東京国際アニメフェア2007 2日目


昨日の興奮冷めやらぬまま2日目突入!確か早く寝ようと思ったけど寝てなかった気がする。1日目はイベントチェックが甘かったから、2日目は入念に調べていこうと思って深夜までやってた希ガス。でもそのお陰で昼過ぎまで目ぼしいイベントないと分かったから、12時過ぎからの参戦。


しかし途中で電車が止まりやがって予定より遅くに到着する羽目になった。
JRwwwwwwwwwwww
よくよく見ると、現在時刻11時38分とかなのに、次の電車が10時09分^^JRよ、強風など恐れるな!


そんな中、Suiginは10時くらいから参戦してたようで、Venus Versus Virusのイベントから合流することに。



やっと到着
ビックサイト
雨模様、昼過ぎということで人影はまばら。こんなビックサイト初めて見たぜ…!




中の広告
ルル
昨日は気付かなかったけど、ルルーシュの続編告知広告があった。広告が出来るの、ちょっと早すぎやしないか?予め作ってたとしたらサンライズやってくれた^^




Venus Versus Virus

高垣彩陽茅原実里辻あゆみRiryka吉田尚記


中にすぐ入ってポニーキャニオンブースへ。Venus Versus Virusイベントの目的はみのりんみのりん見たさに行きました。そしたら、意外にもVenus Versus VirusのOPの歌手の人がライブをして、それがカッコよかったから意外な副産物を得た感じ。それに、みのりんの貴重な一面も見れた。
Venus Versus Virusは見てないんだけど、みのりんが“異常”な変身をするシーンがあるらしい。それを司会者(プロのラジオパーソナリティらしい)がやって下さいよと強要www他の2名の参加声優も、それぞれの役のセリフを言うことになった。その2人は難なくこなせたんだけど、みのりんだけ頑なに嫌だという。まずスタジオじゃなきゃ出来ないし、ファンの前でやるにはやってる間の顔を見せたくないし、どうしても出来ないらしい。もはや半泣き状態のみのりん。さっきまで他2名の声優さんに「茅原さんは頼りになる先輩です。」とか言ってもらって、引っ張るほうとして手を繋いでたのに、今度は逆に助けられてるよみのりんwwwマジで可哀想だった。司会者は観客に「見たいよねー?」とか煽るし、そんなこと言われたら観客は「イェーイ!!!」って言うしかないし、みのりん超困ってた。ホント可哀想。で結局、後ろを向いてやることに。しかもやる前に独り言で「うん、出来る。やれば出来る、よし出来るぞ茅原!」とか自分に言い聞かせるように言ってたwwwwしかもマイクで拾われてるのにね^^あれ聞いたときはマジ引いたぜ。これだから「残念」って言われてしまうんだ。残念。


セリフは「ウガァアアアアア!!!」とか言ったんだっけな。とにかくみのりんとは思えないセリフだったwwwこれでホントに泣き出してしまったみのりん。会場裏に1人で逃げ込んでしまった。この後そのライブがあったから3人は控え室に戻ったけど、絶対あれ3人で泣いてたな。戻ってきたときは2人の声優まで涙目だったもの。友達想いと言うか、百合と言うか。とにかく可哀想であったことに間違いはない。これを乗り切って一段と大きくなって欲しいです。


この事をみのりんが日記になんて書くかwktkだったんだけど、何もなかったかの様に、その件に関しては触れてなかった。逆に不自然だぜみのりん。あそこまで会場を注目させたんだから、ちょっとは触れておけよwwwまったく残念だ。



で、最後みんなで「ぶいぶいぶい(VVV)!」って言ってイベント終了。けど本番はこれから。イベント終了後の出待ち。これが今回大成功。みのりんに「お疲れ様でした!」って声掛けたら、俺を見て「ありがとうございました。」って応えてくれたwwwwこれは何と言う出待ち。目が合った時、不覚にもドキドキしちまったぜベニーボーイ。いい思い出になった。あと意外と背が低かったな。激奏ん時、あまりに堂々と歌ってたから大きく見えたのかな。とりあえずみのりんバンザイ!



・ICE

池澤春菜


次に行ったのはICEブース。ケロロ西澤桃華で有名な池澤春菜さんのトークショーを見に。これが池澤さんとファンの距離が異常に近くて凄かった。

プラズマ

このちっちゃい(※スタッフによる)には吹かせてもらったwwwこんだけ近いイベントなんだし、直接池澤さんが渡してあげればいいのにwwwそれにこの小さく書くのがホント嫌らしいよね。書くならもっとでかく書けばいいのに。まぁ、世の中どこも大事な注釈は小さく書かれるからね。どこでも要注意です。


前に陣取れるのはCDを買ったりした人々。そこまでして見たくはないし、前で座ってしまうと途中で抜けられないから後方支援に回る。この時Suiginは13時30分から特設ステージで始まる日俳連主催のイベントの列待機に回ってたから、俺も途中で抜け出せたほうがよかった。それに後方支援と言ってもかなり近かったし。
13時ちょい過ぎ、池澤春菜登場。普段の声もそのまま桃華ちゃんだったwww芥川賞作家池澤夏樹の長女であるだけになんか知的っぽい感じを受けた。その父親の池澤夏樹さんは現在フランスのフォンテーヌブローに住んでるらしい。どう見ても俺が行ってきたところです。本当にありがとうございました。
ギリシャ生まれのせいか、顔が日本人離れしてる。ハーフとか言う記述はどこにも見当たらないし、池澤夏樹が現地人と結婚したという記述もないけど、間違いないだろうな。トークショー自体は「ふーん」って感じ。ICEっていうOVAのイベントなんだけど、なかなか面白そうな印象を受けた。男がいなくなって子孫を埋めなくなった未来の話らしい。どっかで聞いたことあると思ったらAPPLESEEDにちょっと似てる。あと画がちょいと古風な印象を受けたな。とりあえず池澤春菜さんを初めて見れただけで満足。ご馳走様でした。


ICEを途中で抜けてSuiginの所へ。



・TAF&JAU共催 〜日俳連 人気声優大集合〜 「ボイス玉手箱!」

山寺宏一高山みなみ池田昌子井上喜久子肝付兼太坂本千夏浪川大輔平田広明堀内賢雄堀江由衣間宮くるみ三ツ矢雄二

戸田恵子林原めぐみ大塚明池田秀一らがコメント出演




これは何という豪華声優陣が揃うイベントか。山寺宏一 高山みなみ 池田昌子 井上喜久子 肝付兼太 坂本千夏 浪川大輔 平田広明 堀内賢雄 堀江由衣 間宮くるみ 三ツ矢雄二 と、ホント有名な人ばっかり。俺は特に喜久子さんとスネ夫浪川大輔が嬉しかったな。達也もなかなか。堀江は女神。
内容としては色々機械の故障やら何やらでgdgd感は否めなかったけど、司会のヤマちゃんのアドリブとか若本のモノマネとか面白かった。素人も公募かなんかで一般参加できてて楽しそうだったなあ。みんなで早口言葉とか大声比べとかそういうゲームをやったり、ナレーションの秒数あわせゲームとか、面白かった。スネ夫の女子高生風喋りには会場大爆笑。あれはねーよwwwwwあと大声選手権、もし俺が出てたなら「深衣奈ー!樺恋ー!俺はここだー!」って叫びたかった。おねツイでの浪川大輔の名セリフですお( ^ω^)

最後にスネ夫が脚本書いた寸劇をやって終了。ところどころにそれぞれの声優のパロディが入ってて面白かったな。真実はいつも一つ!とか。あと裏話でスネ夫の名セリフ「のび太のくせに!」はアドリブで肝付さんが考えたものらしい。堀江由衣の出番では信者が発狂してたなwwwとにかく声優側から声優を知ってほしいってイベントだったから、こっちも結構楽しめた。早稲田祭のアテレコみたいな感じのイベントだった。こういうのもっとやるといいと思うよ。

この途中、お馴染みポニーキャニオンブースで15時からKanonイベントあったんだけど、人大杉で抜けられなかったorzまぁ栞ちゃんしか来てないからそれほどでもなさそうだったからおkかな。


このイベント2時間立ちっぱで相当キツかったんだけど、次もこの特設ステージで2時間イベントがあるんだよね^^次のは「声優アワードスペシャルステージ」で、ちょうど俺が旅行中に行われた授賞式の復習みたいな感じ。これは出るしかないだろうと、前のイベント終了と同時に並んだ。実は前々から並んでる人たちの列に少々割り込ませていただいた^^だってスタッフが列作るの遅いんだもん。仕方ないよ。



声優アワードスペシャルステージ

朴璐美小清水亜美柿原徹也鹿野優以平野綾池田昌子小原乃梨子向井真理子鷲崎健




並んでる途中の写真
埋まってるwww
どう見ても埋まってます。本当にありがとうございました。


んでもって並んだんだけど、座れるか座れないか微妙なところ。また2時間も立ちっぱになるのは相当キツいから嫌だったんだけど、最後の2席を確保することが出来た。俺らの後ろの人から立ち見。マジごめんなさい。

最初、功労賞の大御所3名が出てきた。オードリー・ヘプバーンの吹き替えの池田昌子さん、マリリン・モンローの吹き替えの向井真理子さん、のび太小原乃梨子さんが出てた。 この時ばかりはわっしー(司会者)も緊張。これさえ過ぎれば、あとはフランクに出来るとか。

その後のいわゆる最近の声優が出た方のイベントは普通に面白かった。っていうか朴さん面白すぎ。司会者のわっしーとかいう有名な人らしいんだけど、かなりいじってらした。偶然だけど、昨日つまりアニフェス1日目の夜にたまたま文化放送でこのわっしーがパーソナリティーやってる番組聴いてた。病気療養中の浅野真澄さんの代行の飯塚雅弓さんと一緒に出てた。
何やったか良く覚えてないんだけど、とりあえずアワードの受賞式映像を見た。これ全く見てなかった俺にとっては神映像。平野綾可愛すぎ。朴さん着物似合いすぎ。福山潤カッコよすぎwwwwインタビューとか皆いつになく緊張してて面白い。奈々さんもアニフェスには来てなかったけど、映像には出てた。歌唱賞だもんな。会場に来てる人だけじゃなくて、受賞した人全員出てたから凄かったな。なんか皆恥ずかしがってた。ああいうの見るのもいいね。朴さんが平野綾を持ち帰りたいとか言ってたけど、それは俺が許さない。何か、小清水と平野綾、太ももの同じ位置にホクロがあるらしい。これも2人ともが大胆な衣装を着てくれているからこその発見。

ジャンケンコーナーで、声優VS席に座ってる客で行われた。賞品はアワードで受賞した声優全員が書いたサインの寄せ書きポスターだから超wktkこれに参加出来るなんて、座れてよかったよマジで。とか感動してたのも束の間。朴さんが「いい?私チョキ出すからね?」と言った。引っ掛けだろうなぁとか思ってチョキを出したら、そのままチョキ出してきて、アイコと負けは終了だったから即終了。Suiginも負けてた。俺らジャンケンヨワスwwww9割以上の客は朴さん信じてグー出してて生き残ってた。俺らマジ何やってんだwww
これで賞品ゲットしたのが男2人女1人の計3人。サインの寄せ書きだけでかなり美味しいのに、平野綾に自分の名前を「○○さんへ」って書き込んでもらったりしてた。これは美味しすぎだろ、常識的に考えて…。そのあと、臨時ジャンケンコーナーでわっしーの眼鏡争奪杯が始まったwwwわっしーめっちゃ嫌がってたけど、朴さんの押しで観客も乗ってしまってやらなくちゃいけない雰囲気に。そこはプロのわっしー、伊達眼鏡といえど大事な眼鏡をかけていざジャンケン。ここでも普通に1回戦で負けた俺らマジバロスwwwwwwつくづく運のない男たちである。勝ったのは女性。眼鏡と言う面積の狭い代物でありながら、壇上にいるゲスト全員のサインが書かれたらしいwwwこれは凄い値打ちものだな。羨ましい。

あと、平野綾がどこかで「ポケモン言えるかな?」を歌ってたなwww面白かった。


こんなことやったり壇上でのダベりを聞いてるうちにイベントは終了。とりあえず小清水がスタイル良くて可愛くて保守と、朴さんが面白くてSでお姉さんで保守で、平野綾は引き続き保守。男のほうの声優は感知してません。すももの鹿野さんは、給食のおばさん愛用の割烹着を着てたくらいしか記憶にない。こんなにお客さんが来ると思ってなかったので適当に選んだらしい。少しはあーやを見習って欲しいもんだぜ。なぁレヴィ。


この後、ビックサイトが名残惜しい俺らは、帰る人々の波に反抗してもう1周だけ会場を回ってみた。総復習みたいな感じで。そしたらケロロ小隊に会ったよ。



クルル
愛想良く手を振ってきたクルル。これは中の人分かっちゃいねぇな。クルルは手なんか振っちゃいけないだろ、常識的に考えて…。会場の隅っこで口元に手をあてて不気味に笑ってないとクルルとは言えないぜ。


タママ
タママはこれでおk。せいぜい表をみんなにアピールするがよい。


整列
最後は小隊全員で整列!敬礼!これも一見問題なしに見えるけど、ここはドロロいちゃマズイだろ…。ドロロはどっかに忘れ去られてなきゃいけない。




要はケロロは子供受け狙いアニメに格落ちしたと言う事。全く残念でなりませんな。


アニプレックスが必死になって「おおきく振りかぶって」の紙袋を配ってた。捌けなかったんだなwwwこの紙袋が1週間後の電撃文庫 春の祭典の時、アニメセンターに大量に置かれてたのは内緒^^


ぐるっと1周して、出口から出る。長い様で短かった2日間の東京国際アニメフェア2007も終了です。ホント乙。コミケ以外で2日連続でビックサイトに来るなんて思ってもみなかったぜ。積んだな俺ら。


年々参加者が増加してて既に「穴場イベ」ではなくなってしまったけど、まだまだ他のイベントよりは声優を見やすいイベントなのは間違いない。早くも来年の開催が決定してるので、まだ行った事のない方は来年に是非。憧れの声優を一目見ると、嬉しさがこみ上げて来る事必死。



東京国際アニメフェア2008
日時:2008年3月29日(土)・30日(日)
場所:東京ビッグサイト東1・2・3ホール
料金:小さなお友達 400円
    大きなお友達 800円