拍手喝采)」

杉田「私は、あのシーンが大好きだ。」

あおきさん「キョン君は、はさみ借りて欲しいんですよね?」
杉田「ええ、そうですね。」

杉田「あと、アドリブだったのが、物を食べながら喋らないっていうのは入れました。あれは行儀悪いなと思って。」


小野「『喋るか食べるかどっちかにしろ!』これはね、まぁ、某AIRでね。」
小野「はいevrybody say?」
観客「うぉぉぉぉおぉぉ!!!」国崎最高!!!ってちゃんと言ってる人もいたwww




谷口の名場面

・映画ロケ
WAWAWA忘れ物〜♪

2個目、観客盛り上がりまくり。谷口っつったらコレしかない。


谷口「2個目のは絶対来ると思ってました。」
国木田「伝説ですもんね。」
谷口「ホントはちゃるめらだったんですけど、なんか版権とかのこと考えて、杉田もアドリブやってたし、俺がやらない訳にはいかないなと。」
杉田「ここで歌いますか?」

谷口「WAWAWA忘れ物〜♪俺の忘れ…続きはこの後で!!」

この後、とはらき☆すた第13話のエンディングのことだったようで。
参考画像



観客「うおおおおお!!!」

平野綾「白石さ〜ん、あの、巻きで!!!」




国木田の名場面

ハルヒの奇行を昼休みに話してるシーン
・文化祭の廊下


石原「国木田もこれしかなくてwwwでも、一応こだわりのシーンで、原作では魚の骨を取ってる描写があって、それちゃんとやってるんですよ。」
国木田「あそこ私も細かく息入れてるんですよ。でも、いらないって…。」



ここで名場面集終わり。石原監督・池田さん退場。拍手。



谷口「さぁ、という訳でございまして、次のコーナーに行ってみましょうかね!」

杉田「よし!」
平野綾「はい!!!みんな、かいさ〜〜〜ん!!!!1」
観客A「お疲れ様でした〜!」

谷口「あれっ?杉田君?あれ、なに?え、お前も?何でアシスタント消えるんだよwwwwあなたいなくなったら私1人じゃない。」
国木田「そうか。でも1人じゃないよね?みんながいるよね!」
谷口「みんながいるから、俺がいるぜ!!!」


(間)


客「ウェーイ!!!」

国木田「いま間があった!間があった!生ダイブしろよ。」


などなど、繋ぎのトークが続く。ここまで谷口の名場面が引っ張られてた。DVDになるとモザイクが掛かるらしい。


谷口「お母さん、ごめんなさい。これが僕の仕事です。」





涼宮ハルヒの寸劇



出演者による寸劇。ハルヒと言えばキョンの一人語りが特徴的だけど、今回は国木田がナレーション。


国木田「それではやっちゃいましょーーーー!!!」
谷口「それではみなさん、ごゆっくりぃぃぃいいいいい!!!」


国木田「誰も居ないSOS団部室。本当は文芸部部室。部屋に入ってくる長門。入ってくるなり、おもむろに本を出し、広げる。」
長門「(黙々と本を『時をかける少女』読んでる。)」
国木田「続いて、部室に入ってくるキョン
杉田「ガラガラガラガラガラガラガラガラガラガラガラガラガラガラガラガラガラガラ…なんだよこの扉は!!」
杉田「あれ?長門オンリー?
長門 首肯
杉田「うん…そうなのねん。ふうん。そう…眼鏡なんだ。」
観客「うっおおおおお!眼鏡最高!!!!」

長門 キョンジーっと見て、仲間になりたそうにする。

国木田「仲間にしますか?」
杉田「はい。今後とも、よろしく。」

国木田「長門が仲間になった!」(どっかで聞いたことあるSE)

杉田「で、あ、あのー、そ、その本はお、面白いの?」
長門「ユニーク。」
杉田「そっ、そっかー。ふーん。」
国木田「と言いつつ、沈黙に耐え切れないキョン。何かを思いつき、長門の気を引こうと行動を起こす。」
杉田「へい、ナガート。この…この、この、この辺読んでみこの辺。」
長門「嫌。」
杉田「そ、そんなこと言わずに読めよ。さ、300円あげるから。」
長門「情熱をもてあます。」
杉田「Just Do it!」
観客「うぉおおおおおお!」
杉田「続いてこの辺読めよ。」
国木田「キョン!もうアドリブ止めな!早く!早くしろ!2階席を御覧なさい。ご両親が泣いていますよ。」
杉田「おおう!あー、俺、帰っていいかな?」

古泉入場


古泉「おや、めずらしいですねぇー2人きりなんて。お邪魔でしたか?」
杉田「ふん、そういう意味でなくてもお前はオジャ魔女だっ!」
小野「なんとかかんとか(オジャ魔女のパロディだと思う)」

国木田「お前らアドリブやめろ!!!」
国木田「キョンに顔を近づける古泉!」

女性客「キャーーーーーーーー!!!」

国木田「さらに近づける古泉!!!!!さらに近づける古泉!!!!!」

杉田「う、うん…顔が近い!!!!」


なんという腐女子受け狙い。まぁ普通に面白かったwww男も盛り上がれる内容。もちろんネタでだがな。あー面白かった。



古泉「ふぅーん。ちょっと緊張してますね。図星でしょう?」
杉田「うるさい!お前の顔が近いだけだ!!」

さらに近づける古泉。


古泉「僕も少し、緊張しています。ここは今にも、閉鎖空間が発生しそうですから。」


国木田「そう言ってオセロを取り出し、にっこり顔の古泉」


古泉 満面のにっこり顔

国木田「キョンに顔を近づける。」

杉田「や、やらん!やらんぞ!絶対にやらんぞ。」
国木田「ウインク1つ!!!ウインク1つ!!!ウインク1つ!!!」

古泉 ウインク

観客「キャー!!ぅおおお!!」

杉田「絶対にやらん!」
古泉「しょうがないですねぇ。1人でやりますか。」
杉田「ソロ活動か。」


ハルヒ&みくる登場。(勢い良く。)


ハルヒ「さぁ!今日も練習するわよ!!!!」
杉田「え?練習ってハルヒぃ。やるのか!?」
ハルヒ「うん。」
杉田「またあれをやるのか?」
ハルヒ「うん。」
杉田「あれを?本気と書いてマジ?」
ハルヒ「マジで。」
杉田「やれやれだぜ。」


国木田「勘弁してくれと言う表情のキョン長門はじっとこちらを見ている。」

長門「じーーーーーー」
杉田「じーガンダム♪」

国木田「古泉は不適な笑みを浮かべている。」

小野「ふ。ふ。あっはっはは。ふ〜ぅ もっふ!」

腐女子「キャーーーー!!!」


国木田「みくはまるで愛くるしい小動物の様にプルプルと震えながらしゃがみこんでうなだれている。」
みくる「う、うぉぉおおおおおお!!!!!」
観客 爆笑
国木田「あ、愛くるしい!!愛くるしい小動物の様にプルプルと震えながらしゃがみこむ。」
みくる「ふっ。お、覚えとけよ松元!!!」
みくる「きゅ、きゅうううううううん!!!」
国木田「そして!客席に向かってミクルビーム」
みくる「みっ、みっ、みくるビーム!!!」


観客「うおおおおおおおおおおおおおおおおおおお!!!!」


ハルヒ「もう、何情けないこと言ってんの?ホラ立って並ぶ!はい1列!!」

国木田「ハルヒは4人を自分の近くに並べる。古泉は嬉しそうに笑みを浮かべている。」
小野「ふふ、あふふ、ふっふっふ。あっはっははは!ふー。ふぅ〜もっふ!」

ハルヒ「いくわよ?いくわよ!!涼宮船隊!ハルヒマンのテーマ!!!」
国木田「なんのこっちゃい。4人、嫌々ながらそれぞれの楽器を取る。」
観客「おおおおおおおおおおおおお!」


観客「オセロ!オセロ!オセロ!オセロ!オセロ!オセロ!オセロ!」


オセロを手に取る古泉。

観客「おおおおおおおおおおおおおお!!!!」


国木田「ハルヒマン、隣のオセロはよろしいですか?」
ハルヒ「…ま、まぁ〜。(アドリブに困惑している。)」

ガチャン!古泉がオセロを落とす。

アクシデント発生wwwww

国木田「アクシデントです!!!え、え、え、SOS団が一丸となって後片付けを…。(客の拍手)え、みくる、下手側に落ちているオセロを可愛らしく飛び跳ねながら…、あ、ごめん上手だったwww」

みくる「ちょwwwどこーーー?」


国木田「SOS団は友情を確認し…膝をついて、うなずく?」 オセロを挟んで向かい合う杉田と小野。対局しだしそう。


ハルヒ「ちょ、ちょっと皆忘れてるwww涼宮戦隊ハルヒマンのテーマ!!!テーマ!!!ちがうちがう!!」

杉田「僕はこれで、神の一手を目指す!!!!!!」(ヒカルの碁と思われる。)

観客「うおおおおおおおおおおおおおお!」

ハルヒ「うそーーー?」

小野「行きますよ。」
杉田「参りました!!!」

国木田「いそいそと片付ける2人。」

ハルヒ「ちゃっちゃと楽器持ってぇ!演奏するわよ!!」

ハルヒ「準備はいい?い、いい?いくわよ!」
小野「はい。」
ハルヒ「1、2、1234!!!」

国木田「全員で適当に演奏する。音が出るだけマシ。だが、おっとォ、ここでキョンと古泉が何かに目覚め、激しく楽器を吹きまくる!!!そして客席に乱入!!!(うおおおおおおおおお!!!)気持ちだけ。(←この釣り不明www)」

観客「なんでよー!!!」

国木田「そこで谷口が入ってくる。」

谷口「WAWAWA忘れ物〜♪俺の忘れ物〜♪どぅお!?」
国木田「ビックリする谷口。この世のものとは思えないものを見てしまった表情の谷口。さぁ!果たしてそんな表情が出来るのか白石!!役者魂見せてみろ!!1・2・ジャン!」

谷口「にょろ〜ん!!!スモークチーズ!!!

観客「めがっさ〜!!!」

谷口「すまん。ごゆっくりぃぃいいいい!!!」


寂しい拍手。えれっとネタ使っていいのかwww


杉田「チャ…チャルメラを。」
小野「フ…。しょうがないですねぇ。」


笛で演奏中。


小野「お粗末さまでした。」 と笛を折る。すぐ元に戻す。

長門「芸達者。」

SE「ちゃっちゃん♪」

幕が降り始める。


観客「ぅえーーーーーー?終わりかよ〜〜?幕上がれーーー!!!!アッガレー?なんでやねん!!!!」


涼宮ハルヒの寸劇終わり。なんだったのかマジで不明。アドリブの荒らしだったな。
結論、gdgd。



これでここから30分の休憩に入る。(BGMは北高吹奏楽部の演奏曲)



小野
「みなさま、大変恐縮ですが、只今より30分間の休憩とさせて頂きます。ロビーにおきましては、オリジナルグッズ、イベント限定商品の販売を行っておりますので、ご来場の記念に是非ともお立ち寄り下さいませ。」


Suiginと喋ったりして30分を過ごす。




・後半 ライブパート



長門「まもなく開演。」



・1曲目 「恋のミクル伝説」 朝比奈ミクル(後藤邑子
映画「朝比奈ミクルの冒険 Episode00」主題歌



みくる「あの〜…ここどこですかぁ?なんで私、こんなところに、こんな格好でいるんですかぁ?」

とんでもない歓声「うぉおおおおおおおおおおおおおおおおお!!!!!!」

みくる「きゃっ、きゃっ!皆さんとても優しいですぅ!!!みんなどうもありがとう〜!!!」

みくる「えっとですねー、ここに私が出てきたって事は、これから何が始まるか、何が流れるのか、皆さん大体分かると思うんですがwwwでは一緒に曲のタイトルコールお願いします!!!いくよー?」

みくる「恋の〜?」

観客
「ミクル伝説!!!!!!」



うぉい!うぉい!うぉい!うぉい!うぉい!うぉい!うぉい!うぉい!うぉい!うぉい!うぉい!うぉい!うぉい!うぉい!うぉい!うぉい!うぉい!うぉい!うぉい!うぉい!うぉい!うぉい!うぉい!




                         ,. -‐'''''""¨¨¨ヽ
         (.___,,,... -ァァフ|          
          |i i|    }! }} //|
         |l、{   j} /,,ィ//|       
        i|:!ヾ、_ノ/ u {:}//ヘ        
        |リ u' }  ,ノ _,!V,ハ |
       /´fト、_{ル{,ィ'eラ , タ人        
     /'   ヾ|宀| {´,)⌒`/ |<ヽトiゝ        
    ,゙  / )ヽ iLレ  u' | | ヾlトハ〉
     |/_/  ハ !ニ⊇ '/:}  V:::::ヽ        
    // 二二二7'T'' /u' __ /:::::::/`ヽ
   /'´r -―一ァ‐゙T´ '"´ /::::/-‐  \    
   / //   广¨´  /'   /:::::/´ ̄`ヽ ⌒ヽ    
  ノ ' /  ノ:::::`ー-、___/::::://       ヽ  }
_/`丶 /:::::::::::::::::::::::::: ̄`ー-{:::...       イ  

あ…ありのまま この時 起こった事を話すぜ!
おれは今まで、電波曲のライブには慣れてると思ってた。
だが、これは慣れてるとか言うレベルのモンじゃなかった…!
な… 何を言ってるのか わからねーと思うが
おれも何が起こったのか分からなかった…
頭がどうにかなりそうだったぜ…
催眠術だとか洗脳だとか
そんなチャチなもんじゃあ 断じてねえ
もっと恐ろしい電波ソングの片鱗を味わったぜ…



まず何より掛け声のレベルが違う。なんでみんなこんなに叫んでんだwwww俺もそれに合わせて叫んでたけど、隣のSuiginとの温度差がwwwとにかく叫びまくってた。まぁまず1曲目にミクル伝説を持ってきたあたりから凄かったんだけどさ。みくるの外し方が、CDのそれとかいうレベルじゃないほど外しまくってて面白かったし、「みっみみらくる!みっくるんるん!!!!」とか「ベイビー」とか入れる客の合いの手が完璧すぎて、しかも声が揃っててめっちゃ大きく聞こえて来て気持ち悪いってレベルじゃなかったwwwwもちろん俺もそれやってる上で気持ち悪いと言ってるんだぞ。「ヘイ!ヘイ!ヘイ!」って掛け声もすごくきもい。10代から40代の男が一同に会してこんなことをするなんて…日本安泰だなマジで。

これはなんだ、もう文章表現じゃ伝えられないわ。けど、これをDVDに収めたら、それはそれでいけない気がする。なんというか、ホントもう危ないライブだった。けど参加してるこっちとしてはめっちゃくっちゃ楽しめて面白かったけどね。1曲目何来るか色々予想してて、God knows...とか冒険でしょでしょ?とか考えてたけど、今思えばミクル伝説で正解だったと思う。これで観客の魂に炎が宿ったのは火を見るよりも明らか。導火線に火がつくどころか、もう火薬にまで火が達して爆発したと思われる^^


最後は


みくる「いくよー?」

全員「恋のマジカル!!みっくるんるん!!!!」


で大合唱。


ゴトゥーザ様
「すごーい!!!この熱さと、優しさが嬉しい。ねー!みんなでこんなに盛り上がれて、いいスタートが切れたとおもうので、これから皆、どんどん盛り上がって行くよーーー!!!」




 み な ぎ っ て き た ! !





・2曲目 「冒険でしょでしょ?」 平野綾
アニメ「涼宮ハルヒの憂鬱」オープニングテーマ



一言で言うと下手でした\(^o^)/ライブだとここまで下手になってしまうのかとwwwやはり声優であって歌手ではないということだな。勢いがないし、迫力もない。息が続いてないんだね。体調崩したせいか、歌唱力が明らかに減ってしまってる。所々音程も違うし、歌詞も間違ってた。これは残念。けど、まぁその辺は掛け声で補完ですよ。イントロが終わった後は平野綾自ら「ヘイ!ヘイ!ヘイ!ヘイ!」って観客煽って盛り上げてた。「I believe!」「You'll be right!」の所は観客と一緒に歌ってたし、盛り上げ方は分かってる。流石元アイドル。気のせいか、基本みんな一緒に歌ってる気がする。俺はずーっと大声で歌ってるんだけど、やっぱみんなもそれやってたのかって感じ。迷惑なのは分かってるけど、気持ちが抑えられなくてね。すみません。


間奏で平野が「もっともっと盛り上がるよ!!!!せーの!!!ヘイ!ヘイ!ヘイ!ヘイ!ホラ、もっともっと!!!」って言ってた。熱いな平野綾


下手だとは言ったけど、やっぱ生の声はいいな。感動するよ。平野綾は一生懸命歌ってるし、心に響くものがあった。途中間違えるけど、それは何か今だから言えることであってあの時は全く気にしてなかったと思う。とにかくこの曲をライブで聞けたのは一生の宝物だお( ^ω^)

1曲フルで歌ってお疲れのところ、2曲連続であーやです。




・3曲目 「風読みリボン」 平野綾
ラジオ「SOS団ラジオ支部」オープニングテーマ


これは冒険でしょでしょ?カップリング。なかなか好きな1枚だったけど、あんま認知度ないからライブでやるとは思わなかった。ちょっと何かを企ててる時のハルヒが歌ってる様な曲なんだけど、それを見事歌ってくれたね。でしょでしょ?は難しいから歌いにくかっただろうけど、これはマシだった。高音部分で苦しそうなとこあったけどおk。間奏時はやはり観客盛り上げてくれるあーやはPriceless


主に手拍子が主体だったか。回りながらヲタ芸っぽくやってる奴もいたなwww俺は荷物が多かった(3諭吉分の何か)せいで回れなかったけど手は叩きまくり。これは普通に上手かったと思う。逆にあれか、観客からの掛け声が少ないほうが上手くなるのかなwww


平野「ありがとうございます!!!イェーイ!!ひゃあーい!!という訳で、改めまして皆さん!こんにちはーー!!!」
皆さん「こんにちはー!!!」
平野「ありがとうございますー。もうホント凄ーい!向こうも向こうも向こうも!元気ですかぁ??イェーイ!」
皆さん「イェーイ。ヒャッホーイ!!!」
平野
「はい、という訳で、いきなりね!まぁ、みくるちゃんの歌から始まりましたけど、冒険でしょでしょ?とラジオの初期のオープニングの風読みリボンを聞いていただきました。」

平野「あの、ホントにこの涼宮ハルヒの激奏をすごく楽しみにしてまして。みんなも楽しみだったよね?(いいぇえええええい!!!)ありがとうございます!なんか、ホントに、ここに来れなかった皆様にホントに申し訳ないんですけど、でもその方たちにも届くように!みんなこの会場、もっともっと熱くなって盛り上げていきましょう!!!いいか?(いいぇえええええい!!)まだまだ足りない。いくぞ?頑張るぞぉー!!(ぅおおおおおおいい!!)はい!ありがとうございますぅー。ハァーー!!。という訳で何か、着々と準備が進んでますが、そろそろスタンバイOKだそうなので、この曲に、行ってみたいと思います。それでは、頑張ってね♪」




・4曲目 「雪、無音、窓辺にて。」 長門有希茅原実里
涼宮ハルヒの憂鬱キャラクターソングVol.2 長門有希より


これは神がかってた。何せヴァイオリンの生演奏だぜ。あんなめっちゃカッコいい曲を生でやるなんて、奈々さんのライブ以来の感動だぜマジで。鳥肌が立った。なかなかやってくれるぜ。しかもみのりん超やる気満々。世界に入り込んでたと思う。観客もイントロから「ヘイ!ヘイ!ヘイ!ヘイ!」で盛り上がりまくりんぐ。この中で長門が嫁の奴何人居るんだろうか。イントロが終わったあとの一際静かになるところで、みのりんやってくれた。


長門涼宮ハルヒの激奏へようこそ。」


この後、さらにやってくれたwwwwwwwwwww


長門「何かがこわれt…」

観客「ちょwwwww」

長門「…何かが壊れて〜」



出だし間違えやがったwwwww


確かに難しいとこなんだよこれ。俺もカラオケで何回か間違えた。ただ、プロがそれやっちゃいけないだろwwwwやったあと、マイクから顔話して「ちょwwwやっちまったよwww」的な感じで超恥ずかしそうだった。「ようこそ」で頑張ったのに残念だ。残念だ。残念だ。


でもその後は調子取り戻して凄かったね。半ばヤケだったのかなwwwこっちは平野綾と違って声に厚みがあって聞き応えがあった。特にサビなんて、もうなんだ、お前長門じゃないだろ位の迫力。生ヴァイオリンとの相性もばっちりでホント鳥肌が立った。しかもまた、観客の「フッフー!」「フワフワ!!」が思いっきりピッタシはまってて面白かったwww中には「みのりん!!!!」って叫んでる人もいたな。次の難関の「この銀河を統括する情報統合思念体によって作られた対有機生命体コンタクト用ヒューマノイドインターフェース。それが私。」これを完璧に言えた。よく頑張った思う。みのりんの性格なら、最初のミスでテンパって、これもミスるかと思った。たいへんよくできました。




・5曲目 「SELECT?」 長門有希茅原実里
涼宮ハルヒの憂鬱キャラクターソングVol.2 長門有希より


雪、無音のカップリング曲。yes enterの歌詞が印象的。静かな曲なので、観客も静かに鑑賞。流石にここで暴れる奴はいないようでよかった。サイリウムだけがゆったりと動く、いい感じの雰囲気だった。みのりんの美声をじっくり聞き入る感じだね。長門の気持ちってもんを上手く表現した曲なんだけど、それを上手く歌い上げてくれました。最後のyesの後のenterがなかったのはなんでだろう。


みのりん
「改めましてこんばんは、茅原実里です。もう〜凄いショックだよお。しょっぱなからぁああ!!!でもホントありがとうございます!!うわぁーすごいいっぱいいるよぉ〜!!」
など、残念なコメント連発。



・6曲目 「パラレルDays」 平野綾涼宮ハルヒ
涼宮ハルヒの憂鬱キャラクターソングVol.1 涼宮ハルヒより


やってくれたぜ。SELECT?で休ませてくれたと思ったらこれかwww平野綾が出てくるなり「盛り上がって行くぞ〜!」とか言って来たもんだから会場は盛り上がりまくり。歌は上手かった。この曲がハルヒを一番よく表してるから、好きなんだけど、元気に快活に歌ってくれた。観客の掛け声もかけやすい曲だから、ライブでは凄い盛り上がるね。間奏のたびに平野綾は「ヘイ!ヘイ!ヘイ!ヘイ!」「全然聞こえないよ〜?」とか言って会場を煽ってた。この曲が一番掛け声すごかったなぁ。「ウォー!ハイ!」とかそんなのばっかwwwまぁDVD見てくれれば分かる。
最後のララララんとこは会場全体合唱なので、凄いことになった。


平野綾「ありがとうございます!うぁ〜あっちぃ。はい!という訳でもう既に2回目の登場でございます。平野綾です。すっごいねー。もうみんなのパワーに押されそうで全力でやったら疲れちゃいました!ここはもう、続けて行った方がいいね。次はこの方です。」



・7曲目 「見つけてHappy Life」 後藤邑子朝比奈みくる
涼宮ハルヒの憂鬱キャラクターソングVol.3 朝比奈みくるより


これが結構微妙な曲。完全に聞き入るような曲でもないし、盛り上げれる曲でもないんだわwwww戸惑うヲタたちwwwwwけどサビんとこで「回れる」と気付き、そっからはヲタ芸連発。間奏でゴトゥーザ様が「可愛くいきま〜す」って言ってた。結局サビに手拍子で安定した感じ。時々大声でロマンス叫んでた奴自重しろwwww


ゴトゥーザ様「すぅごーい。みんなの声が良く聞こえる。こんな萌えソング歌った後にゴトゥーザ様ってちょwwこれで私の仕事は50%終わりましたが、残りの50%が凄いんです!最後まで付き合ってねー!」



・8曲目 「青春いいじゃないかっ」 松岡由貴鶴屋さん
涼宮ハルヒの憂鬱キャラクターソングVol.4 鶴屋さんより


ちゅるやさん「やぁやぁハルヒのお祭だよ〜!」で入場。これは盛り上がれる曲。ホッホーイ!を随所に織り込んだ観客たち。で、言っておきたいのが松岡さんの衣装。浴衣を着てたんだが、これがこれがこれが、すごい良く似合ってた。前に極上生徒会角元れいんで気になって顔調べたときは調べるんじゃなかった…!と思ったんだが、着物補正で美しく見えたwwwしかも凄く楽しそうにちゅるやさんっぽく歌ってくれるもんだからこっちも楽しくなる。松岡由貴さんのファンになりました。「やる気その気大好き」のあとのホッホーイ!が面白すぎる件。

ちゅるやさん
「どうもありがとうございました〜。あーすごいーペンライト〜!めっちゃ振って〜!みんなの顔が見たいですね〜。1階席ぃ?2階席ぃ?このチケット取るのホント大変だったんだって?(それは聞かないで下さい!)この曲はホント覚えるのが難解で、凄くノリも良くて、ちゅるやさんらしい曲なんだけど、暗記が非常に難しかったです。この曲ほど、作詞家さんのことを恨んだ事はないです(笑)」※作詞家の畑亜貴さんは会場に居たwww
着物を披露して、くるっと回ったりしてた。ちゅるやさんは、この曲でおしまいらしいwww




・9曲目 「COOL EDTION」 桑谷夏子朝倉涼子
涼宮ハルヒの憂鬱キャラクターソングVol.5 朝倉涼子より


これも盛り上がる曲。この曲大好きだから興奮してたwwwすげえ上手いなーって思ったわ。桑谷さん(*´Д`)衣装は黒のドレスだったような気がする。違ってたらすまんwちゃんとセリフの部分を朝倉涼子でやっててくれて臨場感も出る。ところどころマイクで拾えないところがあったな。あんま歌いなれてないのかなw最後の「じゃあね☆」は凄く印象的。


桑谷さん
「ありがとうございま〜す。凄いね〜。はい、えーっとですね。COOL EDTIONだったんですけど、みんなこの曲が来ると思ってた?私は2週間くらいまでこの曲だと思ってなくて、勝手に「小指でぎゅっ!」を練習してたんですね。で、一応確認をしたら、「盛り上がるほうです」って返答されて、どっちも多分盛り上げてくれると思うので、どっちだぁ?みたいな。んで、みんな表題曲を歌ってるから、小指の方を練習してたんですよ(笑)でもホント今日はありがとうございました。これからまだまだ何曲もあるので、付いてきてくださいね。」




・10曲目 「God knows...」 平野綾涼宮ハルヒ
涼宮ハルヒの詰合より


突然、舞台後ろの幕が外れてバンドが出てきてGod knows...のイントロキタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!!長門のソロを完璧に弾きこなすギタリスト、堂々と立ちはだかる平野綾。これには鳥肌たった。UOを発動させるものが沢山w俺も発動させた。
しかし、曲の方がマズかった。下手だった\(^o^)/ヘイヘイヘイん時もそうだったからある程度予想は出来たが、まぁ、あまり上手くなかったねwでもその辺は演奏と雰囲気でカバー。とりあえず盛り上がっておいた。なにせ北高の文化祭だからな。
あなたがいて〜と淡い夢の〜掛け声は完璧だった。

熱唱する平野綾

見とれるこなた

これなんて俺?


平野綾
「こんにちは!ENOZです!じゃあ早速、バンドメンバーを紹介したいと思います。ドラム、カワカミタカシ!ギター、クラハシジュン!そしてもう一人ギター、サワガシラタカシ!ベース、ヤマモトナオヤ!そして、ボーカルがあたしっ!へへっ!もう!ありがとう。凄く緊張しています。いま気付いたんだけど、ピック折れた(笑)(俺も〜!)もう、時間がないので、ちょっとしか出来なかったけど、(おおお〜)あと、もう1曲みんな、一所懸命弾くから、聞いて下さい!Lost my music!!!」



・11曲目 「Lost my music」 平野綾涼宮ハルヒ
涼宮ハルヒの詰合より


アニメと同じ入り方で上手く入ったけど、やっぱしあんま上手くないwあとこの曲、あんま盛り上がりにくい曲だからみんな黙って聞いてた。でもサビだけは平野綾の煽りでみんなで合唱。そこだけ気持ちよかったなあ。ギターソロで大分長門が暴れてたwwwギターソロ後のバンドの息が全く合ってなかった感はいなめないwww

平野綾
「ありがとうございます!ふぅ〜アハァ!ありがとうございます。いや〜気が気じゃなかったんです。あー凄いッ!こんなに!あっ、凄いよ洋服が切れた!!うぁあ〜!ストラップ切れちゃった!!!これはあげない☆でもホントに、この日のためにずっーと練習してて、まぁ、その割には下手だったんですけどごめんなさい。ありがとうございます。いやー、もうホントに、あの、ライブアライブの回ってのはもうあたしの中で、なんていうんだろう、革命的で、もう凄くあの回をやらせてもらって、なんだろう、もう、なんだろう、人生観変わったくらいの、ホントに凄い私に、今後に影響がある歌だなとか作品だなとか凄い思わせてくれた回でした。あのほんっとに、みなさんの前でこうして、この、あ、凄い人数の人たちの中で歌えて嬉しいです!ありがとう!!!ハァ、という訳で、そろそろ、行きますかね!!!また、出てくるから!次の人、どうぞっ!」



・12曲目 「まっがーれ↓スペクタクル」 小野大輔古泉一樹
涼宮ハルヒの憂鬱キャラクターソングVol.8 古泉一樹より


「キャー!!!!」という腐女子の声聞いてマジびびったwwww白いスーツの、女性を両側に携えた小野大輔が現われた!!!「閉鎖空間へようこそ。」ってセリフに持ってかれたのは腐女子だけじゃないはず。振り付けがあって、それをやってる小野大輔がかっこよすぎたwwwあれは是非DVD確認したい。間奏で、「おっと、この閉鎖空間にも、ふっ、化け物が出たようですね。では行きますよ。ふぅ〜んもっふ!!!」とか言って玉を客席に打ってた。それにしてもこの小野大輔ノリノリである。歌自体は、やっぱしあんま上手くなかったなwww慣れてない感でまくりwww「上手に打ったから下手にも、と思うでしょう?用意していますよ〜!ふぅ〜もっふ!」両方にやってくれたwww結構俺の近くにまで飛んできた。
「ああ、もうない…もうない…じゃあこれだ!マッガーレ!」とかいいつつスプーン持ち出したwwwマッガレー!で思いっきり折り曲げてたwww


小野大輔
「という訳で、無事曲がりました。いや〜、凄いですねこの閉鎖空間。大輔?違います一樹ですぅ〜。いやーちょっと嬉しいなあこれは。まぁね、ボクをこう表現する、一樹というキャラを表現するときにですね、みなさん、あのキモいと…。言いますね。そんなことない?でも待って?ちょっとキモいって思ったでしょ?思ったよね?だから、ちょっと提案します。あの「キモかっこいい」っていう言葉作りました。これから古泉一樹を表現するときはキモかっこいいって呼んでください。「キモかっこいい〜!!」よぉ〜し行くぞ、「Everybody say?」「キモかっこいい〜!!!」「One more time!」「キモかっこいい!!」嬉しいな〜これ〜。あー楽しいなぁずっと居たいなあ。でも次の人の準備が出来たようなので、そろそろおいとさせていただきます。」




・13曲目 「倦怠ライフ・リターンズ」 杉田智和キョン
涼宮ハルヒの憂鬱キャラクターソングVol.9 キョンより


キョン「ええい!バカ!ハルヒ!俺は絶対に歌わないって言ってるだろ!!」
腐女子「キャー!!!!!1111」
ハルヒ「なぁ〜に言ってんの?こんなにみんな盛り上がってるんだから1曲くらい歌ってきなさいよ!」
キョン「古泉にもっと喋らせればいい!!!」
ハルヒ「古泉くんはほっといて。っていうかキョン、あたしあんたに言いたいことあんのよ。」
キョン「な、なんだい…」
ハルヒ「あんたねぇ、あたしよりオリコンの順位よかったじゃないのよ!!!」
盛り上がる観客席。
ハルヒ「みんなありがとう〜!」
キョン「関係ない、そんなことは!」
ハルヒ「もうとにかく!イライラしてきたから、さっさと歌ってきなさい!」
キョン「うわ〜やーめーろぉ〜。」


キョン出てきて、キョンコールが起こるwww


倦怠ライフ・リターンズなんだけど、キョンのアドリブが入りまくってて面白かった。無駄に走るなよ!(転んだ!)とかwwwちゃんとハルヒのコーラスも入ってた。ずっと杉田のターンだったから客も聞き入る感じ。手拍子だけしてた。奇天烈とかいらない!の後に「いらないナリ!」とキテレツネタを織り込んでた。間奏では古泉のふもっふに対抗して乾燥ワカメを「ワッカーメ」って言いながら投げてたwwwアッー!の叫び声がホントに叫び声だったなwそれにしてもこの杉田は自由すぎた。


杉田
「この海は地獄だ。アッ!お前は!待っていたのか!?俺のために?待っていたのか?」

ここで谷口登場。

杉田「まぁ落ち着け、俺の待ってる奴はこの次に出てくんだよ。そうだろ?なぁ?」
小野「大宮ソニックシティよ、私が帰ってきた!!」
杉田「お前でもねーwww」


杉田「はい、という訳で、どうもー変態1で〜す」
谷口「変態2で〜す」
小野「変態3で〜す」
腐女子「キャー!!!」

杉田「はい、三人揃って、」
3人「変態で〜す!」


ここで3人でgdgdトーク。ここまでのライブパートを振り返る感じ。どうみても腐女子受け狙い。杉田と小野がボケで谷口が突っ込むというスタイル。なかなかの暴言が多かったなwwwこれはDVDに収録されるんだろうかw杉田と小野が顔近づけて、「小野さんちょっといい匂いがする…」とか言うたびにキャーキャーとwwwここで杉田がワカメを休憩中にマネージャーに買いに行かせたっていう裏話も。小野のガチャポンに対抗したかったらしいwww


杉田「よしじゃあ、これからのライブも盛り上がっていけるかな?」
観客「イェーイ!!」
杉田「よーし行くぞ!1階席どうだ?」
1階席「イェーイ!!!」
杉田「2階席はどうかな?」
2階席「イェーイ!!」
杉田「じゃあ次、女性陣、どうかな?」
女性陣「キャー!!!!」
ここでホントに腐女子の力を思い知った。
杉田・小野・谷口「おおおおお凄い。」
杉田「じゃあ、男性陣はどうかな?」
男性陣「うぉおおおおお!!!」
会場が揺れた。
杉田「よしじゃあ最後に、70歳以上いいかな?」
70歳以上「うぉおおおお」
杉田「お前らの脳年齢か!!!」

杉田「それでは、歌っていただきましょうハッピーm(ry」
谷口「おい!ちょ違う!やめろやめろ!!!(笑)」

会場「ざわざわ…(笑)」




・14曲目 「最強パレパレード」 SOS団3人娘
最強パレパレードより


3人娘が出てきたところでハレ晴レを予想してうぉおおお!と盛り上がる会場。だけど流れてきたのは最強パレパレードだったwwwこれが振り付け付いてて、マイクがヘッドセットになってた。だからまぁ、口パクかなとwwwけどなかなかいい振り付けだったな。DVDで要確認。今までgdgdトークで落ち着いてた観客もここぞとばかりに盛り上がる。このとき、センターの平野綾が酷いミニスカを穿いてて、ずーっとパンチラ大公開だった。振り付け的にも横向いて腰振るのとかがあるわけで、思いっきり見えまくり。あれは最前得したなwwwまぁ見せパンだけど、あそこまで太ももを見れるのは素晴らしいだろう。俺のところからでもチラチラと見えた。



ここで、はてなの1日に書ける日記の文字数をオーバーしてしまったようなので、 続きはこちらに載せました。これははてなに意表を突かれたwww