2007年6月17日(日) 家族サービス


平日は大学行って、帰ってきたら部屋に引きこもって、休日は一日引きこもるかイベントに出掛けると言う自由奔放な息子ですみません。なので今日は家族サービスです。

と言っても、これも俺が行きたかったので誘っただけなんだけどwww


という訳で、朝から家族で出かけました。行き先は上野―


上野駅

日比谷線でわずか15分!驚異的な近さにあるけど、滅多に行かないぜ!


文化会館と西洋美術館の間の道、突き当たりは上野動物園

朝9時だってのに人が多い。下手したらこれから寝る時間だぜwww



上野公園を突っ切って、目的地に向かった。


目的地

人大杉


これを、見に行きました。

そう、今日本に来てる、レオナルド・ダ・ヴィンチの作品「受胎告知」を見て来ました。イタリアのフィレンツェで見た時に、その余りの繊細さに心奪われて早4ヶ月。あの受胎告知が日本に来てるので、是非もう一度!ということで、親にも「見ないと一生後悔する。イタリアに行かなくても見れるんだから見ておこう。」と無理やり誘って見てきました。

しかし、今日は展示最終日。どう考えても混んでる\(^o^)/


チケット列

しかも暑いって言うね。


入場待ち列

すごく…混んでます…


会場

和洋折衷な感じ。
言い忘れてたけど、これ、国立博物館です。人生で2度目の来館。


最後尾

俺らの付いた最後尾は、思いっきり日なたwwwこれは暑い。


チケット

ダヴィンチの他の作品も展示されてるんだけど、やっぱメインは受胎告知だから、チケに印刷されてる。


まず第一会場で受胎告知。なかなか間近で見れて良かった。流石にウフィッツイのが近かったけど、なかなか。不満なのは、列が全然進まないことと会場が暗いこと。なんであんなに暗くするのか分からん。画の保護の為なんだろうけど、ウフィッツイ超明るかったぞwww
しばし画の前で立ち止まってじっくり見てきた。
見ておいてよかったな。


博物館前

なかなか綺麗だった。


第二会場

こっちはダヴィンチの経歴とか、研究内容とかの解説が置いてあった。これもまた凄かったね。絵画から物理学から、なんて天才だったんだ!って思い知らされる。ダヴィンチはやっぱすげえ。関係ないけど、天才テレビくんの「ダヴィンチの迷宮」ってコーナーが好きだった。

ここには日立のDISシステムとか言うので精巧に再現された受胎告知とかが置いてあった。すんげええええ高画素のスキャナで撮って、それを最高性能のプリンタで印刷したらしい。受注販売してて、1枚200万吹いたwww


程よい広さで、興味深い内容だったので満足。いやー、世の中知らないことばかりですね。



帰り道

上野公園の中は、新緑でいい感じです。



さて、この後われわれ一家が向かった先は―





そう、秋葉原


ついにやっちまった。家族でアキバに来ちまった\(^o^)/最初はヨドバシでプラズマ見たりするだけの予定だったんだけど、この後浅草で昼飯を食おうって事になって、それなら銀座線だねってことで末広町まで歩くことになった。それ即ち、日曜でホコ天になってる中央通りを通るということ/(=ω=.)\ナンテコナタイ

その前にロータリーでバンドとか見た。

昔の、やっちゃばとかがあった頃のアキバしか知らない両親は相当驚いてた。特に中央通りのカオスさには呆れてたと思う^^



きみある→ハニカミ→ヤンギレ

ヤマギワアニメ館の広告が、なのはになってた。



浅草雷門

こっちも人大杉


大黒屋

親父お気に入りの天丼屋さん。ここは実に旨い。故にいつも混んでる。



帰りは東武伊勢崎線で一本。浅草とか上野に行くには、便利なんだよね竹ノ塚って。



そんな訳で家族サービス終了。俺は引きこもってハヤテ鑑賞。


ちょwwwENOZwwwwwww

ついにENOZまで出してきやがったwww


西沢さぁぁぁぁぁあああん

今週のハヤテはずっと西沢さんのターン!だった。




これはやりすぎだろ…常識的に考えて…。だって、朝の10時なんだぜ…。


あ、忘れてた。これ深夜34時だったんだ。


反則

これは破壊力凄かった。やっぱくぎみーは強い。


これほど作画担当者を(ry

次回予告にこれ出されたら、wktkするっきゃねーだろwww


最後の締め

最後にまたこれ持って来やがったwwwフリーダム過ぎるwwwww



日曜日はこんな感じで終了。またブログ書く暇なかった\(^o^)/