コミックマーケット71


人生初のコミケ。しかもサークル参加とあっては興奮せずにはいられない。11月くらいにSuiginからオファーがあって1秒で了承してから今まで、ずっとぼんやり「コミケかぁ」と思ってたけど、実際目の前にしてみると本当にドキドキする。過去に「コミケは最後の砦だ。あれに行ったら俺は終わりだと思ってる。」って言ってた時期が懐かしい。成長したな俺。


前日30日の深夜から年賀状を作り始めたんだけど、意外にも作製に時間が掛かってしまったので寝ずに2006年最後の朝を迎えた。今年はホントいろいろあったけど、コミケKOTOKOで締めくくれる。しかも12月はKOTOKOに始まってKOTOKOに終わる。なんて幸せなんだろうと思いつつ、6時に家を出る。



途中、京浜東北線の車内にBLACK LAGOONのDVDの広告を見つけた。今日という日だからあったのかは定かではないが、俺の意気を高揚させるには十分過ぎる代物だった。

ラグーン広告






午前7時、大井町駅到着。ここでSuiginとはつみと待ち合わせ。しかしSuiginから遅れるとのメールが。これは来た!と思って一人KOTOKOの曲を聴きまくる。実は今日のカウントダウンライブの予習が全然出来てなくてヤバかったから、この時間の空きは嬉しかった。

待ってる間改札で待機をしていたんだが、時間を追うごとに降りてくる乗客の数が増えていった。みんな「それ」っぽい人たち。まぁ自分もその部類な訳なんだけど、そういう人を見るのって面白い。こいつらきんめーっ☆って思ってた。



7時50分、はつみと初顔合わせ。非常に好青年という感じの男だった。片手に曳くコミケ出品の代物が詰まったダンボールが輝いてる。


りんかい線に乗る。非常に混雑してて、明らかに一般人が不機嫌そうな顔をしている。なにせ乗ってる客層が客層だからな。俺でも嫌だった。しかし我慢して国際展示場まで。
駅に到着すると、まぁ、驚いたね。ホームにアニメや雑誌のポスターがぎっしり貼られてた。コミケ期間中ゆりかもめの中吊りがアニメ系になるってのは知ってたけど、りんかい線も変わるのかwwwと思った。


この夢のコラボには泣いた。
キミキス×ファミ通
キミキス×ファミ通



改札んとこまで上がってくると、垂れ幕まであってもう感動www

ルルーシュ






駅を出ると早速「区別」があった。サークル参加者の方はこちら。一般参加者の方はこちら。ここで堂々とサークル参加者の方に行ける悦び!優越感!はつみ様、本当にありがとうございました。スースー何の滞りもなく進むサークル参加者列。それに比べて一般の方はもう大変な列になっていた。この寒いのに地べたに座って待ってる。しかも列の先頭なんて見える訳がない。果てしもない列である。後から知った話だが、やっぱしみんな普通に徹夜で並んでた様だ。海からの冷たい風がびゅんびゅん来るトコだから、リアルに凍死者が出てもおかしくない。ホントにみんなすげぇな。


そんな一般参加者を横目に、どんどんビックサイトに向かう。




見えた―


人がゴミだ



人がゴミのようだ!!!


実におぞましい光景だった。よく「人がゴミのようだ」と言うけれど、ようだじゃない。ゴミだ。なんであんなにも並べる情熱が、根気があるのか小一時間問い詰めたい。俺には分からない。今回はサークル参加できるから行った訳であって、一般だったら行こうだなんてことは考えません。



さて、サークル参加チケットを見せ入場。サークル参加の人の数もかなり多く、係員は結構いい加減にチェックしてた。あれだったら少しちゃんと偽造すればすぐに入れるんじゃないかなあ。



8時半ごろに入場し、我らが砦「西-へ12b」に向かう。俺がお手伝いをした「ロットンジャム」さんは、ネットラジオを配信していて、そのラジオをまとめたメディアを発売する。他にもラジオのDJさん達が自主制作したCDも売る。なかなかコアな客しか集まらなそうな感じだだったかな。


俺らが入った頃は、もう他のサークルさん達は準備も終わり始めてた。ビックサイトの西の展示場はいわゆる「同人誌」ではなく、自主制作のCDやDVDを販売する場所になってる。だからバニーガールのお姉さんとか、かなり際どい衣装を着ている人がいた。ここはコスプレ会場かよ!ってレベルだったね。目のやり場に困りました。
とりあえず俺らも商品を並べて、POPみたいなのを机に貼った。何もないと何売ってるのか分かんないし、視覚的に情報が入るほうがお客さん来やすいからね。それにしてもやっぱしCDとか売るんだったら視聴できる容易は必要だったかなと思う。


設営はこんな感じ

陣地




目のやり場に困ってた俺が、正面のサークルを見たら、そこには俺が行った事のあるメイド喫茶「NAGOMI」メイドさんがいた。やっぱアキバとコミケは強い繋がりがあるなと実感した。無論みなさんメイド服である。


一通り準備が終わると、だいたい10時ちょっと前になってた。「ちゃんと店番する」って言ってたのに、やはりこのコミケは人をおかしくさせるようだ。Suiginと俺は「参戦」することになった。はつみ、マジでごめんなさい!

ビックサイトは西と東があって、今回コミケはそれを全て使ってる。Suigin曰く、東京国際アニメフェスタの時は東の一部だけ使うそうだ。それに比べたらコミケは本当に広大な販売面積になる。だから、移動も大変。俺らのいた西から東に行く通路は、コミケ開始の10時に開くことになってた。それまでSuiginと西のブースをうろうろする。その時、「只今より、コミケット71を開始いたします。」のアナウンスが。一斉に拍手が沸き起こった。この瞬間、この場にいられたことに感動を覚える。


その後「東」へ向かった。サークル参加者が開始と同時に移動するのは「裏切り行為」(もしくは買出し担当)になるし、コミケ的にもいけないことのはずなんだが、ちゃんと東へ向かうルートにスタッフが案内してくれた。スタッフは当然走らないで下さい!!って言う。参加者も割りと素直でそれを守るものの、みんな早足になっていく。心が高揚している証拠である。俺とSuiginもどんどん歩くスピードが速くなっていった。
そんな時、「歩く」という動作の範囲内で最速の歩き方をしている人がいた。どう見たってアレはキモい。直立不動で脚だけが走りになる一歩手前で高速に動いていた。人間、やれば出来るモンですね^^


東に到着。しかし俺は店番をするつもりで来てたので、どこにどのサークルがあるかなどチェックしてなかった。しかしそこはSuigin、流石である。一部のサークルだけだったが、場所を確認しておいてくれていた。まずは「うつらうららか」に向かうことで合意。ちゅるやさんである。にょろ〜ん
東は開始数分で修羅場と化していた。みんな殺気立ってて殺伐とした空気が漂ってる。来てはいけないところに来てしまった感は否めない。


「これがコミケか。」



中には白髪のじいさんもいたし、子連れもいた。コミケすげえ。特に驚いたのが無線機ユーザー。あまりに多くの人間が携帯を使用するため、非常に電波がつながりにくい。なので無線機の登場という訳らしい。チーム内で無線を用意し、ヘッドセットを装着し、

「うつらうららかはどうだ?こっちは買えたぞ!これより第二ループに入る!」

などと連携を取っていらっしゃった。こいつら気合入り過ぎ。そういうおじさまの財布を見る機会があったんだけど、諭吉が何十枚もいらっしゃった。多分50人はいたと思う。もはや言葉もない。


あと凄いウザいのが、体当たりしてくる連中。先を急ぎたいのは分からないでもないが、人を押しのけて進むのはホントやめてくれ。ウザい。トラブルの元にもなるので注意。しかしこれがまだ「冬コミ」でよかった。冬なら当たられても皆ダウンジャケットとか着ててそうそう不快じゃないけど、夏コミは死ぬる。汗を書きまくった漢たちの素肌とぶつかるんだもんな。しかも灼熱サウナの中で。ベトベトだろうし、この上なく臭いだろう。それを経験したことのあるSuiginは、そのあまりの惨状を鮮明に語ってくれた。そのお陰で俺は夏コミには一生行かないと誓った。



そんな必死な漢達がひしめく殺気立った場所で迷った俺らマジワロスwwwうつらうららかを捜し求めて15分くらいは彷徨った。せっかくのサークル参加なのにもったいなかった。まぁ、準備してなかった自分らが悪いわけだが。
やっと発見。意外と列は長くなかった。コミケ初同人を買った悦びを噛み締める俺。大人になった気がした。



その後、Suiginは大手壁サークルの「ハースニール」という所に並んだ。ここで分かれようと決め、俺はSuiginにハースニールの新刊分のお金を渡して自由に思うまま回った。


さて、俺は今まで同人誌というものは元ネタがアニメのものしか買ったことがなかった。ハルヒ本やおねつい本、かしまし本などである。しかしコミケにはそれ以外の同人誌がわんさかある訳で、それらに惹かれまくった。自由にぐるぐる回って、ふと目について「いいな」と思った画の本は大抵買ってしまったね。まぁ、初めてのコミケだし、いいじゃないか!と言う事で迷いなく買い始めた。だいたい1時間くらい回ってたけど、ほとんどがアニメネタじゃない同人という始末。俺の本性が現れたんだと自分でも実感した。俺は妹だって姉だってどっちでもおkなんですね。ショタ受けとか気に入って買ってしまったあたりにM感をひしひしと感じる。



しかし歩き疲れた。東の会場全部回ったぜハァハァ。これ以上回ると、また色々買ってしまいそうで危険だったので退避することにした。

Suiginに連絡を取るも、携帯が通じない。なるほど無線機は必要だなと思った。仕方がないので我々のブースに帰還。はつみが店番をしてくれてて、思いのほか売れていたようだ。俺も店番に入る。


しかし、爆睡する俺wwwどうにも起きていられない。前にお客さんが来てくれたりすると起きてられるんだけど、どうにも何もないと寝てしまう。はつみに「大丈夫?」とリアルに聞かれた。本当に申し訳なかった。たった一晩寝ないだけでこんなにダメージが大きいとは思わなかった。

ここではつみに「おつかい」を頼まれる。2つのサークルの新刊を買ってきて欲しいと。座ってると寝てしまい、せっかくのコミケの雰囲気を味わえなくて勿体無いので、起きて歩き回ってコミケの雰囲気を堪能しようと思い、出陣する。しかしまた場所に迷うwwwいくらコミケ初参加と言えど迷いすぎた。

しかも途中、ちょっと休もうと思って柱に寄りかかってたら眠くなり、少しウトウトとしてたら、スタッフさんが

「ちょっと、大丈夫ですか!?お客さん!!!」

とかバカでかい声掛けてきやがって俺を病人扱いし始めた。周りの客が一斉に俺を見る。

「だ、大丈夫です。ちょっと眠いだけです。」

「本当に大丈夫ですか?もし気分が悪かったらあちらに救護室があるので!!お客さんの様に倒れられる方が多いので、気をつけてくださいね!!」


いや、確かにスタッフの対応はありがたいが、何分声が大きすぎた。周りの客俺見すぎ。正直恥ずかしかった。


これで目が覚めた俺はおつかいを済ませ、ブースに戻る。
俺がおつかいしてる間にSuiginが戻ってきて、また東に赴いたとはつみから聞く。この時Suiginすげぇって本気で思った。お疲れ様っす。


さて俺は、また店番しようとするも、爆睡。ホントに申し訳ない。俺が寝てる間に、一人リスナーさんのお客さんが来てくれてたのを覚えてる。「ロットンジャム」のブースに来るためだけにわざわざ大阪から来たとか言ってた。凄い人である。はつみがその人とずっと会話してたな、確か。

そしてSuigin帰還。


その後しばらく3人で店番して、俺とSuiginは企業ブースに参戦。またもやはつみを一人にしてしまった。俺ら完全にコミケに侵されてる。


企業ブースほとんど知ってる企業ばっかだったので回ってるだけでも凄い楽しかった。同人サークルに疎い俺にとって企業ブースは思い切りはしゃげる遊び場のようなもの。いつもお世話になってるCOSPAとか京アニとかはもちろんのこと、TBSやKeyなどの企業も来ててとにかく凄い。なにやらメイドがライブしているところもあった。ランティスブースでもライブやってたな。かなり熱かったwww

フラフラと歩いては時々立ち止まりなどを繰り返してた。途中、斉藤桃子を発見。赤いセーターで一人でコミケに来てた。マジ乙^^サイン会をしていたのかな。企業ブースで知ってる人は彼女くらいだったな。あと、TBSブースで番宣を見たり、京アニで買い物をした。京アニのグッズはなぜか鶴屋さんのしおりだけ残ってたwwwなんでだろう、人気出まくると思って大量に持ってきて残ったのか、それともただ単に人気がないのか。後者はあり得ないと思うんだけどなあ。とりあえず、購入。

TYPE MOONのブースではすっげえ行列が出来てた('A`)同人上がりなのにホントに凄いな。


このように売り切れ続出だった企業ブース。
のいぢ



そんなこんなで企業観覧は終了。エロゲの企業で「紙袋」をもらいたかったけど、そのためにはもっと早くから参戦せねばならないのは当然のことだった。



さて次はお待ちかねコスプレ広場。このクソ寒いのによくやってると思う。本当にみんな凄いわ。尊敬します。


ドラゴンボール世代の俺にはたまらない一枚。絶対寒い。
亀仙人



やっぱりまだ健在です。
ハルヒ



時の人。105円が輝いてます^^
安倍首相正面



誤字とスニーカーには吹いた。本当にありがとうございました。
安倍首相横



キャベツは切ってませんでした。
フィーナ



これはガチで綺麗だと思う。凄い。
リリアン



トップを狙えらしい。可愛かったです。
トップ





目の保養完了。午後3時でコスプレ広場は終了だった。16時にコミケ自体が終了で、着替えの時間を考えてそうなってるんだろう。終了ギリギリに行ったけど、なかなか楽しめた。

上の写真意外にも凄い人が沢山いた。Kanonのヒロインをほぼ完璧(男ということ以外)に再現してたり、ローゼンの凝った衣装を上手に着こなしてる方がいたりと、ホントに面白かったね。コミケに来たって感じがする。



この後ブースに戻り、終了まで店番。午後になって「ロットンジャム」のメンバーさんが来てたので挨拶をする。これまた少し売れたようだ。完売しました!とのPOPも出てた。


15時55分頃、10月1日にお亡くなりになったコミケ前代表の米沢嘉博さんに黙祷を捧げる。常にざわざわしていた会場内がその時だけ水を打ったように静かになった。何か一体感を感じた。ちょっと感動。


いよいよ16時で終了。開会の時と同様に「無事コミケット71を閉会することが出来ました。」とアナウンスが入り、一斉にみんなで拍手。主に買い物しかしてなかったけど、何か感慨深いものがある。初の大晦日開催に初めてコミケに参加した。いい思い出になりそうだ。


お片づけを少々手伝って、あとはSuiginと帰路に。ロットンのメンバーさんたちはこれから打ち上げに行くそうだ。お礼を申し上げ、お別れ。




…この数十分前コミケも終盤に差し掛かっていた頃、Suiginの学院時代のクラスメイト、今は亡きC毛くんから「今着いた。」とのメールが。終わり間際に来るとはなかなかいい根性してるwwwとりあえず合流。そして我々は、驚くべき事態に遭遇する!!!


C毛よ、いずこに…!!(Suigin)
縮毛矯正



俺はそんなでもなかったけど、学院時代からあの髪型に慣れ親しんでたSuiginは相当落胆していた模様。



俺もSuiginも久しぶりにお会いする。C毛くんが「近況報告会を兼ねて飯食おうぜ。」と提案。俺もKOTOKOのカウントダウンライブまで時間があったから、ご一緒させていただくことにした。場所は俺の大好きな蒲田に決定。



さて、これで聖戦会場東京ビックサイトともお別れである。なかなか充実した時間を提供してくれたコミケに感謝。




今日のコミケ、イチオシ写真。「たそがれSuigin」
Suigin


輝かしい袋を片手に黄昏れるSuigin。この背中が今日という日の全てを語ってます。




駅まで行く途中、予想通り痛車があった。どうしてこうも「なのは」が多いんだろうかね。
沢山の人が群がって撮影していた。実際、こういう車乗る人ってすげえカッコいいと思う。


痛車全景
痛車①
痛車②





駅に着いても混雑は解消されてなかった。最後までコミケだな。


蒲田に到着。サイゼリアに入る。そしたら何とビックリ、ロットンのメンバーがいたwww地元が同じとは言え、相当な偶然だ。


近況報告会と銘を打って来たものの、近況とはいわゆる俺らの近況ではなく、アニメやらヲタ話の近況報告会になった。まぁ、面子見れば当然っちゃ当然なんだが^^声優を目指してるC毛くんは最近そっちのレッスンが忙しく、あまりアニメを見れていないとのことで、キャベツやらキャベツやらキャベツやら、いろいろ話した。こういう話で盛り上がれるのは本当に面白いし楽しい。C組がホントに羨ましいよwww


途中、Suiginの元中の女の子が隣の席にいたってことにSuiginが気付く。どう見ても年上にしか見えなかったが、きっとそれは俺が年上好(ry
その子にSuiginが挨拶し、ちょっと会話を交わしてた。その子は何かノリのいい感じの子で好印象だった。その俺の勝手な印象が、確証に変わるコトが起きた。彼女がトイレに行った帰り、Suiginの後ろから彼の頭をちょんと小突いたのだ。Suiginの正面に座っていた俺は、彼女が彼の後ろから忍び寄ってくる段階から見てた。そう、その悪戯っ子の笑顔を―。3次元に萌えたのは久しぶりだ。この「萌え」を彼女が店を出てから俺が話すと、C毛氏も同感だと言ってたwwwやはりあれは萌える。Suiginよ、いい友達を持ったな。


結局2時間くらいヲタ話を繰り広げてた。実に充実している。こんな大晦日は初めてだ。しかもここの支払いは偶然会ったロットンさん持ちということに。重ね重ね感謝です。

サイゼを出たら、駅で解散。C毛くん、Suiginは帰宅。俺はKOTOKOのライブに出陣する。


いろいろあったが、ホントに面白いコミケだった。夏は行かないだろうけど、十分過ぎるほど色んなものを得れたと思う。


…―その、得たものの具体的な代物ここをクリックするとご覧になれます。しかし、相当な覚悟が必要と思われます。十分お考えになった上でクリックしてください。なお、これを見たことによる苦情・絶交は一切受け付けておりませんのでご了承ください。


2006年12月31日コミケの部、終了!!